田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
今日だけは 「さくら美容室」
私は店を構えていない。
その日の訪問先での畳二畳ほどのスペースが、
おひとりさま限定のお店になる。

屋号も「訪問美容師」。
美容室ではない。

ある日、いつも通される施設の、普段使われていない部屋に
車椅子のおばあちゃんが、職員さんに連れられて入ってこられた。

いつものように部屋の真ん中の大テーブルに小さな鏡を置き、
締め切ったままのカーテンを勢いよく開けると、

パーっと春の日差しと一緒に
窓の外に咲く 満開の桜が眩しいほどに目に映った。

「ひゃぁ〜、綺麗だなぁ」
「こぎゃん見事な桜は初めてだわ。」

「ここは、さくら美容室だね。」



私は店を持っていない。

店を持たずに、車に道具を積んで、訪問先で髪のお手入れをする。
訪問美容師を始めて、今まで一度も店を持ちたいと思ったことはない。

それは、きっと、この日のように
そのときに、お客様の目に映る風景や、聞こえる音、昔の思い出で
その方なりの名前があれば、それで良いと思っている。


そして、今日だけは「さくら美容室」と、名がついた。

「ようこそ、さくら美容室へ。。」
Top▲ by veronica-t | 2012-04-19 16:23 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
<< こんな暮らしも良いもんだ。 | ページトップ | パン窯の中の湿度と、パンの表面 >>