田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:ロケスト&ノブフェン窯-recipe( 20 )
Top▲
「ガトーショコラ」
ロケストとノブフェン窯て焼いた、とびっきり美味しいガトーショコラ。

b0169869_15375243.jpg



私は、パンと同じように、ケーキも焚き火で焼く。

そう話すと必ず驚かれる。
でも、そんなに不思議なことなのかなぁ。
私にとっては当たり前のことなんだけど・・

ただ、焚き火でケーキを焼く道具は、次第に進化している。

最初に使ったのは、ダッチオーブン
正直何も考えずに、焚き火で作るオーブン料理は、これを使わないと出来ないと思っていた。
もちろん、これを使えば美味しいケーキもパンも焼ける。
でも使っているうちに、せっかく良い感じに置いた蓋の上の薪や炭を退かす作業と、
新たに良い感じに戻す作業の繰り返しに不便さを感じた。


そんな様子を見て、しまね自然の学校の代表で
ベロニカの会のスーパーバイザーの岡野さんが作ってくださったのが、鉄のパン焼き窯
これはとても画期的で、機能性に優れ、また燃料も少なくてすんだ。
なんといっても、いちいち蓋の上の燃料を動かさずに、扉を開けて中の様子を確かめることができる。
しかも窯の中の温度が、中を確かめたからといって大きく変わることもない。
そして、いっぺんにいくつものケーキを焼くことができる。



そして去年・・
参加した子どもたちと、山の天辺でガトーショコラを焼く機会があった。

使った道具は、ロケストとノブフェン窯。
燃料にしたのは、山の天辺で子どもらが集めた松ぼっくりと小枝。

まず、ケーキの底に熱が強くあたることを考えて、窯の皿に乾いた瓦を敷いて
ケーキ型の底にはクッキングシートを3枚敷いて、アルミ箔で蓋をして焼く。

松ぼっくりと小枝の焔は、ゆっくりじんわりとケーキを優しく焼いていく。
生地が型からこぼれることもなく、窯の中でふんわり大きく膨らむ。

ケーキが大きく膨らんで固まってきたら、蓋のアルミ箔をとって
さらに弱火で焼いていく。

焼けたケーキの真ん中を、そっと串でさして生地がつかなかったら
そのまま風の吹くところで休ませる。

松ぼっくりと小枝の わずかな燃料で、とびっきり美味しいガトーショコラが焼けた。


私は、この山の天辺で子どもたちとガトーショコラを焼いた日から、
ケーキを焼く道具は、ロケストとノブフェン窯と決めた。

優しい焔で焼いたケーキは、ほっぺが落ちそうなくらい美味しい。。
そして、やっぱり美味しいものを作るには、良い道具が必要だ。
Top▲ by veronica-t | 2012-08-08 00:45 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(0)
青梅酵母のシンプルパン
初めて、うちにあるもので酵母液種を育ててパンを焼いた。

難しいことを何も考えず・・
いや、難しいことを考えると、ますます分からなくなるから
ただ、それだけを見ながらやってみる。

b0169869_9174849.jpg



小麦酵母を除いた いつもの分量に、水の代わりに液種を加えた。
醗酵も、いつものように生地まかせで丸一日がかり。

いつもより やわらかな生地で、少し横にひろがる。
窯に入れたパン生地は、少しだけプクッと膨らむ。

いつもと違う、美味しい香り。。


b0169869_918415.jpg



青梅酵母液種を育てた青梅をジャムにして、
焼きたてのパンにつけて食べた。



b0169869_9185189.jpg


譲ってもらった小麦粉の酵母と、青梅の酵母。
しばらくは、この二つのパンを楽しむ。
Top▲ by veronica-t | 2012-07-01 05:15 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(6)
飽きないパン
窯から出したパンは、パチパチと、今日も美味しい音がする。

b0169869_131418.jpg


鉄のパン焼き窯が完成したのは、今から6年前の5月14日。。
あれから、ずっと、火を熾してパンを焼いてきた。

・・というか、私は、焚き火でしかパンを焼くことができない。

これまでレーズンや胡桃、ワインに牛乳・・いろんなパン焼いてみたけど、
やっぱり、シンプルなパンが美味しい。。

炊きたての白ご飯のような
そんな飽きのこない、シンプルなパンが良い。

噛めば噛むほど味わい深い、このシンプルパンが好き。。
Top▲ by veronica-t | 2012-06-19 01:54 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(17)
「蕪の葉っぱのグリーンパスタ」
b0169869_9302926.jpg

