田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:農園( 68 )
Top▲
農園・3月 加茂有機栽培講座
今年度の有機栽培講座が始まりました。
まず最初に遊学ファームで、有機栽培や土壌、肥料、作物についてと、県内での取り組みや今年度の計画についての座学を受けて、いよいよ農園での実習です。

農園では、最初に今の畑の様子を、皆さんと一緒に見て回りました。
薩摩芋の収穫後に種蒔きをした、緑肥のヘアリーベッチの発育の様子。
b0169869_20503060.jpg


落ち葉堆肥
一昨年に集められたものが、良い感じに発酵したので、いよいよ今日の講座から肥料として使うことになりました。
b0169869_20503196.jpg


講座の農園では、畑を半分に区切った形で与える肥料を変えて、作物の発育や質と量、味、土壌や病害虫などの被害の違いを比較しながら実験しています。

今まで中道側と書いていた、完熟堆肥の畑には、今日は落ち葉堆肥を入れての実験です。
b0169869_20503174.jpg


落ち葉堆肥の量が分かるように、道具箱に堆肥を入れてまき、そこに小松菜の種を蒔きました。
b0169869_20503280.jpg


こちらは今まで斐伊川側と書いていた、ごく一般的な堆肥の畑です。
肥料は違いますが、蒔く種は同じ小松菜です。
b0169869_20503263.jpg


そして、まだ朝方霜の降りる農園ですが、ジャガイモを植えてみることに。。

b0169869_20503259.jpg


ジャガイモを植えるところに落ち葉堆肥を入れていきます。

b0169869_20503375.jpg


ここでは、あえてジャガイモの切り口を上にして。。
こうすることで発芽条件が悪くなり、より強い茎だけが残って育つので病害虫に強くなるそうです。
b0169869_20503357.jpg

今日の講座は、ここまでです。

午後から寒い北風が吹くなかでの、今年度の初めての講座は、座学も実習も今までよりもかなり人数も多く、また赤ちゃん連れのお母さんや若い女性の方など、男女共に年齢も幅広く、改めて有機栽培や自然栽培が見直されているんだと実感しました。

このあと来週には、残りのジャガイモを植える予定です。
また一年、畑の野菜とともに頑張っていこうと思います。
よろしくお願いします!






Top▲ by veronica-t | 2016-03-12 17:58 | 農園 | Comments(2)
農園・3/10
農園では、零れ種が黄色い花を咲かせたり、足元の草も紫や白い花を咲かせたりと、春の訪れを感じるようになりました。

そら豆
土寄せをしようと干し草を退かしてみると、下から夜盗虫が出てきました。
今回は、夜盗虫を見つけやすいように、土を寄せて干し草はかけずに様子を見ることに。。

b0169869_08013602.jpg


その干し草は、えんどう豆の方に敷き詰めて、ネットまでの誘導に。。

b0169869_08013796.jpg


のらぼう菜
大きくなったのでネットを外しました。

b0169869_08013733.jpg


本格的な収穫も間近です。


b0169869_08013852.jpg

今年度の「有機栽培講座」は、明後日12日から始まります!





Top▲ by veronica-t | 2016-03-10 18:36 | 農園 | Comments(0)
農園・2/25
有機栽培講座の農園は、斐伊川に沿った山並みからか、冷たい風が強く吹き抜けていきます。
日が差していても、頬や手先が冷たく、まだまだ春は先なのかと思うほどです。
それでも、野菜たちは寒さに負けず、ゆっくりと育っています。


