田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
石ころを拾いに・・
b0169869_2205118.jpg

冬の寒さが和らいだ今日、谷の雪が一斉にとけ始めました。

あたたかくなると、いろいろなことが動き始めるようで、
嬉しいことに本業の仕事も少しずつ入ってきました。

午前中にその仕事を終えて、
午後からは、バラスの代わりになりそうな石ころ集めに
ひとり山に出掛けることにしました。


b0169869_2251779.jpg
いつも谷の雪かきをしてくださるご近所さんが、
ちょうど一輪車が通れるくらい、山に入る小路もしてくださってました。

雪が残っているのは、ここだけ・・
あとは鬱蒼と茂った木々で、思ったほど雪が残っていません。
これなら石ころの転がっているところまで、この一輪車で入っていけそうです。

ところが・・

一輪車で入って行けたのは、ほんの山への入り口のところまで・・
その奥は、雪で倒れた木々や、斜面から崩れた石ころがたくさんあって行けません。
仕方がないので、石ころを運ぶバケツを持って、奥へと入って行くことにしました。


b0169869_2213937.jpg
山道の所々に、斜面から崩れた石ころが転がっています。
今日は、ここからバラスサイズの石ころを、集めることにしました。

b0169869_222033.jpg
バケツ一杯・・
今日はこのくらいで・・(笑)

抱えて歩くのが辛くならない量を少しずつ・・
春、獣たちが動き出す前に、
出来るときに、出きるほどを、少しずつ。

途中、転がっている石ころを拾い集めながら、
焚きつけに使う、杉の葉も拾って・・

今日の収穫は、これ・・
b0169869_2222724.jpg

この先の道は、雪や小枝があるので、
この量が、一輪車を押して帰れるほどほどの量でした。


b0169869_2232447.jpg
石ころを下ろして、家の前の谷川で道具を洗います。

この川の水は、真夏の水不足のころにも途絶えたことはありません。
野良仕事で使った道具を洗ったり、野菜の泥を落としたり・・、
これからの作業も、この谷川かあるから出来ることもたくさんあります。


少しずつ、自分のペースでゆっくりと、頑張っていきましょ。。


・・焦らず休まず。悠々として急げ・・

Top▲ by veronica-t | 2011-02-04 16:36 | 焔のある暮らし | Comments(9)
Commented at 2011-02-05 12:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nob at 2011-02-05 14:45 x
いいのが落ちてるんですねぇ、こりゃいいわ。
ある程度地盤を掘ってコレを入れて、あとは砂で水締めしてやれば相当いい基礎ができるでしょう。

あと農家の人には余計な心配でしょうけど足場が悪い場所でネコ押すのは意外と腰にくるんで気をつけて(笑

Festina lente、悠々として急げ、うん、これまさに農家の人たちのためにあるような言葉だな(笑
Commented by nageire-fushe at 2011-02-05 21:51
雪の下萌え、美しいですね~~~
緑を見るとほっとします。
杉の落ち葉もまた美しいものですよね。
そして自然とは色々と恵みを与えてくれる
ものですね。ありがたいものです。
Commented by veronica-t at 2011-02-06 08:24
◆鍵コメさま
頑張るしかない人生だったから、今の鍵コメさまがいらっしゃって、
そんな鍵コメさまだから、信頼され、たくさんの方が尋ねていらっしゃるのでは・・。

鍵コメさま・・
なぜ人は、絵や写真の中の綺麗な花の魅力には、とても敏感で、
遠くから眺めたときの、写し出された花の一面だけを見て「綺麗だ・・」と、
その絵や写真に向かって、何度も美しい言葉で語りかけるのでしょうか・・?
私は、本当にその人の心をあたたかく心豊かにするのは、絵の中の遠くの花ではなく、
いつ、どんなときも、その人の足元に咲く、小さくても奥底に秘めた強さを持つ、
可憐な草花だと思うのです・・。
鍵コメさま・・よく足元をご覧ください。。
鍵コメさまの足元で、最初つぼみだった草花が、長いこと時間をかけて
ゆっくり綺麗な花を咲かせてはいませんか・・?
ついこの間、鍵コメさまの足元の可憐な草花に気付きました・・。

はい、ありがとうございます。
気にかけてもらえたこと、とてもとても、嬉しいです。 ありがとう・・
Commented by veronica-t at 2011-02-06 10:00
◆nobさん
そうなんです、いいものが落ちてるんですよ〜(笑)
ただ、本当は喜んでばかりはいられませんけど・・
このくらい石が転がり落ちるってことは、山がどんどん崩れているってことですよね・・。
木も、あちらこちらで根こそぎ倒れていたり、倒れかかった木と木が交差していたり、
道具を使えない私は、ただその荒れていくさまを見ているばかりです。
子どものころの、あの棚田が広がり、人の手が加わり手入れされていた風景を覚えているから、何もできない自分が情けないなぁと思います。

>・・相当いい基礎ができるでしょう。
はい、やってみます!