子どもたちが親元を離れていくと
それまでも、いい加減だったご飯作りが
もっといい加減になってきた

今夜もあるもので良いわね・・
こぉで、ご飯食べたことにす〜かね・・
こんな会話が当たり前になってきた

そんなとき、ロケストに火を入れると
何だか不思議と美味しいものを作りたくなる

そういえば、長女がよく言ってたっけ
「母さん、焚き火だと料理がとっても上手!」って。。(笑)

今夜は、ロケストでグリーンパスタを作った
使った青菜は、カブの葉っぱ

今の時期、畑にあるカブの葉は、カブの成長とともに大きくかたい
それを細かくみじん切りする

野菜の下拵えの間に、ロケストに火をいれて
大鍋いっぱいのお湯をわかし塩を加えて、パスタを茹でる

フライパンに、オリーブオイルと細かくみじん切りしたニンニクと
黒こしょうにアンチョビを入れて、良い香りがするまでそのまま温め

アンチョビが崩れ始めたら、カブの葉を入れて
パスタの茹で汁で緩めながら、ソースに仕上げる

塩こしょうで味をととのえて、茹でたパスタを加えてからめて
皿にもって、上からオリーブオイルをかけて出来上がり。。

うん、美味しい。


今度はピザ作ろうかな。。
Top▲ by veronica-t | 2012-06-06 22:28 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(2)
「黒糖饅頭」
今夜はロケストで、黒糖饅頭。

b0169869_23512073.jpg


感謝の気持ちを込めて、甘党の母へのプレゼント。


b0169869_2351382.jpg


出来たて熱々の黒糖饅頭。
おばあさんと二人で食べた。

甘いもんでも食べて、これからも元気でいてね。
いつもありがとう。。
Top▲ by veronica-t | 2012-05-14 23:51 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
試してみました。
昨日いただいたコメントのお返事に
この窯さえあれば、ガスでも電気でもパンが焼けます!

と、言ったけど・・

正直、私は聞いただけで自分で試してみたことはない。
あやふやな答えは、やっぱり失礼かなぁ。。と、
今朝、タイヤ交換をしたあと、ガスでパンを焼いてみました。

b0169869_8233592.jpg


窯の中に入れる瓦は、やはり濡らして

火は、最初の数分は強火。
あとは、トロトロ中火から弱火で20分から30分くらい焼きます。



で、焼けたのが、これ!

b0169869_8235117.jpg



私は、焼き色は薄いほうが良いので、このくらいで。。
美味しそうなパンが焼けました。


b0169869_824364.jpg


と、いうことで、この窯さえあればパンは焼けます!


では、今から娘を迎えに片道4時間車を走らせてきます。。
タイヤ交換したばっかり・・
まぁ、飛んで逃げることはないでしょう。。

では、行ってきます!!
Top▲ by veronica-t | 2012-05-03 08:16 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
ロケストで、筍のアクだし
この時期あちこちからいただく筍に、我が家の台所は大忙し。

今年は、このロケストで筍を湯がく。

b0169869_210439.jpg


まず、大鍋にたっぷりの水に、
米を精米したときに出た米ぬかを入れて沸騰させる。

このとき、米ぬかをお茶パックに入れると、
筍に米ぬかがこびり付かないから後始末が楽。

そして沸騰したら、筍を鍋の中に放り込む。

昔は、筍の皮を剥ぎ取り、大きなままでアクだしをしていたけれど、
時代が代わり、台所から「かまど」が消えて、大きな鍋も消え、
今では筍を、食べるサイズにカットして湯がいている。

