田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:野菜 -recipe-( 23 )
Top▲
大根ステーキ
b0169869_15292033.jpg
畑では、美味しく育った大根が、収穫されるのを今か今かと待っています。

そこで、とっておきの大根レシピ・・。
みずみずしい大根を、メインのおかずにしましょう!



・・大根ステーキ・・

(材 料)
・大   根 (1cmの厚みにカットしたもの) ・・ 食べたいだけ
・大根の葉 (斜めに切っておく)        ・・ 大根4スライスで1枝
・大根おろし(軽く水分をきっておく)      ・・ 1枚の大根ステーキに小1
・葱                          ・・ あれば

・ごま油
・かつおぶし
・粗挽きコショウ
・ポン酢or醤油


(作り方)
・大根を1cmの厚みにカットし、両面に十字の切り込みを入れて、レンジでやわらかくしておく。
・大根の茎を斜めに薄くスライスしておく。葉は、ザックザクと大きめに切る。
・残りの大根で、大根おろしを作る。少し水分をきっておく。

・フライパンにごま油を入れて、やわらかくなった大根を両面こんがりと焼く。
・大根の葉と茎も軽く炒める。

・皿に、大根・粗挽きコショウ(気持ち多め)・大根の葉と茎・大根おろし・かつおぶし・葱の順におく。
・好みで、ポン酢か醤油をかけていただく。

*使うオイルと、かけるものをドレッシングに変えるだけで、和・洋・中と、いろいろな料理にあいます。
  好きな合わせ方で、お試しください。



とってもシンプルですが、美味しいです!!

大きめのプレートにのせると、立派な1品になります。
毎日の食事のおかずに・・おもてなしに・・お酒のおともに・・どうぞ!



*今までのレシピは、『田園レストラン』にのせています。良かったら作ってみてください。

 
Top▲ by veronica-t | 2009-11-18 15:53 | 野菜 -recipe- | Comments(10)
里芋の親芋〜美味しくいただく⑵
おばあさんが、里芋の親芋を使って何か作っていた。そっと、弱火にかけてある鍋を覗く・・。
「小豆・・?」鍋のそばのざるには、茹でた親芋が置いてあった。

「なんだろう・・」
「何を作っているのだろう・・」

しばらくして、ざるの親芋が無くなっているのに気づき、またそっと鍋を覗く・・。
中には、少し固めに茹でた小豆と親芋が一緒に煮てあった。小豆の粒を少し残して、とけた小豆はほとよく親芋にくっついていた。
それは、ほんのり甘味を加えた煮物だった。これを、お年寄りの会のお茶のときに出したら、とても好評だったそうで、すぐに作り方を聞かれたそうだ。


今年の我が家の里芋は例年と同じ大きさで、親芋は大人の握りこぶしを合わせたくらいあった。
皮を多めにとり料理に使う。小芋と違い数は限られる・・。おばあさんの美味しい親芋の料理に、いつもなら捨てられてしまう親芋が、とても貴重に思えた。

b0169869_0165654.jpg

私も負けじと、親芋を美味しくいただく新しいレシピを考える。簡単に美味しく、たくさん食べられて、そして見た目にも美味しそうなものを・・・・・。

皆さんが口にされる里芋は、煮るとトロ〜っととけるでしょう・・?親芋は、粘り気が少なく、煮ても少し固さが残り、煮崩れしない。味は当たり前に里芋だが、でも小芋ほど主張していない。なんでも使えるのでは・・。

蓮根の代わりに親芋を使い、鶏肉をはさむフライ・・なんてどうだろう・・。いや、もっと手軽に誰でも作れて食べれるものを・・そう考えていたとき、ふと先日買った本の中に載っていた永島農さんの長芋のピッツェッタが目にはいった。長芋を親芋でしてみたらどうだろうと。

そして、できたのが『親芋ピザ(仮)』。

1・親芋の皮を厚めに剥く。
2・横に5ミリ〜1センチにスライスする。(私は1センチくらいにしたが、少し薄めがいいかも)
3・少し食感が残るくらいに蒸す。(茹でるか、レンジでしてもOK)
4・ソースを作る。
  ・フライパンにオリーブオイルとニンニク、アンチョビ、オレガノを入れ、
   しばらく弱火にかける。(トマトケチャップでもいいですが、トマトがあるので・・)
  ・ニンニクの香りがしてアンチョビが崩れ出したら、湯剥きしたトマトを入れて煮込む。
    ・冷凍庫にトマトがあるので、それを活用。
    ・冷凍トマトの皮剥き・・水を入れたボールに入れると、勝手に皮が剥ける。
5・親芋にソースとチーズをのせる。チーズに焼き色がつくまでトーストする。
6・好みで、塩・こしょうを上にふる。

手軽で、たくさん食べられて、何より美味しかった!見た目は・・今回はちょっと・・次回への宿題。


農家のみなさん、里芋を作られたみなさん!ちょっと試してみてください。きっと捨てれなくなるはす・・。
だって、これは育てた人だけにしか味わえないのですから・・野菜の気持ちです。
    

*今までのレシピは、『田園レストラン』にのせています。良かったら作ってみてください。
Top▲ by veronica-t | 2009-10-25 08:41 | 野菜 -recipe- | Comments(16)
里芋の親芋〜上津のおいもパン⑴
今年も里芋の収穫が終わり、さっそく親芋で『上津のおいもパン』を焼いていただきました。



〜上津のおいもパン〜
b0169869_2211439.jpg

昔、里芋の親芋は、ほとんどを煮物にして食べていました。いつの頃からか、親芋を食べることは少なくなり、収穫したあとの畑の隅に無造作に放置される親芋を見かけるようになりました。


このパンは、新しい視点から畑を見つづけていた、自然の学校の代表の発想から生まれたました。

b0169869_2212431.jpg「畑に無造作に置いてあった親芋をみて、驚いたんだよ。
どうにかして親芋を美味しく食べられないかと考えて、そこにあったグラハム粉を使って、レーズンとクルミを入れてフライパンで焼いてみた。
そしたら美味しかったんだよ。・・」



おばあさんの作った野菜を大切に・・その想いで、拾われた親芋。
見た目からは想像できない、とても素朴で優しい味わいのあるパンになりました。

上津のおいもパン』・・
ひとくち食べるとホッとする、どことなく懐かしさを感じます。
Top▲ by veronica-t | 2009-10-15 23:11 | 野菜 -recipe- | Comments(22)
| ページトップ |