足場の悪いところでのネコ押し、この前(http://veronica3.exblog.jp/13159265/)こたえました・・(苦笑)
結構、腰にくるもんですね。
いや、辛かった・・。
気をつけます、ありがとうございます。。

・・焦らず休まず。悠々として急げ・・
私も、お百姓さんの暮らしを思い浮かべました。
良い言葉ですよね。。
おっちょこちょいで、何事も焦って急いでしまう私に、ぴったりの言葉です。
焦らず・・悠々と・・
この言葉で、背をのばし、遠くも見つめて、大きく深呼吸することができます。
Commented by veronica-t at 2011-02-06 11:26
◆一茎草花さま
雪の下の緑は、山の小路にぎっしり生えた草の色です。
普段は、ほとんど人の通らない小路・・
雪かきをしてくださったご近所さんが、いつも丁寧に草を刈ってくださるので、
背の低い草がぎっしりと生え、その小路の地盤も緩むこともありません。
とても綺麗な小路です。
ここを通るたびに、ご近所さんに感謝しています。

本当に、山にあるものすべてが綺麗で、自然の恵みに感謝です。
少しずつ、ひとり山に入るのも慣れてきました(笑)
でも、春を迎えるこれからは、いろいろなことにちょっと用心して入らねば・・です。。
Commented by nob at 2011-02-06 14:21 x
自分が育った山里が廃れる・・うーむ、そもそも里山ってものが無い土地に育ったワタシには山に倒木があったり雨で山が流れてガレ沢になってるのは当たり前、って感じがあるもんで・・
すいません、よくわかりません。でもtaeさんがそこを愛してるのはよくわかります。
まぁとりあえずそれも山の恵みのひとつと思ってありがたく使わせてもらっていればいいんじゃないでしょうかね。

石運びの記事読みましたけど・・無茶しよるわ。しかも山道下るのに浅ネコに山盛りて・・これでもうtaeさん=怪力、とインプット完了です(笑

ちなみにネコの大きさは「才」って単位でいいます。taeさんの使ってるのは2才の浅ネコ、なんかかわいいでしょ(笑)
別に年齢のことじゃなくて才というのは1尺立方の体積のことです。だから2才のネコはだいたい40リットルのものが載りますよ、ということ。
お道具豆知識でした。
Commented by veronica-t at 2011-02-06 16:34
◆nobさん
ただいま! って・・
もうそろそろ確定申告が始まるんだけど・・Linuxの解凍の仕方が分からず、
その作業もはかどらず、気分転換に山に行ってきました!(笑)

そうですよね・・、きっと私の中の山っていうのが、幼いころの綺麗に手入れされた山なんですよね。
倒れた木々に、1枚めの写真のようにツルが巻きついていると、それはそれで良いのかなとも思うけど・・(苦笑)
はい、ありがたく今日もいただいて帰りました!(笑)

続きます。。
Commented by veronica-t at 2011-02-06 16:34
>怪力、とインプット完了です(笑
何をおっしゃいますやら・・ハサミより重たいものなんて・・(苦笑)
あぁ、焚き火小屋の作業をしながら、ずいぶんたくましくなったんですよ、きっと。(笑)
あの焚き火小屋にある黒い古瓦をもらいに行ったときなんて、一度に6枚をヒョイッと持ち上げて運ぶものですから、瓦屋のおじいさん「あんた、まぁ〜凄いわ!でも無理するじゃないよ。後でくるよ・・」って、すごく驚かれたんです。
何でかな〜って思ったら、1枚1kgもあるじゃないですか?!
ってことは、6kgを軽々しく持ち抱えて、車まで何往復もしたってこと?!
「後でくるよ・・」の言葉通り、その次の日から、肩から腕にかけて、もぎ取られるくらいの筋肉痛で痛かったです。
それからは、かわいく1枚ずつ運んでます。。(笑)

40リットル・・、今日は、この前よりちょっと多め&大きい石を持ち帰りました。
そうか〜、私もだけど道具にも限界ってもんがあるんだった・・(汗)
nobさん、ありがとうございます。
<< 野良仕事これから・・ | ページトップ | 母の音 >>