田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:farm風の谷( 11 )
Top▲
ゆっくりと時を過ごす畑に
今年から畑を六区間に分けて、生えた草を毟る感じに刈り取り畝に重ねて、精米して出た米糠や ぼかしを軽く振りながら、ゆっくりとじっくりと土作りをしています。
今の時期の畑は賑やかで、長茄子、ローザビアンカ、葉葱、長葱、南瓜は三種類、ゴーヤ、ブロッコリー、ピーマン、パプリカ、すいか、オクラ、トマトなど夏野菜を育てています。

b0169869_23412101.jpg


今年もトマトの畝では、自分なりの実験をして楽しみながら育てています。
トマトの種類は4種類で、春先に忙しく種蒔きが間に合わなかったこともあり、苗で購入したプチトマトが2種類、焚き火小屋の畑で溢れ種から発芽したもの、有機菜園講座のトマトの脇芽と、それぞれニラとバジルと一緒に植えています。
プチトマト2種類は、子どもたちが中を通り抜けたり楽しみながら収穫出来るように、今年も竹でトンネルを作り植えています。

b0169869_00242790.jpg


これとは別の畝では、焚き火小屋の畑で去年種から育てた黄色いプチトマトが数本発芽したので、そのうち3本を移植して、今年も同じようなものが出来るかを試しています。
これが上手くいけば、これからも苗にして育てていきたいと思います。

b0169869_01230413.jpg


また同じ畝に、有機菜園講座の大玉のトマトの脇芽を、一度ポットで根を下ろさせて苗にしたものを植えています。
反対側には、雨が降る前に挿し芽にしたものも植えてみましたが、場所を変えたときの成長の違いも確かめてみたいと思っています。

b0169869_01230599.jpg


また竹の活用として、去年作った竹ドームを移動してきて、今年はプッティーニというミニ南瓜とゴーヤを育てています。

b0169869_01230533.jpg


まだまだ思うような畑にするには時間がかかりますが、ハーブや花や果樹を植えたり、名もなき小屋を作ったり、単に野菜作りだけの場所ではなく、ゆっくりと時を過ごせる環境にしていきたいと考えています。







Top▲ by veronica-t | 2017-07-11 01:15 | farm風の谷 | Comments(0)
farm風の谷では
b0169869_11343071.jpg


南瓜は発芽率が良いそうで、我が家も蒔いた種の殆どが発芽して、母の畑や ご近所さんに苗をもらってもらい、残りをfarm風の谷に定植しました。


b0169869_11113372.jpg


その南瓜も、みな元気に育ってくれて、成長に合わせて草を取り藁や乾いた刈り草を敷いています。
今年の南瓜は、蔓2〜3本にして育てていく予定です。


こちらも種から育てたオクラ

b0169869_11160753.jpg


定植したオクラの苗は28本、今はジャガイモが植わっている畝に、収穫後は長葱を植えるので風除けも兼ねて育てることにしました。



ニンニクも、大小様々なサイズですが、全部収穫出来ました。

b0169869_09481343.jpg



去年、畑を借りて草刈りをしたとき、茂った草の中に弱々しい里芋の葉を見つけて、土寄せして様子をみたけれど、全然大きくならず、そのまま刈り草を置いておいた里芋が、春になり芽を出しました。

b0169869_11343190.jpg


里芋は連作を嫌うというので、移植することにしました。


b0169869_11343197.jpg


ここは、もともと堆肥置き場だったところで、今は種から育てたカモミールにマリーゴールドを定植したり、向日葵の種を蒔きました。

今は綺麗に整列してますが、いずれもっと自然な感じにしていく予定です。
ここなら残留肥料もあり、用水路から近いので水やりもしやすいので、里芋を花の後ろに移植してみました。

こんな感じも、また面白いかも。。

この畑に色々なものを植えていくと、少しずつ何が必要で、何が必要でないのが見えてきました。




Top▲ by veronica-t | 2016-06-19 17:31 | farm風の谷 | Comments(0)
ジャガイモを植えました。
農園にジャガイモを植えて、その足でfarm風の谷にも植えました。
農園と同じころに植えるのは、本業の合間の野良仕事なので、いつ植えたか、その作業を同じにしておかないと分からなくなるから。
そして、同じ砂地でも、それまでの肥料等で作物の出来具合いが違っているので、そこらへんも楽しみたいと思っています。

b0169869_23211305.jpg


ここに植えたジャガイモは、十勝こがねとベニアカリ、キタアカリの3種類。
植えた場所は、柿の木が植わっていた側で、なかなか草が生えないところです。
それでも少しずつ草が生え出していますが、耕すことなく植えていくことにしました。


b0169869_23211486.jpg

小ぶりなものはそのままに、大きめなものは農園と同じようにカットして、切り口を乾かしたものと灰をつけたものにわけて、やはり切り口を上にして植えてみました。


b0169869_23211506.jpg

使った肥料は、去年の春にニュージーランド箱に集めた草です。
少し泥っぽいですが、これを溝に入れて土を被せて種芋を置いていきました。


b0169869_23211561.jpg


土を被せて印をつけて、作業が終わったのは暗くなったころでした。

溝を掘っていたとき、横の道を歩くご近所さんに「草の中に植えるみたいだねぇ」と、びっくりされたけれど、綺麗に耕された畑で作物が育つのは、まわりの畑で実証済みだから、こんな畑があっても良いかなと。
まだまだ、作っていく先は定まっていないけれど、少しずつやってみようと思います。






