田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
>5月6日の鍵コメさん ..
by veronica-t at 22:58
> nageire-fu..
by veronica-t at 22:50
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
廃材置き場の片付け⑷
昨日に続いて、午後から廃材置き場の片付けです。
昨日があまりにも綺麗に片付いたので、今日は始める前から、このひと山を片付けようと。。(笑)

b0169869_21170532.jpg


ここは、思っていた通りに、ほとんどが朽ちています。


b0169869_21170684.jpg


朽ちた廃材を粉々にして、木々の根元近くに置いていきます。


b0169869_21170606.jpg


慣れてくると作業も早く、気分は どんどん次に向かっていきます。


b0169869_21170669.jpg


その手と気分がピタッと止まったのは、廃材の向こうから、大量の砂が出て来たとき…

ここも朽ちた廃材では…
しかも、切り株までの間はスカスカに置かれ、ほとんどが空洞のはず…

とりあえず、どんな砂なのか、どこに置こうか考えながら、手前の方だけ片付けました。


b0169869_21170638.jpg


記憶とは曖昧です。
しかも、焚き火小屋を作っている頃は、沢山の人が作業に関わっていて、次々と置かれた廃材置き場は、掘ってみないと何が出てくるのか分からない。

こんなときは手を止めて、少し作業から離れてみると、新たな発見や先が見えてくるものだと…。


b0169869_21170779.jpg


ここでの作業は、ひとりでコツコツと。
ひとりで大変なときもありますが、ひとりだから迷ったときには手を止める、離れてみる、そんなことも出来るのだと思います。

今日は、作業を始める前から比べると、ずいぶん景色が変わった、こちら側から見た風景を。。


b0169869_21170764.jpg


手前には、焚き火小屋の床下を作るときに使ったバラスが、丘のように見えます。
その向こうに、焚き火小屋、果樹畑、カンファレンスルームのある建物、そして空。

日も長くなりました。
今日の作業はここまでにして、この風景を目にしっかり焼き付けておこうと思います。








Top▲ by veronica-t | 2016-02-12 18:52 | 焚き火小屋から | Comments(0)
<< 竹すのこを直しながら | ページトップ | 小枝を集めて、焔のある暮らしを。。 >>