田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
*tomokeさん お..
by veronica-t at 09:24
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:54
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
9/26「 秋を食する 」
b0169869_19030420.jpg


先月に続いて、月末に顔見知りさんを招いての食する会。

今回より、食する会の名前を、焚き火小屋や畑のわきに、祖母の代から自生しているミントにちなんで「ミントの集い」と改めて、季節の野菜を焚き火の焔で調理していきます。

「ミントの集い」では、私自身しばらく離れていた「ベロニカの会」の活動や、ワークショップの流れとゲストの方への関わり方を見直し、次に繋げることを自分のテーマにしています。


b0169869_19030405.jpg


「ベロニカの会」の「時を紡ぐworkshop」では、参加者の皆さんと一緒に畑から野菜を収穫し、焚き火小屋の かまどや炉、ロケストや瓦のキッチンストーブに薪を焼べて調理し、食していただいています。

調理はしますが、よくある料理教室ではなく、この環境の中で、薪を焼べた焔で調理し、大テーブルを囲んで食していただくことで、普段の暮らしでは気付けないことや、豊かさとは何かを感じていただければと考えています。


b0169869_19030529.jpg


今回もテーブルの上に置かれた野菜を見ていただいて、あとは口頭でメニューや手順をお伝えするだけ…。

あらかじめ、レシピを書いてお渡しすれば楽なのでしょうが、そうすると手慣れた皆さんはテキパキ作業をされて、焚き火小屋での調理ではなく、普段の台所になってしまう…
慣れない方は、その流れについていけなかったり、それぞれが単独での作業になってしまうので、ここではあえて聞いていただきながら、またみんなで考えながら作っていきます。

普段テキパキされている方は、きっともどかしいと思いますが、あえてみんなゼロからの体験をしていただいています。


b0169869_19030506.jpg


そして今回、時の積み重ねを感じる素敵な大皿を貸していただくことになりました。
盛り付けてみると、料理が映えて、野菜はまるで畑で見るような力強さを感じます。

秋の夜長、皆さん大皿から料理をとりながら話しも弾み、楽しく美味しい時間を過ごしていらっしゃいました。
ときには、こういうスタイルのワークショップも良いかもしれませんね。。
またまたヒントをありがとうございました。



そして、もうひとつ…
b0169869_19030502.jpg

かまどの前にしゃがみ、焚き口から燃える焔を眺めている青年の姿に…
次の世代に、こうした環境があることを伝えていけたらと思います。



皆さんが帰られた後、もうすぐ満月を迎える月明かりに照らされて、片付けをしていると、焚き火小屋まわりの草の中から、秋の訪れを待っていたかのように、虫の音がとても賑やかでした。。

季節は秋…

自分を見失わぬように。。
次に向かって、ゆっくりと歩んでいきたいと思います。




- 追記 -いただいたコメントより。。
「心に希望を...。
諦めなければ、強く望めば、願いは叶うと信じて頑張りましょう。」

ありがとうございます。
いつの日か、草花の苗と一緒に、焚き火小屋に訪れて下さるときを楽しみにしています。








Top▲ by veronica-t | 2015-09-26 23:57 | 時を紡ぐworkshop | Comments(2)
Commented by さな at 2015-09-29 22:29 x
先日はありがとうございました。
久しぶりの焚き火小屋での集い、楽しかったです(*^_^*)
料理もおいしかったぁ。
ミントのように、踏まれても摘まれても、火に炙られても(笑)強くたくましく生きたいものです。
Commented by veronica-t at 2015-09-30 19:02
*さなさん
こちらこそ、ご一緒出来て楽しかったです。
皆さんの笑顔を見ていると、勇気と希望が湧いてきます。
そして、この環境の素晴らしさも。。

春に、思いっきり泣いて(笑)思いっきり体重が減って(笑)、スッキリサッパリした気持ちで、前だけを向いて一歩ずつ地道に歩んでいます。
そう出来たのも、支えてくれる人たちや家族のお陰です。

ミントの集いの皆さんは、そう。。踏まれても摘まれても、火に炙られても(笑)、強く逞しく美しい。。
あの日、以前読んだ「日本の底辺」http://veronica3.exblog.jp/12626869/を、ふと思い出しました。
ベロニカの花も、ミントも、強くたくましく、そして美しい心で生きていけますように。。
頑張りましょ!
<< 秋空の下、プチトマト色づく | ページトップ | 泥付き人参、出荷しました。 >>