Top▲ by veronica-t | 2016-03-21 21:16 | farm風の谷 | Comments(0)
ジャガイモ・季節外れの収穫
もうすぐ10月になろうとする秋の終わりに、farm風の谷に作付けしたジャガイモを、晴れ間が続いた今日、収穫しました。

b0169869_15262103.jpg


赤いジャガイモ
b0169869_15262280.jpg

焚き火小屋の畑のもので、収穫したとき残っていたジャガイモが芽を出していたので、試しに植えてみたものです。



こちらは男爵かなぁ…
b0169869_15262229.jpg

作付けの時期を過ぎていて、もう何処にも種芋が売れてなくて、やっと見つけたのがホームセンターの値下げのカゴの中。
シワシワの芋には、芽だけが水気を含み長く伸びていました。
普通なら見向きもしないほどの種芋でしたが、何故かこのときは、萎びれたジャガイモに惹かれて、作付けしました。


あれから4ヶ月…
もうそろそろ、春植えのジャガイモが市場に出回るころの収穫です。


b0169869_15262215.jpg


採れたジャガイモは、小さく数も僅かですが、美味しそうです。


b0169869_15262309.jpg


farm風の谷、初めての作物の収穫です。

赤と白のジャガイモ。。
泥まみれですが、私にとっては宝石の原石のように輝いています。





- 追記 - 2016.2.5 18:35
farm風の谷で、初めて収穫した初もの。。
草ぼうぼうでも構わないと、それでも使って欲しいと、畑を貸して下さったご近所さんに、この初もののジャガイモを持ってご挨拶に行ってきました。
farm風の谷の畑まで、まだまだ思うように手が行き届かないですが、それでも焦らず、自分らしく、ゆっくりと、少しずつ畑と土と、野菜を育てていきたいと思います。
このジャガイモは、その一歩。。
ここから、ゆっくり歩み出していきます。







Top▲ by veronica-t | 2016-02-05 15:14 | farm風の谷 | Comments(0)
farm風の谷の草刈り
b0169869_00331015.jpg

草ボウボウのfarm風の谷。。

ここは堆肥の置き場所だったところで、他は草が伸びてなくても、ここだけは威勢が良く、今日はお正月以来の好天なので、久しぶりに草刈りをしました。


その前に草の様子を見ると、同じベロニカの花ても、ここのは大きくて少し紫がかっています。
b0169869_00331127.jpg


後で調べてみようと思いつつ、他にも咲いていたので、とりあえず刈りとることに。。


b0169869_00331146.jpg


farm風の谷は、私にとってはまだまだ未知の畑。
もうしばらく草を生やしながら様子を見ていきます。
いや…これは、きっと、放ってるようにしか見えないなぁ。。







Top▲ by veronica-t | 2016-01-16 14:28 | farm風の谷 | Comments(0)
この姿に。。
b0169869_14455817.jpg

次の畑が見つかるまで、今の時期に植える野菜の居場所を探して、友人がfarm風の谷を訪れてくれました。

この田舎で、土地を借りて自分らしく農業をするのは、簡単なようで難しい。
そんな悩みを抱えながら、それでも暮らしの中に、自分らしい野菜作りを目指している女性は多いかもしれません。
私のまわりには、家に田畑があるけれど、継ぎたくないという人が多いです。
彼女たちからみれば、なんと贅沢で勿体無いことでしょう。

今日、友人の大切な野菜作りに、farm風の谷の一画を使ってもらうことになりました。
彼女にとって次に繋がる一歩。。
私にとっても、大切な一歩。

この姿に感謝。。
ありがとう。





Top▲ by veronica-t | 2015-10-14 14:27 | farm風の谷 | Comments(4)
少しずつ。。
farm風の谷。

地主さんから受け継いで、雑草を狩りながら畑を草と共に耕す。
少しずつ、私らしい畑になってきた…かな。(笑)


地主さんの長葱を基に畝を作る。
地主さんの長葱の隣には、草に埋もれていた里芋。
その隣の刈り草のかかった畝には、馬鈴薯。
b0169869_21541529.jpg




長葱を中心に反対側。
この刈り草のかかった畝は、ニンニク。
b0169869_21541615.jpg



長葱を中心に、里芋、馬鈴薯、刈り草を積んで土作りをする畝が二つ。
反対側はニンニクで、その横には、大根など秋冬の根野菜の種を植えていく。
b0169869_21541624.jpg


ゆっくりと少しずつ。。
そして楽しみながら、自分らしくデザインしていけたらと思う。。


この日の夕方、畑に植わっていた柿の木が倒されたそうな…
柿の木には悪いことをしたけれど、また新たに「ベロニカの会」のワークショップで野菜と一緒に使うものを植えていこう。。


