田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
ぬくもり。。
大好きな母さんへ。。
僕は、ぐるぐるパンを焼いてプレゼントするんだ。
b0169869_1361686.jpg


生地を伸ばして、棒に巻きつけて
b0169869_13373491.jpg


母さん!
今、母さんのを焼いてるよ!
b0169869_13375846.jpg


こうしてジ〜ッと待つんだ。。
b0169869_13382296.jpg


でもね・・なかなか焼けないんだ・・
まだかな・・疲れたなぁ
b0169869_13433973.jpg


そしたら、母さんが「一緒に焼こう!」って来てくれた
b0169869_13384335.jpg


母さんと一緒だと、やっぱり良いな。。
b0169869_1339084.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子どもとキャンプをするとき、軽自動車だから乗せる量が限られたというのもあるけれど、
私は本当に必要なものだけ持って出かけた。

親子で寝れるだけの小さなテントと銀マットと、小さなタープと寝袋。
テーブルも家にあった小さなものと椅子とシート。
そしてこのときにと購入したダッチオーブンとコンボクッカーと
わずかな調理道具と、それぞれの器と水。
あとは、おばあさんの野菜に、薪を焼べる道具。

薪は家から持って行くけれど、現地で子どもらが拾って集めてくれる。

親子が二日間過ごすに必要なものは、これだけ。。
わずかこれだけで十分過ごせた。

オートキャンプ場といっても、バンガローもない山の奥だったからか
他にキャンプをしている家族は多くて4・5組、少ないときは我が家だけだった。

まわりに遊ぶ施設もないから、子どもたちは普段のように野遊びしながら、
とにかくご飯を作って食べるの繰り返しだった。

でも、この時間が一番楽しかった。。

夜、手をのばせば届きそうな星空を見つめて、
子どもらの無邪気な声だけが山に響く。
暖かな焔に照らされた笑顔を、穏やかな気持ちで、いつまでも眺められる。
母親にとって、ものが溢れていない環境は、こんなにも素直な気持ちで
子どもに向き合えるんだと思えた。
そして、この時間のこのぬくもりは、とても心地良く、あたたかい。。

そんな私のおすすめは、焚き火小屋での親子の時間です。
どうぞ、この心地良くあたたかな時間をお過ごしくださいませ。。



Top▲ by veronica-t | 2012-11-10 22:56 | workshop | Comments(2)
Commented by sou-shin-mama at 2012-11-24 17:10 x
先日は素敵な時間を有難うございました。
焚き火小屋での出来事、幸せな時間でした。
子供達、こんな綺麗な眼差しで私を見つめてくれてたのですね。

私は今までどれだけこの眼差しに気付けてあげてたのだろう・・・
焚き火小屋の時間は、
色々なことをシンプルに、素直に考える事ができ、
子供との向き合い方、見方。。。
色々な気持ちが鮮明に見えてきました。

今しかない時期を大切に、子供に寄り添って、過ごしていけたらと思っています。


あたたかな時間ありがとうございました!
Commented by veronica-t at 2013-02-25 11:47
◆sou-shin-mama さん
ご無沙汰しています。。
こちらこそ、素敵な貴重な時間をありがとうございました。
そうなんです。。普段の暮らしでは気づけないけれど
子どもたちって、こんなにも素直な気持ちで母親を見てくれています。
ふたりとも、sou-shin-mama さんを見る眼差しは、本当に愛おしく
純粋なものでした。
素敵で格好良く、そしてとっても可愛い。。
この笑顔。。最高です!!
また、ぜひ遊びにいらしてくださいね。。
少し大人になった彼らに、またぜひ会いたいです。。
<< 僕らの小さな、そして大きな冒険... | ページトップ | 秋の焚き火小屋にて。。 201... >>