田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:焚き火小屋の畑( 25 )
Top▲
蔓ものの成長に合わせたネット張り
b0169869_15001548.jpg

今、名もなき小屋のまわりは、野花が咲いて賑やかになりました。
そこに植えたキュウリも、数と種類を増やして育てています。
葱や赤紫蘇も元気に育っています。

キュウリの成長に合わせて…

b0169869_15001669.jpg

竹の間に麻紐でネットを編んでいきます。
ここのキュウリは三種類。
競争じゃないから、ゆっくりそれぞれの個性で伸びて欲しいものけど、味比べはしちゃうかなぁ。。




ゴーヤ

b0169869_15001697.jpg


ゴーヤも、苗を4本増やしました。
この竹の支柱には、強風が吹いたときのためにも補強が必要な気がします。



b0169869_15001766.jpg


まずは、勢いあるゴーヤの育ちに合わせて、こちらも麻紐でネットを作っていきました。
竹はまだまだあるので、様子を見ながら支柱もネットも増やしていくことにしました。




竹ドーム

b0169869_15001781.jpg


プチトマトとニラ、バジルの混植に、クローバーなど草花も加わって、少しずつ良い感じになってきました。
ただ、写真上の方は、草もなかなか生えず、トマトとバジルの発育も今ひとつです。

今年のトマトは二本仕立てに脇芽を摘んでいます。
摘んだ脇芽は側に移植しています。


それぞれに合ったネット張り、もうじき一気に成長していくだろうなぁ。





Top▲ by veronica-t | 2016-06-10 14:30 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
キャベツの定植
ここのところ、三つの畑もそれぞれに動き出し、肥料作りにと新たにお借りした畑も草を刈り取った後に新芽も伸び始め、また本業も新規のお客様に出逢う機会も増えて、日々元気に慌ただしく過ごしています。
写真を撮っても なかなかブログに載せることが出来ずにいますが、ここから少しずつ遡ってアップしていきたいと思っていますので、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


b0169869_21130688.jpg

今日は思ったより早くから雨が降り始め、小雨の中、3月20日に種を蒔いた「初秋」というキャベツを、焚き火小屋の畑に定植しました。
今回もレタスを一緒に植えています。


b0169869_19541055.jpg

畑に作物が植わっていくと、なんだかそれまで漠然としていた畑作りが形になり出します。
もちろん失敗も沢山しながら、苦手な虫たちとの戦いも始まっています。
それでも、大好きな本業の仕事で素敵な笑顔に出逢えて、自然と触れ合いながら作物を育てれるのは、忙しくも元気とやる気が湧いてきます。
こうした暮らしができることが当たり前と思わず、日々感謝しながら向き合っていきたいと思います。
さてさて、明日も忙しくなりそうです。






Top▲ by veronica-t | 2016-04-27 21:47 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
フィノッキオとマリーゴールド
数年前、イタリア野菜のフィノッキオのハウス栽培に挑戦してことがあります。
発芽したものの、定植するときに失敗し枯らしてしまったのですが、今年、もう一度育ててみることにしました。

b0169869_13554249.jpg



今度は、ハウスでなく露地栽培です。
場所を決めて種を蒔き、定植しないでそのまま育ててみます。


そして、マリーゴールドも畑の真ん中あたりに植えました。


b0169869_13554376.jpg

花を5株と、その間に種も蒔いてみました。
ちょうど、焚き火小屋の畑を半分にしたぐらいのところに、マリーゴールドの花が並ぶように。。

少しずつですが、畑を次の季節に繋げていこうと思います。





Top▲ by veronica-t | 2016-03-26 21:52 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
焚き火小屋の果樹の剪定
今日は、資材置き場の片付けをしながら、果樹の剪定をしました。
b0169869_18372286.jpg

去年は、剪定をしないまま枝が混み合っていて、毛虫が大発生してしまいました。

b0169869_18372218.jpg

今年は、枝を切って風通しを良くして、少しでも被害を少なくしたいものです。


b0169869_00061102.jpg

柚子も収穫しながら、混み合ったところの下に伸びた枝を剪定しました。

切った枝は切り揃えたら、ロケストの燃料に。。
冬の間の大事な作業です。






Top▲ by veronica-t | 2016-02-03 18:28 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
焚き火小屋の畑、雪景色
b0169869_00513085.jpg