そら豆は、日ごとに葉が大きく広がっています。
b0169869_08104132.jpg



青梗菜は、みんなトウが立ち始めました。
このあと全部収穫して、次の植え付けまで草はこのままに。。
b0169869_08104108.jpg


のらぼう菜は、葉を大きく広げて、丈も少しずつ伸びてきました。
収穫までは、もう少しかかりそうです。
b0169869_08104216.jpg



エンドウは、草と間違えるほどでしたが、やっと存在感が出てきました。
b0169869_08104213.jpg



雨水を溜めている大きな桶で、手や道具を洗ったり、外したネットをつけ置き洗いしたり、ここでは、年間通して水の大切さを実感しています。











Top▲ by veronica-t | 2016-02-25 17:12 | 農園 | Comments(0)
農園・2/17
雪の残る、そら豆の畝

b0169869_20420826.jpg

春になり、朝の冷え込みで霜が降る日もあります。
暑さ寒さに耐えた作物が美味しくなる…
畑に立つようになり、旬を迎えた野菜が美味しいのは、日本の四季の中で、ゆっくりとじっくりと育つからなのだと、改めて教わっています。




ナバナ
b0169869_20420921.jpg

土寄せしたナバナの畝。
一番風の被害にあっていたナバナは、また昨日までの風で折れてしまいました。
それでも少しずつ収穫して、出荷しています。
ナバナの美味しさは、この農園で初めて知りました。




青梗菜
b0169869_20421108.jpg

残していたものに、花が来るようになりました。
そろそろ最後の収穫になりそうです。


b0169869_20421361.jpg

柔らかな葉と茎。
数を増やして出荷します。




遠くの山が白くなると、もうじき風に乗って農園にも雪がやって来ます。
b0169869_20422167.jpg


農園の季節も移り変わろうとしています。
来月からは、新年度の有機栽培講座が始まります。
種や苗が植えられ、農園の一年が始まります。

有機栽培講座で、また沢山の笑顔とご一緒出来ますように。。





Top▲ by veronica-t | 2016-02-17 17:47 | 農園 | Comments(0)
農園・そら豆の土寄せ
そら豆の主枝が伸びて倒れるようになったので、先を摘み取ることにしました。


こちらは、干し草を敷いたところです
b0169869_21483827.jpg

摘んだ後
b0169869_21483932.jpg



敷かなったところ
b0169869_21483909.jpg

摘んだ後です。
b0169869_21483901.jpg



側枝も伸びてきたので、倒れないように土寄せをすることにしました。

b0169869_21484053.jpg


枝の間にも土を入れて、倒れないように。。

b0169869_21484088.jpg


週末は、また雪マークがでています。
寒さ対策にと干し草も敷きました。

b0169869_21484007.jpg


スッキリとして、そら豆も生き生きしたように見えます。

b0169869_21484196.jpg


そして、干し草を敷かなかったところにも敷いて、畝全体に干し草を置きました。


b0169869_21484192.jpg


この そら豆は、種を発芽するところから、初めて栽培に携わりました。
育て方や疑問に思ったことがあると、畑の中でも、すぐに検索出来る携帯のネットは便利です。
でも、やはり一番心強いのは、実験チームの方のアドバイスと、ご近所さんの畑の様子です。
身近に こうした環境があるのは、本当にありがたいなと思います。

とりあえず、気になっていた そら豆の手入れが出来てひと安心。。
あとは、アブラムシの被害に気をつけねば。




Top▲ by veronica-t | 2016-02-04 21:26 | 農園 | Comments(0)
農園・のらぼう菜の土寄せ
ネットで覆っていた、のらぼう菜が大きくなりました。

b0169869_22443657.jpg



土から伸びているので、倒れないように土寄せをすることにしました。

b0169869_22443639.jpg



土寄せをする土は、そんなに違いはないのでしょうが…、この のらぼう菜の畝の近くの土を持ってきています。


b0169869_22443696.jpg


土を掘ると夜盗虫らしきものが…
寒波が来たとはいえ、やはり暖冬なのでしょう。
これは暖かくなってからが大変…。

ネットを外したままにしようと迷いましたが、隣のナバナが風と雪の被害に遭ったのを見ると、のらぼう菜はもう少しネットを被せることにしました。
過保護かなぁ…。





Top▲ by veronica-t | 2016-02-04 20:31 | 農園 | Comments(0)
農園・2/4
今日も天気に恵まれました。
本業の仕事を終えて、早速畑仕事です。