そして、この畑の まか不思議…
雑草がない…
これが何故だか分かったけれど、自分がこの畑を愛おしく思えるように、雑草が生える畑にしていけば…それで良いと思う。。

少しずつ生えてきた雑草。
b0169869_14152004.jpg


b0169869_14152199.jpg


雑草が生える畑。。
優しい味のする野菜。。
そして、子どもたちが土いじり出来る土作りを目指して。。

少しずつ…
ゆっくりと。






Top▲ by veronica-t | 2015-09-22 22:49 | farm風の谷 | Comments(0)
草に埋もれた里芋
b0169869_02042013.jpg


畑の草集めをしていたら…


b0169869_02042164.jpg


草に埋もれた里芋が現れた。

そうだった…
地主さんに、「畑の何処かに里芋が植わっとる。」と、言われて、初めて草を刈るとき、暗闇の中に葉を見つけて、ここらの草を刈るのをやめたっけ…。


b0169869_02042124.jpg


「もう、うちはいらんけん。抜いても良い。」と、言われていたけど、
今年の猛暑の中、草に埋もれて枯れずに育った里芋を、もうしばらく育ててみよう。。


b0169869_02042139.jpg


秋の日差しをたっぷり浴びれるように。。
朝夕の寒さに負けないように、刈り草をかけて様子を見ましょ。。(笑)

さて、里芋はどう答えてくれるのだろう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-09-18 23:06 | farm風の谷 | Comments(0)
farm風の谷の一歩
今のfarm風の谷での作業は、本業や他の畑の作業の合間に来ては、お隣さんの畑との境い目の草取りと、土づくりの草を集めて草を盛り、どこをどうするか考えながら畑を作り始めたところ。

b0169869_23094260.jpg


今日は、玉葱苗の苗床の場所を決めて、草を取り除き手で耕したり、土づくりの場所の草抜きしながら草を重ねていくという作業をしていく。

b0169869_23094210.jpg


広い畑は、今まで3軒の人がそれぞれ区間を決めて野菜を作っていたそうで、面白いことに生えている草も畑の場所によって微妙に違う。
土作りと手入れをしながら、この畑のことを知っていこうと思う。


farm風の谷に立ち、ここで初めて気付いたことは、畑の境界線と関わり。

b0169869_10383135.jpg


この畑には、お隣の畑の境界線に2本の柿の木が植わっている。
当初、この下にニュージーランド箱を置こうとも考えていたが、お隣の畑に葉や実が落ちては、発芽し始めた芽に葉が落ち蓋をしたり、作物の育ちに知らず知らず負担をかけているという。
実も、かなり多くが実る前に落ちている。
近付くと異臭も…

地主さんにとっては思い出の木とも聞いているが、隣の畑に枝が入らないようにして欲しいとの要望もあり、また邪魔になるなら切っても良いとも…。

b0169869_07085631.jpg


私の中で、木をどうするか決めたのは、木を横から見た痛々しい姿…
木のことがよく分からない私でも、このアンバランスな姿が不自然に思う。
畑側は鬱蒼と茂っているのに、地主さんの配慮なんだろう、もう片方は葉も枝も切られている。
いずれ、土の中で伸びている根も、何かしら問題になるだろう。

それぞれの気持ちを聞きながら、柿の木には可哀想だけれど、掘り起こすことにした。

farm風の谷。。
畑に立ち、ゆっくりと時間をかけて作っていこう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-09-11 22:01 | farm風の谷 | Comments(0)
farm風の谷
畑のちょうど真ん中辺りに長葱が植わっている。
これを境に、野菜を作る畑と土を育てる畑に分けてみることに。。
そうしないと、きっと…広すぎるから。

まずは道側
こちらは野菜を作る畑
b0169869_22124639.jpg


先日刈った草の根っこを掘り起こし、ニンニクや大根を育てていく。
いっぺんにしようとすると大変だから、その時々に目標を立てて。


b0169869_22124745.jpg


今日はここまで。
道行くご近所さんが、不思議そうに見つめていく。

あるお年寄りは、あそこは自分ちの畑と、手をかけれなくなった雑草を刈り取っただけの畑を指差す。
あちこちそんな畑が広がる。



今日の作業を終えて、ひと休み。。
おやつは、いただきもののスイカ。

b0169869_22124819.jpg


渇いた喉を潤してくれる。


ただっ広い畑にはカラダを休めたり、道具を置く場所がないなぁ。
落ち着いたら、ここにも名もなき小屋を建てよう。

b0169869_22124835.jpg


いつもの畑とは少し違って見える風景。


b0169869_22124948.jpg


いつかここから見える風景と風が心地良いと感じれるように
今は、この畑の土を育てていこう。。



*この畑に名前をつけました。
ここは年間通して風が吹いています。
「farm風の谷」
ここでたくさんの人と関わりを持ちながら、野菜作りができたらと思います。
Top▲ by veronica-t | 2015-08-27 23:01 | farm風の谷 | Comments(0)
| ページトップ |