田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
かまどで、チキンストック作り
b0169869_14521086.jpg

1羽分の鶏ガラをいただいたので、仕事の合間にチキンストック作り。
「かまど」を使って、寒いこの季節だから出来る三日がかりの作業。


- 1日目 -

鶏ガラは、大まかに切って丁寧に洗い、
1升釜に水と一緒に入れて煮込む。

沸騰してきたら、そのまま湯はかえずにアクだけを取り除く。
そこに、畑から収穫した青葱、ニンニク、生姜、人参を入れて煮込む。

沸騰したら、丁寧にアクと油を取り除き、
薪を焼べて、さらにゆっくりと煮込んでいく。

あとは薪が燃え尽きるまで、そのままコトコト煮込むだけ。。
さ〜て、かまどの焔に任せて仕事とバイトに行ってきます!。。


- 2日目 -


翌朝は霜がおりて、とても肌寒かった。
はがまの蓋を開けたら、鶏ガラから出た余分な油が固まっていて取りやすい。

それを丁寧に取り除き、ふたたび「かまど」に薪を焼べて、
ゆっくりコトコト、弱火で煮込む。

途中、美味しそうな香りに誘われて、「かまど」の横にロケストを持ってきて、
じっくり煮込んだスープを使ってご飯作り。

お昼は、スープの中に水菜、キャベツ、餃子をたっぷり入れた野菜鍋。。
夜は、こんがり焼き色をつけた南瓜とチキンを添えてスパイシーなカレー。。

お腹に入るのと煮込むのとで、かさが減り丁度良い感じ。。
今夜もバイト・・、このまま焔に任せて行ってきます!。。

                                  朝、蓋を開けたときの写真。。
b0169869_14524689.jpg
   


- 3日目 -


今朝も浮いた油を取り除く。
そして鶏ガラと野菜を取り出して、もう一度薪を焼べて火にかける。

取り出した鶏ガラから、食べれそうなところを丁寧に皿に移す。
こんなにも1羽の鶏を大切にいただいたのは子どものころだから、もう何十年ぶりだろう。。

冷めたチキンストックを小袋に分けると4袋。
これを凍らして、少しずつ使っていこう。。

美味しい鶏ガラをありがとう。。

b0169869_14531128.jpg

Top▲ by veronica-t | 2012-12-04 01:42 | 焔のある暮らし | Comments(0)
<< 感謝しながら。。 | ページトップ | 少年 >>