斐伊川側
b0169869_21260882.jpg


中道側
b0169869_21260877.jpg


小松菜
b0169869_21260816.jpg

寒くなり、その成長も止まり葉もかたくなったので、畝を片付けることにしました。

でも…
b0169869_21260815.jpg

力強く育とうとする苗を見ると、斐伊川側の畝は間引いて、もうしばらく様子を見ることにしました。



ナバナ
b0169869_21260975.jpg


風や寒波の影響で、かなり傷んでしまったので、伸び過ぎた枝を落とし土寄せをしました。


b0169869_21260947.jpg



こちらは…
b0169869_21260999.jpg

人参の溢れ種が根付いたところ。
大きくなったものから、間引き人参として出荷します。
葉付きの間引き人参は、直売所でも喜ばれています。
育ったものを大切に、美味しくいただきたいと思います。








Top▲ by veronica-t | 2016-02-04 20:16 | 農園 | Comments(0)
農園・2/3
久しぶりの好天で、青空が眩しいです。。!

農園の畑は、中ほどにある資材置き場を中心に、二つに区切った形で作物が育てられています。
こちらは斐伊川側
b0169869_18253630.jpg



こちらは中道側
b0169869_18253685.jpg

強風や寒波で弱ってしまった作物もありますが、久しぶりの日差しを浴びて生き生きしています。



そら豆
b0169869_18253774.jpg

主枝が倒れて、風と雪で傷んだところは黒くなっています。
ネットで検索してみると、春になり伸びたら切るとか…
早速聞いてみなくては。。


b0169869_18253773.jpg



えんどう豆
b0169869_18253704.jpg


のらぼう菜
b0169869_18253806.jpg


青梗菜
b0169869_18253874.jpg

ネットの中は少し温度が高いようで、野菜も草も青々としています。


二つに分かれた畑に植わっているものはほぼ同じでも、肥料や植え方などを変えたりして観察されています。
ただ、ほとんど素人の私が、時々来てお世話するという感じなので…
農園の作物、土、落ち葉堆肥と共に、成長しないと!。。







Top▲ by veronica-t | 2016-02-03 15:13 | 農園 | Comments(0)
農園・1/27
b0169869_00542387.jpg

すっぽりと雪に覆われた農園。


b0169869_00542326.jpg

風の被害に遭ったナバナは、ますます葉が折れていましたが、収穫する芽の方は元気です。


b0169869_00542422.jpg

そら豆は、干し草がない方が傷つき難かったのかな…

寒さにあたると野菜は旨味を増すとか。。
もうしばらく観察します。





Top▲ by veronica-t | 2016-01-27 14:42 | 農園 | Comments(0)
農園・人参が食べられていた!
種植えをした人参を収穫をしようとしたら…

b0169869_17200936.jpg


ん?!

人参が食べられている…
夜盗虫か?!


b0169869_17200970.jpg


穴のあたりを掘り返してみると…


b0169869_21245776.jpg


虫にしたら大きすぎる…

しかも深い…

それに…
人参がない!!


b0169869_21245754.jpg


あまりにも深すぎて、奥まで手を突っ込む勇気なく…。

土の上から穴のあたりを押していくと…


b0169869_21245887.jpg

なんと、50cmぐらい離れた反対側の人参の畝まで続いていました。

もちろん、こちらの人参も影も形もなし。
どちらも、すぐ隣の人参は被害にあってないのに…。

モグラ&ネズミの仕業なのか?!
それにしても、人参のサイズは分からないけれど、綺麗に2本食べるとは。。

食いかけが残っていると悔しいけど、こう綺麗サッパリ食べられていると、何だか怒る気持ちも吹っ飛んじゃった。

でも、食べるのもここまで!







Top▲ by veronica-t | 2016-01-23 17:13 | 農園 | Comments(0)
| ページトップ |