あとは筍が湯につかるよう、時々 しゃもじで鍋の中をかき回しながら、
そのまま30分から1時間、とにかく弱火でグツグツ煮る。


今日は、これを繰り返すこと三回。
パン焼きのあと 充分に温まったロケストで筍を湯がいた。



b0169869_2245026.jpg

湯がいた筍は、
一旦そのまま煮汁と一緒に冷ます。

冷めたら、山水でアクを流す。

春先の山水は冷たく、
流水に浸した筍は、とてもシャキッとする。








このロケスト、いつもはパン焼きに使っているが、
今年は、正月には餅米をこれで炊き、今日は筍を湯がいた。

b0169869_244491.jpg


実は、このロケスト、去年の大震災から被災地に160個ほど送られている

筍を湯がきながら、いつだったか教えてもらった被災地での話を思い出していた。
それは、昔からタコ漁の盛んなある地区で、
とれたてのタコを、このロケストで湯がかれたというお話。


実は、大鍋にたっぷりのお湯をわかして、茹でて下拵えをするこの時期、
実際には喜んでばかりではいられない。

次の月のガス代の請求書の金額に驚き、かなしくなる。
それが、このロケストだと少ない薪で、しかも燃料費ただだから
素直に、とても嬉しい。


だから、このロケストが、被災地の皆さんの暮らしで身近なことに役立ったことが、
まるで自分のことのように嬉しかった。

今年も、このロケストは役にたっているだろうか・・・。



ロケストに使用方法なんてない。
使用方法は、我が家流でいいのだ。

自分の暮らしに合うように、デザインし使えば、
いろんな可能性が見えてくると思う。
私もそうだったから。。

我が家のロケスト&パン焼き窯、使い方は無限大。。
Top▲ by veronica-t | 2012-04-30 23:08 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(5)
パン窯の中の湿度と、パンの表面
なぜか・・

自分のためとなると、
いろいろなことを試してみたくなる。

それが、この、パン窯の中の湿度とパンの表面の変化。


今使っている窯は、皿の上に濡らした瓦を敷いて
その上にパン生地を置いて焼いている。

小さな窯の中は、適度な湿度に保たれて、
焼きあがったパンは、こんがりとした艶がでる。


b0169869_1182644.jpg




では、瓦を濡らさずに焼いてみたらどうだろう。。


瓦を濡らさず、底のこげ具合が気になるので、
いつもよりオーブンシートの枚数を増やして、パン生地をのせて焼いてみた。

途中、何度も蓋を開けて、焼き具合をチェックしてしまう・・。
そうすると、窯の中の温度を下げてしまうことなり、
表面の焼き色が、なかなかつかないことも分かった。(←反省・・)


それでも、こんがり焼けたパンには感激!!


b0169869_118564.jpg



同じ生地だとは思えないほど、ハードなパンが焼けた。
小さなパン焼き窯だけど、使い方次第でいろいろ楽しめる。
これは楽しい。。


そして、もうひとつ・・
これでよ〜く分かったことがある。


それは、この窯で焼いた艶やかなパンは、数日たつとしっとりと落ち着く。
パンの表面もしっとりと落ち着き、パン全体がもっちりとした食感になる。

私が毎日食べるパンには、ハードな感じより
しっとりとしたほうが良いみたい。。

さて、今から瓦を濡らしてパンを焼こうっ。。
Top▲ by veronica-t | 2012-04-16 05:16 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(4)
「ブーランジェール」
b0169869_12355049.jpg

うちには、洒落た電気やガスのオーブンはない。
その代わり、「鉄のパン焼き窯」や「ロケスト&パン焼き窯」がある。

これらの窯は、パンだけじゃなく、ケーキやグラタンなど
オーブン料理のほとんどが出来ちゃう優れもの。。

そして、薪を焼べて作る料理は、どれも美味しい。


今夜の料理は、歯医者の待合でたまたま読んでいた本に載っていた
「ブーランジェール」というもの。
そこには、パンを焼いたあとの窯の余熱で作ると書かれていた。

材料は、うちにあるジャガイモと玉葱だけ。
あとは、お買い得になっていた豚肉のロースを買い足せば良いなんて最高。。

さっそく家族が帰るころを見計らって、風呂焚きの横でロケストに薪を焼べて料理を始めた。
そして、長女が帰るころには、「プーランジェール」の良い香りがあたり一面漂う。。

長女は、私が焚き火で料理をしていると、とても喜ぶ。
以前、「母さん、焚き火だと料理がとっても上手!」と、褒めてくれたこともある。・・フクザツ・・
やってきた長女に、熱々の「プーランジェール」を渡すと、
「焚き火って、ほんと料理を美味しくしてくれるんだよね〜」などと、本当に嬉しそうに喜ぶ。


