田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:野良仕事( 104 )
Top▲
バジルの出荷・・その後
ひと雨ごとに涼しく、夜明けがゆっくりと
そして夜更けが早々とやってきて、日いちにちと秋の気配を感じます。
みなさん、お元気ですか?

コメントをくださったみなさん・・
いただいたコメントにお返事もできなくて、本当にすみません・・。

この夏、本業とバイトの掛け持ち、野菜作りに出荷と
慌しい日々をおくっていました。
そして今年の夏ほど、こうして変わらぬ日々を過ごせることを
ありがたいな〜と感じたことはなかったです。

前回のブログの初出荷したバジルですが、
出荷先の「くるみ市」さんが毎日たっぷりの水を霧吹きしたり
手入れをしてくださったお陰で、8月11日に購入していただくまで
イキイキと育ち、根もはってきたそうです。

出荷する側と、それを預かってくれる人・・
生涯の仕事として、ちっぽけな規模の野菜作りを目指す百姓(まだまだ弟子!)と
その気持ちをわかってくれて、しかも買い手の気持ちもわかってくれる
丁寧な小規模の直売所だからできること。。

これからも、いろんなことに挑戦してみよっと。。
Top▲ by veronica-t | 2011-08-22 06:03 | 野良仕事 | Comments(0)
バジルの出荷
本日、初出荷のバジル。
b0169869_1453837.jpg

夏のハーブといえば
茄子やトマトといった夏野菜と相性が良く、
香りが良い「バジル」です。

去年、そんなバジルを育てるのを忘れて、
いろんな店をまわって買おうとしたけれど、
畑のバジルを知ってるからか、なかなか良いものがない。

バジルを育てているかたはご存知ですよね。。
バジルって、茎から切るとすぐにしおれるし、
葉も傷みやすく、あたると黒くなる、デリケートなハーブです。

畑で、バジルが大きくなるのを眺めながら、
この状態で出荷したい!!と、ず〜っと考えてきました。

野菜を直売所に委託販売してもらうとき、
鮮度を保てるように工夫したり、見栄え良く、美味しく、
そして、なるべく畑にある姿のまま出荷したいと考えています。

b0169869_1455140.jpg

↑これはどれも、今日の昼ごろ畑で収穫したバジルです。

畑から持ち帰るまでの、わずか数分でしおれてしまったので、
水切りをして葉にも充分水を与えました。

前方のバジルは、普通に水に活けたもの。
後ろのバジルは活けずに、水を含ませたあるものにさして
出荷用のナイロンの袋に入れたもので
収穫してから1時間たつと、葉の勢いが違ってきました。

b0169869_15205965.jpg


茎をつけての出荷は、
畑から、必要なほど葉をとり調理するような、そんなふうにしたかったから。
新鮮な状態で、そのまま長持ちできるように。。

もしかしたら、もっと効率の良い保存&出荷方法があるかもしれません・・
でも、少ない野菜やハーブの出荷だから、コストをかけず良いものを。。
ちっちゃな規模の百姓の拘りです。


まだまだ試作中ですが、本日、バジル初出荷です!!
Top▲ by veronica-t | 2011-07-30 15:29 | 野良仕事 | Comments(16)
ジャガイモ掘り
b0169869_1582618.jpg

梅雨空が久しぶりに晴れたので、
本業を終えて夕方からのバイトの合間に、ジャガイモの収穫を手伝う。

野良仕事をしていると、いつも思うのは
作付けや収穫とか、いろんなことが突然決まる。
このジャガイモの収穫も
明日から雨が降るらしいということで、急遽決まった。
自然と寄り添いながら暮らしていると実感する。

b0169869_8375976.jpg

今年のジャガイモは5種類。

キタアカリ
メークイン
男爵
アンデス赤
セトユタカ


b0169869_1584379.jpg

梅雨の合間の晴れた日は暑い・・
途中のお茶タイムは、うちで採れたミニトマトたち。

このミニトマトは、暑い夏に紫蘇ジュースと同じように欠かせないもの。
幼いころ、やはり祖母が畑でもぎたてのトマトを水分補給にくれた。
あの味がたまらなく美味しくて、あれからトマト好きになった。

少し酸味のきいたトマトを食べて、時間いっぱいジャガイモを掘る。
しかし暑いなぁ。。
Top▲ by veronica-t | 2011-07-08 23:58 | 野良仕事 | Comments(2)
種をとる
b0169869_1451015.jpg

ワッサワサと葉を増やしていたフェンネルが
少しずつまばらな感じの葉になって
やがて高さばかりが伸びてくる。

しばらくすると、その先端に小さな蕾がつき始め
小さな黄色い花を咲かせようとしている。

秋には、長楕円形をした茶褐色の実をつけ、
それはフェンネルシードと呼ばれスパイスとして重宝される。

そんなこと、よ〜く知ってるんだけど・・
フェンネルシード、買ったこともあるけれど・・

でも・・
でも・・

いつもこの頃になると、次のためにと
バッサリと根元近くから切り取ってしまう。

それでも去年は、たっくさんの花を咲かせた。
咲かせたんだけど、その良い香りに観賞用として
バッサリ花を切って活けた。

うちのフェンネル、ハーブの中では一番古くから畑にあるのに
種を採ることまでしたことがなかった。

今年こそ、このフェンネルの種を採ろう。
肥やしも消毒も一切せず、
それでも毎年良い香りの葉を茂らせてくれる
このフェンネルの種を採ろう。

うちのフェンネルの種を採ろう。。
Top▲ by veronica-t | 2011-07-08 05:45 | 野良仕事 | Comments(9)
草ボウボウの野菜畑
「あんたのところ、草がいっぱい生えとるよ」
親切なご近所さんが知らせてくれた。

