田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:作る( 24 )
Top▲
塩レモン作り
b0169869_17183760.jpg

レモンをいただいたので、これまた作りたかった塩レモン作りをしました。

無農薬無肥料だから、安心して使える喜び。。
レモンの上下のへたを取り、粗塩をつけて洗い熱湯に1分くぐらせて、水気を丁寧に拭き取ります。
粗く刻んで、レモンの15%くらいの塩と蜂蜜を少し加えて、熱湯消毒した瓶に詰めて…
上下に瓶をシャカシャカと。。
このまま常温で3日間、1日一回シャカシャカと振ったら、その後は冷蔵庫で保存するだけだとか。。

保存食作り、今までなかなか出来なかったけれど、子育ても一段落した今、やっと目覚めてきました。
保存食作りは焦らずに。。
そのときがきたら少しずつ始めれば良いのかなと。。




Top▲ by veronica-t | 2015-12-05 06:05 | 作る | Comments(0)
アンチョビ作り・塩漬け
b0169869_05470182.jpg


片口イワシの下処理までしたものを戴いたので、ずっと作ってみたいと思っていたアンチョビを作ることにしました。

大変なところの下処理は綺麗に丁寧にされていて、骨と身を分ける作業から始めました。
それを塩水で洗い、熱湯消毒をしたタッパーにイワシの皮目を下にして、重さの5割程度の塩を間に入れながら詰めていきました。

これで1ヶ月間、冷蔵庫で保存。。

イワシを丁寧に下処理していただいたことに感謝しながら、あと1ヶ月先の次の作業が楽しみです。



Top▲ by veronica-t | 2015-12-04 22:09 | 作る | Comments(0)
ドライトマト作り
b0169869_14045584.jpg


農園のプチトマトを天日干し。。

今まで本業と二つのバイトの掛け持ちで、
なかなかこうした余裕が心になかった

子育てが一段落して、
もう一度、自分のこれからと向き合うようになり、
少しずつだけど、こうした時間を大切にしていこうと思う
Top▲ by veronica-t | 2015-07-29 14:02 | 作る | Comments(0)
台風が近づいているので…
先日、やっとビニールを仮止めまでしたけれど、台風が近づいているというのビニールを外す。
b0169869_01260097.jpg


屋根のビニール用に準備していた竹を小屋の柱に結んで、トマトの支柱を動かないように固定する。
b0169869_01260073.jpg


今は焚き火小屋になっている建物が、まだ農機具小屋だったころ、突風が起こり、数本の電柱をつけたまま屋根が飛ばされて、横の電線に引っかかったことがあった。
重い電柱をつけたまま電線にぶら下がっている屋根を見たとき、風の勢いに驚き怖いと感じた。

だから無理はしないこと、台風が去った後、きちんと作り直そう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-16 18:21 | 作る | Comments(0)
名もなき小屋
畑に置いたニュージーランド箱の横に、新しく作り直した小屋。
今日、やっと、ハウス用のビニール張りの仮止めまで出来た。
b0169869_22242323.jpg


以前、竹をそのまま組んで作ったものが古くなったので、壊して作り直そうと、山に竹を取りに出掛けたのが5月の終わり。


b0169869_22242389.jpg


4本の柱も、土に埋もれているところが腐っていたので撤去して、新しく「はで木」と、裏山で伐採した山桜の木を支柱に、竹を何本かに割いて骨組みをする。


b0169869_22242382.jpg


屋根は、水はけが良くなるようにと、竹を緩やかにカーブさせて、後の竹は急なカーブをつけて、竹を半分に割ったものを地面に置き、その間に差し込む。
二つの竹を段違いに小屋の骨組みに結びつけながら、後ろで重ねて留める。


b0169869_22242336.jpg


ハウス用のビニールの下に園芸用の黒い網を重ねて、仮止めする。

大型の台風が直撃するらしく、このままビニールの上に竹を置いて作ってしまおうか、ビニールを外して台風が去った後にしようか迷って、今日の作業は仮止めして終了。。


名もなき小屋とは、今はトマトを育てて、秋には干し柿や干し大根などの干物小屋に、畑仕事の合間に、ここから畑や大好きな石積みの壁の焚き火小屋を眺めて、ひと休みしたり。
急な雨が降ったら、泥付きのままサッと道具を持って雨宿り…
畑の中にあったら良いなと思って作り始めた小屋です。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-14 18:12 | 作る | Comments(2)
外流しを作る④
洗った野菜の水切りに…