いつしか、娘にとって、この光景は当たり前のものになったんだなぁ。。と、
しみじみ嬉しく思う。

さて、今度は何を作ろうかな〜。。
Top▲ by veronica-t | 2012-03-10 12:51 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(6)
「瓦のキッチンストーブ」で、ピザを焼く
瓦のキッチンストーブで、「ノブヒェン窯」を使って、ピザを焼いてみた。
b0169869_2122177.jpg


b0169869_21294314.jpg- 使う生地 -
 (強力粉) 強力粉・イースト・塩・オリーブオイル
        一次発酵あり
 (薄力粉) 薄力粉・ベーキングパウダー・塩・オリーブオイル
        一次発酵なし
 生地に使う小麦粉を、それぞれ別々にして使ってみた。 
 それぞれの粉の特徴を生かして使えば、どの粉も使える。




- 野菜とチーズたっぷりピザ -
b0169869_21223493.jpg
生地・・強力粉の生地
具材・・玉葱・ピーマン・ウィンナー・チーズ
ソース・・手軽に購入できるケチャップを使用。

瓦のキッチンストーブで最初に焼いた一枚。
中に敷く瓦は、ピザの場合濡らさないほうが上手く出来た。




- ほうれん草とアンチョビのピザ -
b0169869_2123365.jpg
生地・・強力粉の生地
具材・・ほうれん草・アンチョビ
生地をのばしたら、オリーブオイルを塗り、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。

畑にほうれん草があったので、アンチョビと合わせてシンプルなピザにしてみた。
ほうれん草は、生のままちぎって乗せた。
アンチョビが多かったので、少し塩辛い。
次のピザでは、アンチョビの量を減らして、荒く刻んでのせた。
味つけはしなくても、ちょうど良かった。




- ひじきのピザ -
b0169869_21232340.jpg
生地・・強力粉
具材・・ひじきの煮物・チーズ

ひじきは乾物を使用。
水で戻して、油をひいたフライパンで炒り、砂糖と醤油と味醂で味付け。

女性は、どうしても貧血になりやすいので、ひじきで作ってみた。
煮物なのにチーズに合う。
ひじきの他に、人参など入っても美味しいと思う。



- じゃがいもピザ -
b0169869_21234116.jpg
生地・・薄力粉(薄くのばす)
具材・・じゃがいも・ローズマリー・ニンニク(細かなみじん切り)

生地は薄くのばして、オリーブオイルを塗り、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。
じゃがいもは薄くスライスして、
オリーブオイル・ニンニク・塩・ローズマリーに漬けておく。

とってもシンプルだけど美味しい。




- バナナピザ -
b0169869_2124137.jpg
生地・・薄力粉(薄くのばす)
具材・・バナナ・はちみつ・チーズ・ハーブ(今回はミント)・黒こしょう(好み)

生地をのばして、オリーブオイルを塗って、バナナを並べておく。
チーズを乗せて、はちみつをかけて、好みで黒こしょうをふりかける。

おやつ感覚のピザ。
バナナを、苺や林檎・さつまいもにしても美味しい。



- 菜の花のピザ -
b0169869_21241891.jpg
生地・強力粉
具材・・菜の花(大根)・アンチョビ

生地をにばして、オリーブオイルをぬり、香りづけにニンニクを擦りつけると美味しい。
菜の花は、生で使用。

菜の花といっても、畑で育ちすぎた大根の花が咲く前に摘んだもの。
これが少し焦げ目がついて香ばしく、とても美味しかった。





瓦のキッチンストーブでは、使った燃料もごくわずかだった。
焼き上がりの時間が、他にくらべてとてもはやい。
瓦を組んだだけのキッチンストーブ、これならどこでも熱々のピザが焼ける。






- 「焚き火小屋の備忘録」より -
原理の理解のために。もしくはサバイバルなロケットストーブの作り方
集会所などの避難施設で使えるように考えたダブルコンロの記事
「ノブヒェン窯」について

- はるのさんの「山の子」のブログより -
瓦のキッチンストーブの作り方
「フライパンのパン焼き窯でピザを焼こう!」
Top▲ by veronica-t | 2011-03-31 00:52 | ロケスト&ノブフェン窯-recipe | Comments(8)
| ページトップ |