田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
farm風の谷の一歩
今のfarm風の谷での作業は、本業や他の畑の作業の合間に来ては、お隣さんの畑との境い目の草取りと、土づくりの草を集めて草を盛り、どこをどうするか考えながら畑を作り始めたところ。

b0169869_23094260.jpg


今日は、玉葱苗の苗床の場所を決めて、草を取り除き手で耕したり、土づくりの場所の草抜きしながら草を重ねていくという作業をしていく。

b0169869_23094210.jpg


広い畑は、今まで3軒の人がそれぞれ区間を決めて野菜を作っていたそうで、面白いことに生えている草も畑の場所によって微妙に違う。
土作りと手入れをしながら、この畑のことを知っていこうと思う。


farm風の谷に立ち、ここで初めて気付いたことは、畑の境界線と関わり。

b0169869_10383135.jpg


この畑には、お隣の畑の境界線に2本の柿の木が植わっている。
当初、この下にニュージーランド箱を置こうとも考えていたが、お隣の畑に葉や実が落ちては、発芽し始めた芽に葉が落ち蓋をしたり、作物の育ちに知らず知らず負担をかけているという。
実も、かなり多くが実る前に落ちている。
近付くと異臭も…

地主さんにとっては思い出の木とも聞いているが、隣の畑に枝が入らないようにして欲しいとの要望もあり、また邪魔になるなら切っても良いとも…。

b0169869_07085631.jpg


私の中で、木をどうするか決めたのは、木を横から見た痛々しい姿…
木のことがよく分からない私でも、このアンバランスな姿が不自然に思う。
畑側は鬱蒼と茂っているのに、地主さんの配慮なんだろう、もう片方は葉も枝も切られている。
いずれ、土の中で伸びている根も、何かしら問題になるだろう。

それぞれの気持ちを聞きながら、柿の木には可哀想だけれど、掘り起こすことにした。

farm風の谷。。
畑に立ち、ゆっくりと時間をかけて作っていこう。。
Top▲ by veronica-t | 2015-09-11 22:01 | farm風の谷 | Comments(0)
<< 草を集める=肥料を作る | ページトップ | 農園わきの畦道の手入れ >>