田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
おばあちゃんたちの「ベリーショート」
おばあちゃんたちの「ベリーショート」で、心がけているのは
丸みのある優しいフォルムに仕上げること。

まだ美容室で働いてたころ、近くに住む おばあちゃんが
床屋で切ってもらってからというもの、じぃちゃんと間違われるようになったという。

床屋さんが悪いわけじゃないけれど、角刈りに近い おばあちゃんは
どこから見ても威勢の良いおじいちゃんに見える。

「私はね、女なんだよ。じぃちゃんじゃないんだよ。」

そう言いながら、今度切るときはここに来るから、
おばあちゃんに見えるようにして欲しいという。

おばあちゃんのベリーショートに、自分なりの拘りが出来たのは
このときからだった。

訪問美容師になり、あのときのあのおばあちゃんの言葉をよく思い出す。

いつだったか、いつも呼んでくださる おばあちゃんの表情から笑顔が消えていた。
認知が進み、言葉も表情も極端に減っていた。

そんなときは黙っていても 誰がみても おばあちゃんに見えるように
あの顔をクシャクシャにして笑っていた笑顔を思い出しながら、
よりいっそうチャーミングに仕上げていく。

カットが終わり、迎えに来てくれた職員さんが
「あら、なんだか可愛い!」と、言っていた。

この何だか分からないけれど、可愛いと感じてもらえる
こんなフォルムを大切にしたいと思う。
Top▲ by veronica-t | 2013-07-23 09:32 | 本業は訪問美容師 | Comments(2)
Commented by とんちゃん at 2013-07-23 11:51 x
なんでもできる、沙佳選手ママですね。バナナマンの日村さんのカットは違うのですか? 夏はショートに限りますね。
子どもたちに尊敬されているだろうし。きっと自慢の母だろうね。
おじいちゃんやおばあちゃんと暮らせる家族が日本には必要ですね。 月刊誌は書店で見れるのかな? 自分の小さい頃は、農協?家の光が我が屋にもあり父が見てたかな?今でもあるのかな?
Commented by veronica-t at 2013-07-24 01:57
◆とんちゃんさん
いつもありがとうございます。。

走ることはできません‥。
自分では走っているつもりでも、そうは見えず・・
歩いている人に追い越されています。(笑)

バナナマンの日村さんのカット。
実は、前髪をあのように切るのって難しく苦手です。(笑)
あの丸みのある綺麗なラインの似合う人も、そうそういないですよね。

我が家にも年寄りがいます。
それぞれ役目があるもんだなと、日々感じてます。
娘のあの性格も、我が家に年寄りがいてくれたからだと思います。

そうそう、我が家にも家の光がありましたよ。
母親が家計簿がついてくるからと、12月号は買っていました。(笑)
今でもあると思います。

現代農業が書店にもあるかどうか、定価のところには、本体価格と
一緒に送料が含まれているようです。
今度また聞いておきますね。ありがとうございます。

とんちゃんさんのあの写真を使わせてもらう記事、公開までもうしばらくです。
ほんと大切に書いてます。ありがとうございます。
<< 走る。 | ページトップ | 現代農業8月号に載りました。 >>