畑に雪が積もりだしたのは、風が止んで寒波が少し落ち着いてきたころ。
畑は、降り始めた雪で、あっという間に真っ白に。。


b0169869_00513011.jpg

野菜は、雪が被さり反対に少し元気になるものも。。
種から育てた玉葱は、すっぽり雪の中。
どのくらい残っているのかな…

畑のことは頭で考えていても、どうにもならないことばかりです。
沢山の失敗や偶然の発見をしたり。。

去年の春、この畑で野菜を作っていこうと決めたときに、土作りを教えてくれた友人が、一年間ひと通り野菜作りをしていったら、どんな野菜がこの土や暮らしに合っていて、どんな風に育てていったらいいか、そこから先が見えてきますよと教えてくれた言葉を、雪景色を眺めながら思い出していました。










Top▲ by veronica-t | 2016-01-25 18:47 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
柚子の収穫と柚子の香り
b0169869_22112004.jpg


我が家の柚子は、祖母の代よりあり、小さいながらも毎年実をつけてくれます。
でも、毎年なかなか使いこなせずに、実をそのまま落とすこともありましたが、今年は少しサイズは大きめなものも多く、直売所に持って行ったり、いろいろな保存食を作ったり、せっかく育ったものを大切にと思っています。

辺り一面にかおる柚子の香りに、気持ちをリフレッシュしてもらいながら、そして今年も実をつけてくれたことに感謝しながら、ついつい笑顔になる収穫です。



Top▲ by veronica-t | 2015-12-18 22:09 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
キャベツ
b0169869_11521220.jpg

焚き火小屋の畑のキャベツが、少しずつ葉を巻き始めました。

ゆっくり、じっくり。。




Top▲ by veronica-t | 2015-11-30 11:47 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
白菜とスティックセニョール
b0169869_21410194.jpg

農園から苗をわけてもらった白菜と、苗から育てたスティクセニョールが、それぞれ実り収穫のときを迎えました。

どちらも苗を植えたとき完熟堆肥を与え、収穫までの追肥はなし。
農薬は使わず、それぞれに虫対策をしてきました。


- 白菜 -
苗を植えたころは気温が高く、畑には紋白蝶が飛び交っていたので、定植後すぐに支柱をしネットで覆う。
実がつまってきたころ、土からの夜盗虫の被害が見つかり、様子を見ながら取り除く。
b0169869_12134436.jpg



- スティクセニョール -
ネットもかけずに、青虫の害があれば見つけて駆除。
だから葉は虫食いで穴だらけ…。
だけど収穫するところは虫の被害には、なかなかあわないので、見つけては駆除をする程度。

茎が伸びてくるのと同じように、まわりも草だらけ。
ここ辺りに生える草はシロツメグサ、カタバミ、ホトケノザなど、縦に伸びず横に広がるものなので、そのまま生やしている。
b0169869_12134444.jpg
これは10/23撮影したもの。今はもっと草が茂っている。


・・・・・・

今、畑で育てている野菜は数、種類とも少なく、野菜を育て収穫し、それが暮らしの助けになるためには、もっと数を増やすなど考えていく必要があります。
種採りしながら種を蒔き、農薬や肥料を買わず、肥料を作ったり肥料を与えなくても育つような土作りをしていくなかで、自分の暮らしにあうやり方を見つけていこうと思います。




Top▲ by veronica-t | 2015-11-25 12:21 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
保存用玉葱の作付けと未熟南瓜
保存用の玉葱の苗の作付け。
畑仕事が手仕事のように丁寧な母に習いて、残りの作業に取り掛かりました。

b0169869_06304082.jpg


保存用の玉葱の苗は2,000本。
畝を作るのが私の仕事です。

玉葱の苗の数も多く、母の作業が速いので、もうしばらく置いておきたかった南瓜の蔓を片付けることにしました。

収穫後も、なぜ蔓をそのままにしていたかというと…


b0169869_06304089.jpg


実はこれ、未熟な南瓜。。

これがある程度育ってくれるのを、まわりに草を生やしながら待っていたのです。


b0169869_06304111.jpg


蔓を片付けたときに出てきた未熟な南瓜たち。
秋の終わりに、今年の暑さに耐えた作物に感謝して、南瓜を薄くスライスしてサラダに入れていただきます。

さてさて、苗を植えている母が、もうそこまで終えています。
急いで耕さなきゃ。。!










Top▲ by veronica-t | 2015-11-11 15:28 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
名もなき小屋のミニトマト
b0169869_18402330.jpg

名もなき小屋に這わせたミニトマトのアイコ。


秋になり、這わせていたミニトマトを全て収穫しました。

収穫したトマトは、まるで宝石のよう。。



Top▲ by veronica-t | 2015-11-05 18:36 | 焚き火小屋の畑 | Comments(0)
| ページトップ |