田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
ガトーショコラを焼きながら・・
昨日は、県の定住財団主催の田舎ツーリズムの研修会の依頼で、
「田舎の冬をお洒落にデザインする」というワークショップを開きました。

小さな焚き火小屋に15人の参加者と職員さん3人という
本当に賑やかなワークショップでした。

みなさんと「かまど」や「炉」、「ロケスト」の焔を使って調理してともに食して、
会の終わりは、ロケストで焼いたガトーショコラを食べながらの意見交換。

ケーキにナイフを入れられるころ、なんだかとてもホッとしました。。
b0169869_2523165.jpg



この1ヶ月の間、仕事とバイトの合間も何をどう伝えるかとか、
当日の流れやメニューを考えながら、焚き火小屋を片付けたり薪や食材を準備をしたり・・
久しぶりに頭とからだをフル回転させました。(笑)

前日の夜おそくになって、やっと全ての準備が整いました。(・・やっと。。やっとです。。)
目でみて形になってくると、伝えたいことも、当日の流れも頭の中で形になってるから
面白いものです。
やっぱり動くって大切なことですね。。(笑)

そして準備の終わりに、夜になってからロケストで「ガトーショコラ」を焼きました。
なんせ人数が多いので、当日焼くだけでは数が足りませんから・・。(笑)

夜の焚き火小屋は、昼間よりグッと気温が下がり、北風もお構いなしに通り抜けていきます。
ロケストの焚口のそばに小さな椅子を持ってきて、ケーキを焼く緩やかな焔で暖を取りながら
明日使う里芋の皮を剥いていると、寮暮らしの娘から電話が入ってきました。

明日のワークショップのこと、その準備でガトーショコラを焼きながら皮剥きしていると話すと
「良いな〜!ガトーショコラ!!」と歓声をあげながら、娘は冬の田舎への想いを話してくれました。

娘にとって田舎の冬は、とにかく暖かいそうです。
思い出すのは薪を焼べて入るお風呂と、その燠を入れた掘り炬燵。。
それはそれは暖かい暮らしなんだそうです。

こうして焼いているガトーショコラやパンなど、焚き火の焔を使った料理など・・
これがあるから田舎は暖かく、良いなぁと懐かしく思うのだそうです。
田舎を離れて暮らす娘の自慢のひとつにもなっているみたいです。。
みんなに自慢してるみたいです。。(笑)

娘との会話で、ここでの暮らしの良さは、こうして焔が身近にあること
それが出来る環境だということ、そして娘のようにそれが誇れるように
私たちが伝えていくことが大切なんだと思いました。


娘の田舎への想いを聞き、やる気も出て迎えた研修会。。
もうすでに活動されている参加者のみなさんに、私が伝えれることは何もなかったのかもれません・・。
ただ、焚き火小屋の焔のある環境と、今の暮らしに焔を取り入れることのできる道具の「ロケスト」を実際に使ってみられて、それぞれに気づき次に向かっていかれているような素敵な笑顔をされていました。

私自身も、ベロニカの会の活動で伝えれることを精一杯伝えていかなきゃと感じました。
春、あたたかくなるころ・・、ベロニカ(オオイヌノフグリ)の花の咲くころ活動開始!!です。。

そしてガトーショコラを焼きながら娘と約束した宿題にも挑戦です。。
ロケストとノブフェン窯で焼いた「タルト」が食べたいそうです。。
タルトかぁ〜〜。。(笑)
娘の春の帰省のときには、飛びっきり美味しいタルト作るぞ〜〜!
・・それにはまず美味しいタルトを食べてみなきゃ・・(笑)

Top▲ by veronica-t | 2013-02-24 02:53 | ベロニカの会 | Comments(6)
Commented by まこりん at 2013-02-25 09:44 x
taeさん、おはよーー!

そこでしか焼けない、食べれないガトーショコラの味。
あの日の焚き火小屋の匂いが想い起されます。

出雲もまだまだ雪国状態でしょう?
こちらも毎日雪!
まだまだ春は先だけど、ココロが温まります。


Commented by veronica-t at 2013-02-25 13:00
◆まこりんさん
こんにちは。。
ロケスト&ノブフェン窯があれば、このガトーショコラは
どこででも食べれますよ。。(笑)
去年、あるプログラムで子どもたちと山の天辺で、これを焼きました。
使った燃料は、子どもたちが集めた松ぼっくりや小枝。。
格別に美味しいかったのを覚えています。。

雪・・?
雪って・・ぐらい、今年は積もりません。
車を運転したり移動するのは都合が良いのですが・・
今朝も おばあさんが畑の土を心配していました。
土の中の虫も、きっと元気です・・。
今日も天気が良いです。春のように。。
大丈夫かな・・?
Commented by りす at 2013-03-07 09:37 x
おはようございます。
「ベロニカ」って「オオイヌノフグリ」のことなんですね。
私の実家の周りに一杯咲いています。
私の実家のあるところは、かなり田舎で、若い人が少なくって、将来どうなるのかという感じです。
実家には、姉が一人で暮らしています。(ちなみに50代)
ベロニカさんの周りは、いつも活気にあふれています。
もちろん、一生懸命努力されているからですよね。
実家のことを思うと寂しくなります。、なにか行動を起こさなくては
何も変わらないことはわかっているのですが・・・・
いつも素敵な暮らし、励まされます。

Commented by veronica-t at 2013-03-11 20:03
◆りすさん
こんばんは。
「ベロニカ」って、そうなんです。。
私は春の訪れを知らせてくれるこの草花が大好きで、
「ベロニカの会」も、この春の訪れを知らせてくれるイヌフグリのように、
この環境の今までを大切にしながらも新しい風も伝えていけたら・・・と
いう思いを込めて通称名にもしています。
私の暮らす田舎は、市の中心部からもそう離れていないのですが、
家族が増えても、不便だからと数キロ離れた市の中心部に移り住む
若い親世代が増えてて、子どもの数が激減しています。
ここ、良いところなんですけどね。。
その良さを伝えてきれていないんだと思います。
私も、そうでしたから。。(苦笑)
りすさん、いつもありがとうございます。。
コメント嬉しいです。。励まされてます!

Commented by jenajena at 2013-03-16 17:11
はじめまして~。jenaと申します。
窯とスローライフに惹かれてやってきました(^^)
我が家も薪ストーブと庭には石窯を作り、スローライフを楽しんでおります。
ウチの子の同じ年頃の息子さんもいらっしゃるようで、興味津々です。
とてもステキなブログでしたので、リンクを頂きました。
事後報告ですみません(^^;
どうぞこれからもヨロシクお願い致します♪
Commented by veronica-t at 2013-04-10 23:02
◆jenaさん
はじめまして。。コメントありがとうございます。
返事が遅くなって、すみません。

jenaさんちには薪ストーブに石窯まであるんですね〜。。
焔のある暮らしができるって、ほんと幸せだなと思います。
暮らしの中に焔があることが、子どもの育ちにも大きく関わってくるように
思います。

リンクしてくださってありがとうございます。。
嬉しいです!!
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。。
<< 日本の農業を支える底辺に。。 | ページトップ | 山食パン >>