5月11日
大きな石を組んで安定してきたら、今度は石の間にモリタルを入れていく。
水が石の隙間をスムーズに流れていくように、モルタルを入れる。
b0169869_21584473.jpg


洗い場、ほぼ完成。
奥には、焚き火小屋の庭から持ち帰ったハーブや、友人からもらったものなど、冬の間に鉢で育てたものを植えていく。
b0169869_2203344.jpg




水切れが良いように、大きな石の角度からモルタルの傾斜なども考えて作っていきました。
数日後、レタスや法蓮草を洗ってみると、水はスムーズに洗い場まで流れていきました。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-06 22:54 | 作る | Comments(0)
外流しを作る③
洗った野菜の水切りに…

5月7日
洗い場の奥に放置された、石を引っ張り出す。
見た目よりかなり重い。
b0169869_2120126.jpg



5月10日
洗い場の横に、野菜の水切り用のスペースを作る。
b0169869_21214974.jpg


砂をならし、大きな石から並べて形を作る。
b0169869_21231598.jpg


大きな石を固定するように小さな石を置いていく。
b0169869_2126978.jpg


石を組んだら、間に砂を入れて石を固定する。
天気も良いので、砂を入れては水を垂らし棒で押し込み、隙間がないように詰めていく。
この作業が今回一番時間を費やした。
b0169869_2128945.jpg




畑から野菜を持ち帰ると、まずは前の谷川で泥をざっと洗い流してから、今度はこの外流しで細かな砂を落としています。
洗った野菜は、いつもビール瓶のケースの上にカゴを置き、水切りしていました。
農家ですので洗う野菜の量も多く、不安定な水切りの場所をどうにかしたいと思っていました。
ここで心がけたのは、スッキリと衛生的なこと。
小石を使わず、大きな石を使いました。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-06 21:21 | 作る | Comments(0)
外流しを作る②
4月29日
下地のモルタルの上に石を組んで形を作っていく。
ここでは、まだモルタルは使わず、主な石を置いて大まかな感じで組んでみるだけ。
形ができたら、モルタルを入れながら組んでいく。
b0169869_818951.jpg


横から。。
b0169869_82025.jpg



4月30日
洗い場の中を水はけの良いように傾斜をつけてモルタルを入れる。
b0169869_8231722.jpg


ここに植わっている紫陽花を生かすように、石を並べる。
紫陽花を根元には、芝桜を移植。
b0169869_8244964.jpg




・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

子どもの頃は山には田畑があり、谷川には可愛い草花が咲いていました。
木漏れ日に照らされて、谷川の水はキラキラと輝き、その風景に心癒されたものです。
ここを作っていたとき、子どもの頃のその風景をずっと思い浮かべていました。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-06 21:14 | 作る | Comments(0)
外流しを作る ①
4月の終わりから少しずつ、外流しのまわりを作る。

4月27日
備え付けのコンクリ枠の流しを撤去。
b0169869_864794.jpg


今まで排水が良くなかったので、排水溝のホースを短く切る。
b0169869_14271371.jpg


4月28日
バラスの代わりに古瓦を砕いて使用する。
b0169869_14293887.jpg


砕いた瓦を、土の上に敷き詰める。
b0169869_14321295.jpg


網を張り、モリタルがつきやすいように水をまく。
b0169869_1434826.jpg


土台になるモリタルを流し入れる。
b0169869_14354573.jpg


今日の作業はここまで。。

バラス代わりに古瓦を使うのは、以前焚き火小屋小屋の床の作業で学んだこと。
身近にあるものの再利用と、そこにあるものを使ってコストを下げて、自分の暮らしのペースに合わせて作っていく。
Top▲ by veronica-t | 2015-06-05 21:36 | 作る | Comments(0)
クレマチスの蕾
b0169869_2351136.jpg


5月4日
蔓が伸び始めてから一ヶ月、やっと蕾が膨らみ始めた。


b0169869_2352073.jpg



5月19日
蕾が膨らみ始めてから二週間。
とてもゆっくりとクレマチスの花が咲いた。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-19 23:43 | 作る | Comments(0)
| ページトップ |