田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
1/30「焔の温もりを感じながら」
1月の「ミントの集い」は、焚き火小屋の かまどと炉に薪を焚べて、その焔の温もりを感じながら共に過ごす時間を楽しむことにしました。

b0169869_07005299.jpg


かまどと炉に薪を焚べると、肌寒く感じた焚き火小屋は暖かく、お喋りも楽しく弾みます。

そして、かまどでは、二つの羽釜にたっぷりの湯を沸かして、色とりどりの冬野菜を蒸していきます。


b0169869_07005243.jpg


蒸された野菜は人肌に温かく、色も鮮やかに、このままでも十分美味しいのですが、今日は、もうひと手間かけて。。


炉では、色鮮やかな温野菜をチーズフォンデュに。。
b0169869_07005222.jpg

炉の焔でコンボが温まったら、ニンニクを擦りつけて香りづけします。
ニンニクの香りがしてきたら、チーズと小麦粉を混ぜ合わせて、溶けたところに白ワインを注いで、とろけるように馴染ませます。
たっぷり付けて熱々をいただきます。。



こちらは、温野菜のサラダ、アンチョビソース添え
b0169869_07005332.jpg

アンチョビと黒オリーブと酢の酸味が、野菜の旨味を引き立てて、チーズフォンデュとは違う あっさりとした後味で、同じ温野菜ですが、全く違う感覚で楽しめます。



そして、チーズフォンデュを作った後の熾火では、ぐるぐるパンを。。
b0169869_07005387.jpg

今回は、今までの ぐるぐるパンの材料を、国産や地物にかえてみました。
袋に入れた生地は、羽釜の蓋の上に置いて、発酵を促してみました。
羽釜の木の蓋は、湯気も加わり程良い温もりで、生地もふっくらと良い感じに発酵してくれました。

そして、もう一つの「ミントの集い」ならではの実験。。
上の写真の丁度真ん中の生地…、
それはパン生地ではなく、団子(米)を棒に巻き付けたものです。
メンバーの方で小麦アレルギーの方がいらして、その方のアイデアです。

今、食べもののアレルギーは多く、焚き火小屋でのワークショップでも、その対応をどうしたら良いか考えていました。
ぐるぐるパンを焼きたいけど…でもアレルギーがあるから、家族と一緒に楽しみたいけど出来ないという方の為にも、これは楽しみな実験です。。


b0169869_07005371.jpg

棒に巻き付けた生地は、ゆっくりと膨らんで、焼き色がついた頃には香ばしく美味しそうな香りがしてきます。

目で見て、香りを感じて、味を愉しむ。。

焚き火小屋の焔の温もりを感じながら、心もお腹も温かく、幸せな気持ちになれました。


こんなひと時を、皆さんも如何ですか。。?





Top▲ by veronica-t | 2016-01-30 20:36 | 時を紡ぐworkshop | Comments(2)
Commented by yumiyane at 2016-02-02 21:00
チーズフォンデュもアンチョビソースも、想像しただけでたまらないです。食べたい‼️
そのレシピ、忘れていました。今度子供たちと食べます。
米粉のパンの食感もいいでしょう。まだまだアイディアは尽きませんね。
Commented by veronica-t at 2016-02-03 12:45
*yumiyaneさん
美味しかったです。とっても!
炉の周りで、皆さんとお喋りして食べるから尚更美味しかったです。
だから、ついつい食べ過ぎて…(笑)
みんなで食べると、また美味しいですよね。是非!

yumiyaneさん、是非皆さんと焚き火小屋にいらして下さい。。
お家での笑顔と、また違う笑顔を探せるかも。。
お待ちしています。
私も会いたいなぁ。。
<< 保存玉葱、種からの記録③ | ページトップ | 竹で作る・パンを焼く道具 >>