田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:本業は訪問美容師( 60 )
Top▲
浴衣の着付けに
b0169869_20360897.jpg


今日は地元の花火大会。
嬉しいことに、去年からこの時期に浴衣の着付けのご予約をいただくようになりました。

そしてもっと嬉しいのは、着付けをさせていただく浴衣が、お母さんから譲り受けられたものということ。
大切に仕舞われた浴衣は、流行にとらわれることなく清楚なものばかりです。

この日のお客様は、帯結びもシンプルに。。

仕上がりを目を細めて見ていらした、お母さんとおばあちゃん。
どんな想いで見ていらしたことでしょう。。

心温まる微笑ましいひとときを、ご一緒させていただいてありがとうございました。
Top▲ by veronica-t | 2015-08-09 17:51 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
新しい出会い
b0169869_07022263.jpg

訪問美容師になって9年目、お馴染みのケアマネさんや
施設、訪問先も増えてきました。
そして、当初からお世話になっている施設の職員さんも、チーフや苑長さんになられ
新しい訪問先を紹介してくださるようになりました。

とはいえ、訪問美容師は、いざという時の頼みの綱的存在。
今回訪問しても、必ず次回もなんてありません。
だから、毎回、今日のこの出会いに感謝して、その方の素敵を
敏速に最大限に見つけて形にしてあげるのが、訪問美容師の
役割りだと考えています。

今日の訪問先は、新規の個人宅です。
紹介してくださった施設もケアマネさんも、今回初めてのご縁です。

体調からご家庭での入浴サービスも受けれず、ヘルパーさんによる
身体拭きと、ベット上でのスポイドを使ったシャンプーをされているとのこと。
ケアマネさんからは、気持ちの良いシャンプーをしてもらいたいからと、
今日は、たかっちセットでのシャンプーとカットのご予約です。

訪問美容師を始める頃から、私のする仕事と思いは変わりません。
サポートをしてくださる方のこうした気持ちの配慮の変化に
正直、嬉しい驚きを感じています。

HPも持たず、手作りのチラシだけの広告。
地道に口コミで広がっていくご縁です。

持っていく道具を確認しながら、その方に合わせて準備します。
今日お伺いする先は、お湯が準備出来ないとのこと。
久しぶりに、写真の道具の出番です。

寒い冬のある日、焚き火小屋の横に小さなスペースの部屋を作るとき、
壁に漆喰を塗る際に使われていて教えてもらったものです。
これを使うために、シャンプーのバケツをステンレス製にもしました。
カットをさせていただいている間に、水を入れたバケツに入れて電源を入れれば
シャンプーをする頃には、人肌のお湯になっています。

新しい出会いに感謝して、その気持ちにお応えできるように
今出来ることを最大限に。。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-12 08:06 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
縁側にて
訪問先の駐車場に車を停めて、玄関までの階段を上ると、
おばあちゃんは、いつものように縁側に座って
待っていてくださる。

足がご不自由で、カットにお伺いするときも、
カットをさせていただく間も
そして、カットを終えて見送ってくださるときも
いつも、おばあちゃんは、この縁側に。。

「わざわざ来てもらって、ありがとうね。」
「また、髪が伸びたらお願いすうけんね。」
「今日も楽させてもらったわぁ。」

そう言いながら、階段を降りるまで
縁側で見送ってくださる。

いつものように、この縁側にて。。
Top▲ by veronica-t | 2015-07-07 01:23 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
訪問先にて
b0169869_1624961.jpg


本業を始めてから、今まで知らなかった風景にたくさん出会うようになった。

先日出会った美しい風景。

そこは、いつも気になっていた道の先にあった。
Top▲ by veronica-t | 2013-10-20 09:36 | 本業は訪問美容師 | Comments(9)
可愛い助手さん
先日の敬老の日のこと、
いつも呼んでくださる おばあさんのお宅に伺い、パーマをかけていると、
「今度は、どのセットですかぁ?」と、可愛らしい声が。。

可愛い声は ひ孫さんで、小学1年生になられる女の子。
パーマをかける様子が面白いらしく、3歳頃から、こうして助手をしてくれる。

「次は大きい紫で、ゴムは緑でお願いします!」というと
ちゃんと大きなペーパーに紫のロッド、緑色のゴムを渡してくれる。

b0169869_23243159.jpg



そんな可愛い助手さんに、今ではもっと小さな助手の妹さんも加わって、
パーマをかけている間、 おばあさんのまわりは とても賑やか。。

おばあさんは、「邪魔したらいけんよ。」と、諭しながら、この時間がとても嬉しそう。

訪問美容の良さは、ただ、すみ慣れた環境でするから安心していただけるだけでなく、
家族さんとの和やかな時間を過ごしていただけることだと思う。

ひ孫さんたちが大きくなって、小さなころの おばあさんとの記憶に
このときのことのことがあったら、それはとても嬉しいな。。
Top▲ by veronica-t | 2013-09-19 00:32 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
BGMは、「いちご白書をもう一度」
「今日で、こちらのご利用は最後になられるんですよ。
それで髪を綺麗にと家族さんと相談して、急遽予約したんです。」

目が見えなくなられてから、一日中静かに椅子に腰掛けて
施設での時間を過ごされているけれど、
そこに居るだけで まわりの人の心を和まし笑顔にしてくれる、
そんな雰囲気を持っていらっしゃる音楽好きの おばあちゃん。

