田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:野菜について( 70 )
Top▲
イタリア茄子・ローザビアンカ
b0169869_23051208.jpg


数年前、苗を購入して育てたローザビアンカを、今年は種から栽培中。。

種を蒔いたのがまだ寒い頃だったからか、なかなか発芽せず、苗箱を夜は玄関に入れて、日中は日向に移しながら、やっと二葉が出たときは嬉しかった。

それでも、やはり気温が低いからか、ゆっくりしたペースで育ってくれた苗は、思ったよりも数があり、野菜作りを色々と教えて下さる友人に、そのうちの数本を貰っていただいて、我が家の畑に定植したのは16本。

数年前の記憶を思い出させてくれたのは、長茄子より少し白っぽい大きな葉。
まだまだ か細い茎に、大きな葉を風でなびかせているので、今夜のように風が強いと大丈夫だろうかと気になる。

明日の朝、早く畑に出てみなくては…。


b0169869_23051260.jpg


- 栽培メモ -

・草が生える区間に、茄子を定植する場所だけ草を取り植えた。
・追肥、有機栽培講座で作ったボカシ。
・刈り草や、根元の草をむしり、土の乾燥予防に根元に置く。
・16本中、1本だけ姿を消したが、そこから新芽が出てきて、今は他よりかなり小さいが順調に育っている。(もしかしたら強いのかも…笑)







Top▲ by veronica-t | 2016-06-24 22:37 | 野菜について | Comments(0)
食用ホオスギの実
b0169869_22324824.jpg


種から育てたからか、やはり その成長が気になるホオスギ。。
畑に定植してからはスクスク育ち、小さな黄色い花をつけてくれました。
小さな花からは、ちょっと想像出来なかったけれど、数日後には小さな実をつけ、次第に立派な実に育ってくれています。

袋に包まれた実は収穫するまで、その成長を見ることは出来ないけれど、初めて食べるホオスギは どんなものかなと、今から楽しみです。

身近で育てている人は居なくて、栽培方法とかをネットで検索しながら、我が家流な形で育てていきたいと考えています。


b0169869_22324854.jpg


- 栽培メモ -

・カモミールと同じ畝で栽培。
・追肥、今月の有機栽培講座で作ったボカシを与える。
・砂地なので、土の乾燥予防に刈り草を置く。









Top▲ by veronica-t | 2016-06-24 22:10 | 野菜について | Comments(0)
育てていく野菜たち
b0169869_12063740.jpg


初めて収穫するまで育ったフィノッキオ。
実物を目にしたことはなく、リンク先のブログのプクンとした綺麗なフィノッキオの画像を目標にして、その収穫の頃合いを見ていました。

フィノッキオの発芽率は そこそこでしたが、途中で枯れたり、せっかく育ったものを夜盗虫に食べられたり…
まだまだ出荷出来るほどの、質やサイズには程遠いですが、収穫したフィノッキオを生でかじってみたら、爽やかな香りと ほのかな甘みが何とも言えず良い感じ。。


b0169869_12063771.jpg


こちらは白大豆。
去年、有機栽培の農園と焚き火小屋の畑で育てた大豆を冷蔵庫で保存して、先日種蒔きしたものです。

玉葱の後の畝に元気を与えてくれそうな、可愛らしい大豆の苗です。
今年は、枝豆や白大豆として収穫して、出来たら味噌を作りたいと考えています。
去年の収穫前に大発生したカメムシから、どうやって守るか!
試行錯誤しながら育てていきたいと思います。


b0169869_12063757.jpg


種から育てた玉葱も、例年の収穫日より遅らせて、今日収穫しました。
最後は草の中で、しっかり育ってくれました。

b0169869_12063878.jpg


今年、ここらはベト病が大発生して、出来た玉葱のサイズも小さかったそうです。
我が家の購入した苗も、早生の玉葱もベト病になり、サイズも私の肥料のタイミングの悪さも重なり一口サイズのものばかりでした。
今年は数を減らして、種から育てていこうと考えています。


母や友人の知恵と経験と、私の新たな試みとを丁寧に。。




Top▲ by veronica-t | 2016-06-20 17:35 | 野菜について | Comments(0)
カモミールは植物のお医者さん!
b0169869_01021478.jpg