そう私の畑の区間は、草ボウボウ。。
b0169869_3371444.jpg

梅雨に入り雨の日が続くと
野菜たちも喜ぶが、雑草はもっと喜び生い茂る。

以前は、この草ボウボウがいけないことのように思えて
いつも野菜作りを途中で断念してたけど
今年は違うぞ。。草ボウボウでも構わない。

取り合えず、野菜たちのまわりほど草を抜き
あとは自然に任せてみる

すると、嬉しいご褒美もあったりする

雑草の中に・・

b0169869_338839.jpg

赤紫蘇を発見。。

暑い夏、母はこの赤紫蘇で「紫蘇ジュース」を作ってくれる。
これが私の夏を乗り切る必需品。


b0169869_3383545.jpg

ジャガイモ発見。。

前に、この区間に植えていたジャガイモの取り忘れ・・?
畑のあちこちに、こうしたジャガイモが生えていて
それがちょうどジャガイモがない頃に生えるので嬉しい。
ちょっとした宝探しのようで、本当に嬉しい。


b0169869_3385955.jpg

里芋発見。。

こんなところに里芋が・・
私の区間は、抜いた草や、傷んだ野菜を置いていた場所
だから、そこから生き抜いた野菜たちが、こうして芽を出し育っている。

こうしてみると、草ボウボウだけど宝がいっぱい。。
でも・・草ボウボウ・・
Top▲ by veronica-t | 2011-07-05 08:29 | 野良仕事 | Comments(4)
南瓜の葉
いつもは畑の奥のほうで育てている南瓜を
今年は手前の玉葱の場所に植えた

b0169869_2241313.jpg


いつもより広いから
つるを思いっきりのばすのかと思ったけれど
今年の南瓜は、とってもコンパクト

だから葉っぱの様子がよくわかる

b0169869_223535.jpg


規則正しく、綺麗に葉が並んでる


b0169869_2593796.jpg

Top▲ by veronica-t | 2011-06-29 23:57 | 野良仕事 | Comments(2)
玉葱の葉と根の処理 - 我が家流 -
うちの玉葱の収穫風景。

抜いた玉葱を、しばらく天日干しして、
吊るして保存できるように、根と葉を落とし大きさを揃えて紐でくくっていく。
収穫しながら、畑でする作業はここまで。
b0169869_9174210.jpg

ここで、玉葱の根と葉の落し方 - 我が家流 -

b0169869_9184799.jpg

これは長年、畑の中でひとり玉葱の収穫をやってきた母が考えたもの
無駄がなく、効率的に根と葉が綺麗に処理できる。

必要なものは、よく研いだカマと小さな腰掛けというのも
野良仕事がすべて人力という母らしい最小限な道具。


母の足元・・これがその作業の様子。
b0169869_9175929.jpg
カマの刃を上に向けて、足で固定する。
砂地の畑なので、カマは土にはまってしっかり固定される。


b0169869_9181795.jpg
カマを固定したら、
片方の手で玉葱を持ち、もう片方の手で根を持ちカマに押し付けて切る。


b0169869_9183022.jpg
根が綺麗に揃ったら、玉葱の葉をカマに向けて傷んだところも落とす。

根を落として保存するのは、ここらでは母くらい。
母が根を落とすのは、玉葱の成長をとめるためだとか・・
気持ち・・他所様より芽が生えてくるのは遅いと思う。

こうして根と葉の処理をすませた玉葱は、粒の大きさ別に紐でくくる。
くくった玉葱の葉をもう一度、根と同じようにカマで切り揃える。


植えた玉葱を2000個
こうして、ひとつひとつ手に持ち作業する。

気が遠くなる作業だけれど、これで根と葉の処理と
大きさの分別や、痛み具合を見たりと、いっぺんに何役もこなせる。

あとは、風通しの良いところに玉葱を吊るすだけ。
そして、しばらくして紐を締め直せば作業が終わる。
玉葱の収穫が終わり、かけた玉葱を見ると ほっとする。


玉葱の保存の様子(紐の締めなおしの様子)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
玉葱の宅配いたします。。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、鍵コメでお知らせください。
Top▲ by veronica-t | 2011-06-21 06:42 | 野良仕事 | Comments(4)
2011 玉葱の収穫
b0169869_2494597.jpg


美味しそうな玉葱が
畑に並ぶ


作物が出来たら感謝すること
自慢したら次の年は良いもんが出来ん

慎ましく、感謝して野菜を育てなさい

母の教えが心に響く


今年、立派な玉葱が育ってくれた

いろんなことに感謝して
最後のひとつまで、美味しくいただこう
Top▲ by veronica-t | 2011-06-20 02:49 | 野良仕事 | Comments(14)
深呼吸する
b0169869_972100.jpg


畑の土と一緒に 深呼吸
Top▲ by veronica-t | 2011-06-07 20:46 | 野良仕事 | Comments(4)
玉葱と雑草
b0169869_2273329.jpg

去年の今頃、2000本近くの玉葱が病気にかかった。

いつも同じような土地で育てたからかな
肥やしとか、いろいろなことをする時期が外れたのかな
分かんないから、思いあたることをひとつずつ改善してみた。

でも、私にはもうひとつ思いあたることが・・
それはちょうどこの時期、玉葱のまわりの草を抜いた。
玉葱の様子がおかしくなったのは、その後からだった。

だから今年はここだけ雑草伸び放題。

玉葱に、なるべく刺激を与えないように
収穫まで、あとちょっと
美味しい玉葱が育ちますように。。
Top▲ by veronica-t | 2011-06-01 22:02 | 野良仕事 | Comments(18)
| ページトップ |