田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
草刈りの境界線
b0169869_0184516.jpg

今日初めて、畑と焚き火小屋まわりに続いて、
一人暮らしをされているお隣の畑の草を刈りました。

この場所は、しまね自然の学校の代表が、
ここまでなかなか手がまわらないだろうからと
いつも焚き火小屋まわりから続いて草刈りをされています。

子どものころから他所さんの畑に勝手に入るなと言われて
育ってきたので、最初に聞いたときはとても驚いたものでした。

それが、草を刈ってみて、代表の気持ちがよく伝わってきました。

ここら辺の畑は、高齢化と農業離れが進み作物が作れなくなり、
それでも荒地には出来ないからと、牧草地に変わり広がっています。
丁寧に耕された畑と牧草地との間のこの場所は、放っておくと、
しっかり根を張る草が、すぐに腰の高さまで伸びて、
いっぺんに手がつけれなくなっていきます。

刈れるものが刈る。
お隣との畑に草刈りの境界線は、いつしか私の中にも
なくなっていました。
Top▲ by veronica-t | 2015-05-24 23:56 | 畑に立ち思うこと | Comments(0)
<< 心地良い朝の風を感じながら | ページトップ | 草刈り機で草を刈る >>