田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
竹で作る・パンを焼く道具
山から切り出した竹は、切って削り出すことで、美しい道具へと生まれ変わります。

b0169869_21251320.jpg


先を丸く仕上げたものは、炉の焔でパンを焼く道具へ


b0169869_19552368.jpg


竹で作ったものは、手にすっと馴染み。

その色彩は、青竹のときは清々しく
古竹のときは しっくりと味わいのあるものになります。


b0169869_19585647.jpg


そして、削り出すときに出た竹の屑は、乾かす手間もなく、かまどの火の焚付けになります。


職人さんが作られた竹の道具は、それはとても美しいものです。
けれど、ただ割って削り出し、サンドペーパーで丁寧に仕上げた この棒も、また美しいと思います。

このパンを焼く道具を通して、たくさんの笑顔に出会えますように。。








Top▲ by veronica-t | 2016-01-30 07:48 | 作る | Comments(0)
<< 1/30「焔の温もりを感じながら」 | ページトップ | 子どもたちの記憶の中に(食) >>