種を蒔いて育てた黄色いプチトマト。
発芽して葉が増え始めた頃、最初の二葉に茶色の模様が出始めて、それを取り除き、ポットの土も全部入れ替えてみたけれど、次の葉も同じような症状が出てきました。

それでも種から育てたのと、苗や種を身近に見かけないので、もう一度症状の出た葉を取り除き、ポットの砂を替えて、今度はギリギリまで水を必要以上与えずに、すがる気持ちでカモミールの花の側に置いてみました。



b0169869_01021428.jpg
カモミールはネットで調べてみると、植物のお医者さんと書いてあります。
弱った植物を元気にしてくれるのだとか。。

しばらくするとカモミールは、トマトのポットを花で包み込むように大きくなってきました。
そのまま置くこと二週間…


b0169869_01021453.jpg
あまりにもカモミールの花が、トマトの苗に覆い被さっているので起こしてみると、あれだけ弱々しかった苗が太く、葉の色も深い緑色になっていました。

もしかして、カモミールって凄いかも。
カモミールが植物のお医者さんって、こんな思いをした人たちがつけたのかもしれませんね。。





Top▲ by veronica-t | 2016-05-30 12:54 | 野菜について | Comments(0)
名もなき小屋と竹ドームの活用
b0169869_12081541.jpg

焚き火小屋の畑の 名もなき小屋と竹ドーム、蔓ものの野菜たちを這わして活用することにしました。


まずは、竹ドーム。
b0169869_12081555.jpg
こちらには、プチトマトとバジル。
プチトマトの定植には、有機栽培講座で習ったようにニラと一緒に、バジルの混植は友人から教わったもの、色々な知恵をお借りして植えてみました。

夏になったら、ドームの中からトマトを収穫したり、収穫したトマトとバジルでパスタやピザを作って食べるのも楽しみです。



そして名もなき小屋には、キュウリとゴーヤを植えてみました。

b0169869_12081681.jpg


…が、


b0169869_12081644.jpg


キュウリとゴーヤの間に、葱や赤紫蘇を移植してみたものの、何だか気になりネットで調べてみたら、キュウリとゴーヤの混植はキュウリが苦くなるとかで…


b0169869_00533901.jpg


そこで、ゴーヤは別の場所に竹でトンネルを作り這わせることにしました。


焚き火小屋の畑、何だか急に賑やかな感じになってきました。







Top▲ by veronica-t | 2016-05-25 18:01 | 野菜について | Comments(0)
種から苗を育てることの喜び
b0169869_13013390.jpg

農園のそら豆を種から発芽させて苗にするという作業を任せてもらってから、自分で育てる野菜も種から育てたいと思うようになりました。
まずは、キャベツやレタス、南瓜やオクラなど沢山育てるものや、不慣れな私でも育てやすいものから、なかなか苗が手に入らないものと、少しずつ数も種類も増えてきました。


これは、イタリア茄子のローザビアンカの苗
b0169869_13013360.jpg

こちらは、カモミールと黄色いトマトの苗
b0169869_13013444.jpg


そして、バジルのように直売所から苗で売ってみませんかと誘っていただいたものもあります。
b0169869_13013442.jpg

近頃、朝起きるとまずは外に出て、苗床の様子を観察するのが日課に。。

種が時間をかけて発芽したときの喜びや、ゆっくりと育っていく苗を見守るときの気持ちは、どこかしら子育てに通じるものがあるように思えるから不思議です。(笑)





Top▲ by veronica-t | 2016-05-20 12:46 | 野菜について | Comments(0)
南瓜、白菜、バジルの発芽
3月の終わりに蒔いた種が、発芽しました。



バジル
b0169869_00290113.jpg


バジルは、苗で出荷予定です。
苗の出荷は初めてですが、お声をかけていただいたので、これもチャンスと初挑戦です。
たくましい苗になるようにと願いを込めて。。



南瓜
b0169869_00290235.jpg


南瓜も種からは初挑戦…
あっ、ほとんどが種から初挑戦でした(笑)
同じ日に種蒔きしても、発芽するまでの期間はそれぞれ異なります。
南瓜は、随分と日にちがかかりました。
だからか、土が盛り上がってきたとき、ほんと嬉しかった。。
種蒔きした南瓜は、「えびす」と「伯爵」です。