突然、予約をされていた他の施設への入居が決まったそうで、
そこに入られる前に綺麗にしてあげたいという
家族さんと職員さんの気持ちを大切にカットさせていただく。

カットをさせていただく間、いつもここの施設では音楽が流れている。
この日 流れていたのは「いちご白書をもう一度」。。

その時、懐かしい曲にあわせて、ここしばらくなかった
おばあちゃんの鼻歌が聞こえてきた。

「今日は とても気分が良いみたいです。」と、職員さん。
懐かしい曲とともに、温かで穏やかな時間が流れていった。
Top▲ by veronica-t | 2013-08-18 13:12 | 本業は訪問美容師 | Comments(2)
おばあちゃんたちの「ベリーショート」
おばあちゃんたちの「ベリーショート」で、心がけているのは
丸みのある優しいフォルムに仕上げること。

まだ美容室で働いてたころ、近くに住む おばあちゃんが
床屋で切ってもらってからというもの、じぃちゃんと間違われるようになったという。

床屋さんが悪いわけじゃないけれど、角刈りに近い おばあちゃんは
どこから見ても威勢の良いおじいちゃんに見える。

「私はね、女なんだよ。じぃちゃんじゃないんだよ。」

そう言いながら、今度切るときはここに来るから、
おばあちゃんに見えるようにして欲しいという。

おばあちゃんのベリーショートに、自分なりの拘りが出来たのは
このときからだった。

訪問美容師になり、あのときのあのおばあちゃんの言葉をよく思い出す。

いつだったか、いつも呼んでくださる おばあちゃんの表情から笑顔が消えていた。
認知が進み、言葉も表情も極端に減っていた。

そんなときは黙っていても 誰がみても おばあちゃんに見えるように
あの顔をクシャクシャにして笑っていた笑顔を思い出しながら、
よりいっそうチャーミングに仕上げていく。

カットが終わり、迎えに来てくれた職員さんが
「あら、なんだか可愛い!」と、言っていた。

この何だか分からないけれど、可愛いと感じてもらえる
こんなフォルムを大切にしたいと思う。
Top▲ by veronica-t | 2013-07-23 09:32 | 本業は訪問美容師 | Comments(2)
また、好きになってもらえて。。
施設での仕事が終わり片付けをしていると、
「急なんですけど・・もうひとり良いですか〜?」と、
もう何年も髪を切ったことのないという おばあちゃんのカットを頼まれた。

長くなった髪の毛は、丸くなった背中の中程まで伸び、細くてコシもない。
でも、ところどころが「すき毛」のようにクシャクシャッと縮れてボリュームがすごい。

数年前にカットをされたそうだけど、収拾がつかないほど大爆発したそうで、
それからというもの、髪を切るのを諦め伸ばしたままにされていた。


そんな おばあちゃんのカットは、不安に思われないように、
クセの出具合や、似合う長さを見つけながら、
手際良く、思い切ってバッサバサッと切っていく。

そして、カットしたときのクセの出具合と、全体のバランスを見ながら、
縮れたクセを生かすスタイルに、パッパッと仕上げていく。


しばらくして、バランスを見ようと顔を覗き込むと、
少し恥ずかしそうに、でもとても嬉しそうに、こうおっしゃった。

「本当は、髪を切ってもらうのが好きだったんだよ」と。。

良かった。。
また好きになってもらえて。。
Top▲ by veronica-t | 2012-09-20 01:15 | 本業は訪問美容師 | Comments(2)
ありがとうございます。
何だかね・・
新しい施設に移ってね

そこに来られる業者さんに散髪してもらうのを、
凄い勢いで拒否したみたい・・

私には、家に来てカットしてくれる人がいるから・・ってね・・

認知ね・・ますます ひどくなったんだけど、
髪切ってもらうのだけは覚えているみたい・・

ごめんけど、また、家に来てもらえる?



私が最初に髪の手入れにお伺いのは、認知が出始めたころでした。
それまで、まったくお会いしたこともないのに、

それなのに、認知が進むなかでも、
髪の手入れの時間だけは、今も覚えてくださっている。


「ありがとう。」


お礼をいうのは、私のほうです。
ありがとうございます。
Top▲ by veronica-t | 2012-07-30 00:43 | 本業は訪問美容師 | Comments(7)
今日だけは 「さくら美容室」
私は店を構えていない。
その日の訪問先での畳二畳ほどのスペースが、
おひとりさま限定のお店になる。

屋号も「訪問美容師」。
美容室ではない。

ある日、いつも通される施設の、普段使われていない部屋に
車椅子のおばあちゃんが、職員さんに連れられて入ってこられた。

いつものように部屋の真ん中の大テーブルに小さな鏡を置き、
締め切ったままのカーテンを勢いよく開けると、

パーっと春の日差しと一緒に
窓の外に咲く 満開の桜が眩しいほどに目に映った。

「ひゃぁ〜、綺麗だなぁ」
「こぎゃん見事な桜は初めてだわ。」

「ここは、さくら美容室だね。」



私は店を持っていない。

店を持たずに、車に道具を積んで、訪問先で髪のお手入れをする。
訪問美容師を始めて、今まで一度も店を持ちたいと思ったことはない。

それは、きっと、この日のように
そのときに、お客様の目に映る風景や、聞こえる音、昔の思い出で
その方なりの名前があれば、それで良いと思っている。


そして、今日だけは「さくら美容室」と、名がついた。

「ようこそ、さくら美容室へ。。」
Top▲ by veronica-t | 2012-04-19 16:23 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
| ページトップ |