田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
「まごのて救援隊」 *にこちょき*
b0169869_84852.jpg
私の本業は「いつでも どこへでも おひとりさまから」がモットーの訪問美容師。
お客様のほとんどが、美容室に行くことが困難なお年寄り。

先日、被災地でボランティア活動をしている友人のブログから、「まごのて救援隊」のことを知った。
職種もその重さも違うけど、なんだかしているその先に、同じようにお年寄りの安堵した笑顔が見えた。

何かできることはないのかな・・?
そして思いたったのが、お客様からいただいた料金の中からのわずかばかりの貯金。
「なかなか貯まんないぞ〜」というと、車の助手席に座ってた娘がこう言った。

「母さん、100円だって、それがなきゃ出来ないことだってあるし
100円あるから出来ることは沢山ある。」
そう言いながら、貯金箱の蓋に‘にこマーク’を書いてくれた。

*にこちょき*
笑顔も一緒に貯金しよう!






  * まごのて救援隊 活動の記録  MAGONOTE Medical support team *

「まごのて救援隊」は、平成23年3月11日におきた東日本大震災に遭い、一個人でなにかできることは ないんだろうか?と思い立ったことから、スタートしました。
震災翌日、 医師・山王直子と、石井肇の二人で、車に積めるだけの水や食料などを詰めてとにかく被災地に向かったのですが、特に交通の遮断された 地域や小規模の避難所・個人宅で避難される方々など 大きな支援団体や、国・自治体などでフォローできない方々が多くいらっしゃるという現状を目の当たりにしました。
私たちは、小規模ならではの小回りのきいた ”かゆいところに手が届く” 現地での支援を末永く続けてまいりたいと思います。
皆様の温かいご支援・ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。     
       
       平成23年3月25日      まごのて救援隊  山王 直子 / 石井 肇

b0169869_9274461.jpg

   「まごのて救援隊」の活動記録はこちらから →活動の記録
Top▲ by veronica-t | 2011-04-10 09:40 | | Comments(2)
Commented by hee3hee3 at 2011-04-11 11:23
ありがとう!!
かわいい貯金箱。わたしも入れたいっっ。
Commented by veronica-t at 2011-04-11 22:12
◆ひぃさん
にこマークがついたら、とたんにかわいい貯金箱になりましたよ。(笑)
娘も「私もそっと入れとく。。」と、言ってました。ほんとかなぁ(笑)
チャリ〜ン
ひぃさんの優しい真心、しっかり‘にこちょき’に入りました。
<< 「キッチンストーブ」から「うち... | ページトップ | 日々の暮らし >>