田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
走る。
b0169869_2491493.jpg


「母さん、私を興譲館高校に行かせてくれてありがとう。
本当に母さんには感謝しています、ありがとう。
これからも応援よろしくお願いします!」

なんともったいない言葉だろう。
なんとありがたい言葉なんだろう。。


春に帰省した娘が、中三の終わりのころに行った部活と寮見学のとき、
当時のキャプテンから教わったという話をしてくれた。

まだいろいろな迷いがあった娘にキャプテンは
「この学校に来て一番感じたのは、親のありがたさ。
ほんと、親に感謝するようになると思うよ。」と、話してくれたという。

娘は、その言葉の深さを、
この一年で本当につよく感じたという。

親元を離れて、たくさんの人に支えてもらいながら
走ることだけではなく、いろいろなことを学んでいる娘。

その感謝の気持ちを走ることで伝えたいという。
そんな娘たちの姿に、親もどんなに支えてもらっていることだろう。

こちらこそありがとう。
いつでも、どんなときでも、母さんは応援しているよ。




・・・・・・・・・・・・・・
写真は、『興譲館高校陸上部OB会掲示板』よりお借りしました。
数多くある写真のなかで、とくに気に入っているものです。

なかなか現地まで行けない親にとって、
この掲示板は、親子の橋渡しのような存在です。
とんちゃんさん、いつもありがとうございます。。
Top▲ by veronica-t | 2013-07-24 05:20 | | Comments(10)
Commented by とんちゃん at 2013-07-24 10:29 x
そうなんですよ
いつでも、どんなときでも、母さんは応援しているよ。
いつでも、どんなときでもの言葉が力になるんですね。
もう一つあるとすれば、自分がダメだと思ったら止めていいよ帰っておいでのほうがいいね。頑張れガンバレより安心して思い切り挑戦できるからね。親としては、自分で決めたことでしょうと言いたくなるものですが、意外と頑張れるものですね。
Commented by とんちゃん at 2013-07-24 10:42 x
あ、そうだ写真は、どんどん保存しておいてくださいね。
突然にファイルを削除することあろので……。
8月には 8.17(土)~18(日) 67回中国5県対抗陸上選手権 浜山 興譲館選手が走るのかな? 行けたらいいな。
Commented by ゆいまま at 2013-07-24 16:37 x
『ありがとう』
この一言でまた私たちも頑張れる
あの子たちの笑顔でまた頑張れる
私も
『ありがとう』を大切にしたい
夏がやってきてまた彼女たちはたくましくなるんだろうなぁ
あの笑顔に会える日を楽しみにしています
(*^o^*)
Commented by veronica-t at 2013-07-25 08:59
◆とんちゃんさん
おはようございます。
そうですね。。
親だからこそ迎えてあげれるんですよね。

この前の大会は、仕事をすませて両日とも応援に出かけました。
お陰様で表彰台には立ちましたが、どちらとも自分では納得いくものでなかったらしく、「頑張っているのに・・なんで速く走れなんだろう・・」と、声を抑えて泣いてきました。
上には上がたくさんいる環境で、「もっと!」という気持ちで頑張っているのが分かるだけに、それでももっと頑張れとは言えないですね。
娘のなんで?という答えは、自分で見つけることしか出来ないことだと思うし、親はただ聞いてやることで支えていくしかないかなと思います。
とんちゃんさんのおっしゃるように、帰れるところがあるからと支えてやれるのも親だからできることですね。
8月の帰省に何を食べさせてやろうかなと、今からあの子の好きなものをいろいろと考えています。
Commented by veronica-t at 2013-07-25 09:10
◆とんちゃんさん
ありがとうございます。
はい、しっかりいただきます!
ほんと貴重なものです、ありがとうございます。

今度の大会は帰省最後の日、故郷の大地を思いっきり走る娘の姿を
見れると良いなと思っています。
Commented by veronica-t at 2013-07-25 09:20
◆ゆいままさん
こんにちは。。
ほんと素直だよね〜。
娘たちと同じころを思い出しても、あんなに素直じゃなかったし
親に「ありがとう」なんて言葉にして伝えたこともなかったなぁ。
そう思うと、親には悪いことをしたなと・・、そしてありがたいなと思います。

夏の帰省、いつものようにバタバタすると思いますが、
故郷で自分を待っていてくれる友達がいるってこと、
ほんと娘の気持ちの支えになってます。
ありがとう。。
Commented by nageire-fushe at 2013-07-27 10:25
ありがとう・・・いいですよね~~
皆がこんな気持ちなら幸せな世の中になりますよね。
ひたむきに走る姿・・崇高さをも感じますよ!!!
Commented by tomokeda at 2013-07-31 14:35
こんにちは。

そちら雨大丈夫ですか?
Commented by veronica-t at 2013-08-03 15:36
◆一茎草花さま
ありがとうございます。。
ほんと、この親にして勿体ないほど素直な子です。
ひたむきに走る娘らの姿。。ほんと美しいです。
その姿に励まされています。
ありがとうございます。
Commented by veronica-t at 2013-08-03 15:44
◆tomokedaさん
ありがとうございます!

島根でも西部のほうが大変でした。
こんなとき、島根は細長い県だなと思います。
連日、有線では大雨や洪水警報がながれ、
昔、この谷も土石流で多くの家や尊い命を失ったことがあるので
やはり怖かったですね。

コメント、ありがとうございます。

<< 友。 | ページトップ | おばあちゃんたちの「ベリーショート」 >>