田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
>5月6日の鍵コメさん ..
by veronica-t at 22:58
> nageire-fu..
by veronica-t at 22:50
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
カテゴリ:心象のスケッチ( 42 )
Top▲
赤ちゃん
入院中の知り合いを見舞い、エレベーターに数人の人と一緒に乗り込んだ

エレベーターの中の窮屈な空気・・ すぐ隣には見ず知らずの人・・
ほんの数秒間が、とてつもなく長く感じる


数階下で、そのドアは開いた

そして若い夫婦が入ってきた
お母さんの胸には可愛らしい赤ちゃんが眠っている


「可愛いね・・」と、思わず声をかけた

「今からおうちに帰られるの? 初めてのお子さんですか?」と、誰かが問う
「はい、初めてです」 お母さんは目を細めながら微笑み、我が子を見つめた

すると赤ちゃんの手と口が動き、それまでの重々しい空気が一瞬にして消えた
見ず知らずの人々はみな笑顔で、その新米親子を祝福した


名刺交換などなく、長時間の交流もなく、
このわずかな時間で、見ず知らずの人たちの心を一瞬にして和ませる・・

産まれてまだ1週間くらいしかたってない、ちっちゃな赤ちゃんなのに・・



赤ちゃんって凄いな・・
Top▲ by veronica-t | 2010-03-17 16:33 | 心象のスケッチ | Comments(8)
人の輪
「taeちゃん、わしはな・・

これから先も ここで生きていこうと思う・・

だから どんなに苦手でも 

いろいろな場に 自分から出ていこうと思う・・・」



80(歳)近くになり自分の老いを感じて、自ら苦手な人の輪に入ろうとするこの人の言葉に、
ひどく衝撃を受けたのは、ちょうど一年前だった

そして、今でも頑なに嫌がる自分に問いかけた
お前もここで老いていくのだろう・・と

そして、その人の背中を追うように
苦手な人の輪に、すすんで出ていくことにした


でも・・


なぜ、人の輪には酒がつきものなのか・・
酒の嫌いな私は、やはり頑なに「飲めません」と、断る

だが、人の輪は
「おれの酒が飲めないのか」と、いう空気をかもしだす
だから酒も嫌いだし、酒の場のある人の輪も嫌い


煙草を吸わない人に 煙草をすえとすすめるだろうか・・
ではなぜ・・酒が嫌いなものに 酒をすすめることは許されるのだろう・・



なぜ、人の輪にお酒は必要なんだろう・・・

Top▲ by veronica-t | 2010-03-14 23:50 | 心象のスケッチ | Comments(4)
マイペース
b0169869_802175.jpg

自分のペースって何だろう


歩いているつもりなのに

いつしか走ってる


たまには止まってもいいのにね

Top▲ by veronica-t | 2010-02-25 08:04 | 心象のスケッチ | Comments(4)
思う
大きな壁に、ぶちあったったとき


それを試練と思うか

それともチャンスと思うか



私は、それをチャンスにしたい・・。

Top▲ by veronica-t | 2010-02-24 14:50 | 心象のスケッチ | Comments(8)
もともと涙もろいからか、それともそんな歳になったからか、最近よく涙を流す。

昨日、ある方からのメールを読んで、頬にポロポロと転がる涙があった。
声を一度聞いただけで、顔も知らないその方の
飾らない言葉と、さりげない心遣いに・・
嬉しくて、嬉しくて、頬を転がる涙があった。


おととい、頬に滝のごとく流れ落ちる涙があったばかりなのに・・
涙なんて、もうないというくらい、思いっきり涙を出し切ったと思っていたのに・・


昨日、言葉にならない感謝の気持ちに・・
頬を転がる涙があった。

Top▲ by veronica-t | 2010-02-04 08:27 | 心象のスケッチ | Comments(2)
身の丈で・・
b0169869_229599.jpg母の野良仕事の基本


無理せずに・・

身の丈で・・



母の野良仕事をする姿に安堵する

自分の身の丈でいいんだ・・


Top▲ by veronica-t | 2010-01-30 22:13 | 心象のスケッチ
春の訪れ
今日、少し早い春の訪れに気づいた

b0169869_0194173.jpg



私の大好きな草花が咲いていた

その可憐な姿は、春の訪れを知らせてくれる



b0169869_0232327.jpg

春の訪れに気づくまで、自分の不器用さに少し落ち込んでいた


natuさんと電話で話しているとき、足元のそれに気づいた

「イヌフグリが咲いとるよ。」

そう喜ぶ私に、natuさんが言った

「一緒に練習するか。やってみぃか!」と・・



春は、もうそこまで来ている。




Top▲ by veronica-t | 2010-01-19 23:57 | 心象のスケッチ | Comments(4)
豆炭あんか
豆炭あんか・・
子どものころ、我が家には家族分の『豆炭あんか』があった。

当時の我が家の暖房は、居間にあった堀り炬燵だけ。
寒い冬の夜には、『豆炭あんか』のぬくもりが、とても嬉しかった。

毎晩お風呂を焚くときに、家族分の豆炭も一緒に温められて、
『豆炭あんか』を、オレンジ色の分厚い袋に入れてもらい手渡された。

手渡されると、さっそく布団の中へ入れた。
最初はお腹辺りに置いておくと、布団に入るころには、ぼわ〜っと暖かくなっいた。
からだを縮めて温もったら、今度は足で押して足元へ・・
これで朝まで、ぐっすり眠れた。


今でも、お風呂は薪を焚き、掘り炬燵を使っている我が家。
また『豆炭あんか』を使おうと、探したけれど見つからない。

b0169869_063656.jpg・・思い出した・・

「もう使わんね。捨てるよ。」

今の暮らしにする前に、もういらないと処分していた。
もったいないことをしたな・・。


あの『豆炭あんか』のぬくもりが、とても恋しい。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-15 00:20 | 心象のスケッチ | Comments(10)
立ち止まる・・
b0169869_6183610.jpg早朝からのバイトの帰り道、とても綺麗な月に、
思わず車をとめて携帯で写真を一枚撮った。

しばらく立ち止まって、辺りを見渡す・・

田舎の風景は、自然を美しく見せてくれる

辺りに灯りがないから、月の美しさに気づかせてくれる

ほんの数分、立ち止まる・・

ときには、立ち止まってみるのもいいな

Top▲ by veronica-t | 2009-12-02 06:18 | 心象のスケッチ | Comments(8)
ここぞ!・・というときに想うこと
いつも「ここぞ!」というときに、失敗する。
「ここぞ!」までは、頑張っているのに・・。

そんなとき、ベロニカの会のスーパーバイザーの鋭い指摘
「君は頑張っている。でも無茶しすぎ。」
「君は頑張っている。でも、肝心なときにこれだ。」

そう、頑張ってるさ。
でも・・・

前日まで朝から夜遅くまで、近寄りがたいオーラを出して、ただ黙々と準備をする。
そしてプログラム当日、そのツケは一気にやってくる。疲れで身体が動かない・・。
参加者の皆さんの顔は見れても、表情までは見れない。その想いにも気付けない。


b0169869_116135.jpg何度も失敗して気付く
精一杯頑張ること、でも頑張り過ぎないこと、仲間を信じること。

そして、「ここぞ!」というときは、最後の最後まで気を緩めないこと。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-11 23:51 | 心象のスケッチ | Comments(2)
| ページトップ |