レタス
b0169869_00290290.jpg


前回、レタスと一緒に育てたキャベツが、甘くて美味しいと好評でしたので、今回もレタスのチカラをお借りします。



発芽した苗は、春の陽気にグングン勢いよく育っています。
私の畑は、草ボウボウ…肥やし少なく…薬使わず…水ほとんどやらず…こんな感じなので、苗たち今のうちに逞しく育ってね、そしてよろしく。。








Top▲ by veronica-t | 2016-04-08 15:26 | 野菜について | Comments(0)
ニュージーランド箱ひとまわり
去年、知人に教わって作ったニュージーランド箱。
自分なりの草集めのサイクルが、春夏秋になり、草の移動も一周しました。

去年の春、写真の左側の広いところに草を集め始める。
夏、その草は、右側上に上下をひっくり返しながら移動
秋、右側下に同じようにして移しました。


b0169869_16583771.jpg


それを、夏と秋に集めた草も、同じように順に移していきました。
下の写真は、今日移動したものです。


b0169869_16583789.jpg


写真左側の広いところには、新しく草を入れています。
右側下の場所には、去年の春の草と夏の草が、緑の棒で別けて一緒に入れています。
草のポロポロした感じが、春、夏、秋とそれぞれ違い、春の草は泥を入れすぎたのか、それともそんなものなのか、触っても泥です。砂ではありません。



私が実感したニュージーランド箱の利点
・畳一畳分ぐらいの広さで、これだけの堆肥が順に作れること。
・草を次に移すときに、自然と上下を切り替せること。
・大量の草を活用出来る。
・上手くいけば、肥料を買わずに作物を育てることが出来る。








Top▲ by veronica-t | 2016-04-06 18:54 | 野菜について | Comments(0)
キャベツの発芽と、畑の支度
先日、種を蒔いたキャベツが発芽しました。

b0169869_12153691.jpg


今、くるみ市さんに出荷しているキャベツは、皆さんから甘くて美味しいと言っていただいて、とても嬉しいです。
励みになっています、ありがとうございます。。



キャベツの発芽も始まり、そろそろ次の野菜を育てる準備に入ります。


b0169869_04293404.jpg

ここは、春菊や黄金蕪の畝があったところです。
冬の間もネットをしていたので、草も伸び放題になっています。
そこを無理に耕さず、育ち過ぎた草をレーキで履くようにして、草は肥料にしていきます。

土は結構ふかふかです。
今のところ、夜盗虫の姿はみあたらず、ところどころモグラが掘った穴を発見しました。
足で押さえながら、軽く均していきます。
この焚き火小屋の畑には、葉ものや日々の管理の必要な作物を育てていく予定です。





Top▲ by veronica-t | 2016-03-30 20:12 | 野菜について | Comments(0)
種蒔き、いろいろ。。
b0169869_13014177.jpg


先日より時間を見つけては、いろいろな野菜や花の種を蒔いています。

家のある谷の朝は、とくに冷え込みが厳しく、日中は穏やかな春の日差しでも、夜から朝にかけて零度になったり、霜が降りたりします。
それでも、夜になるとパオパオをかけたり、納屋に入れたりしながら、発芽してくれるのを楽しみにしています。

今日は、去年また欲しいと言って下さったイタリア野菜の種を蒔きました。
あとは花や南瓜や、これまた苗で出荷してと頼まれたハーブなども。。

人って…いや…私は単純なので、本業でお伺いした方が笑顔になって下さったり、育てた野菜が美味しかったと言ってもらえたり、出荷した先から手にとって下さる姿を見たり、これ良かったから作ってと頼まれると、ほんと嬉しくって嬉しくって。。
笑顔がいっぱいになると良いねと言いながら、種を蒔いています。

まずは芽を出してね。。(笑)




Top▲ by veronica-t | 2016-03-28 12:44 | 野菜について | Comments(0)
| ページトップ |