田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
過ぎゆく年に感謝して・・
毎年大晦日に、家の裏山とは違う谷へ入ります。
b0169869_112036.jpg

この山の少し入ったところに、家のお墓があり、
今年も何事もなく無事に過ごせたことへの感謝の気持ちを込めて、
過ぎ行く年の最後に掃除をします。

子どものころ、この先の洞窟に、兄と二人で探検したことがあります。
裏山とは違う風がこの谷には吹いていて、不思議な面白いところもたくさんありました。
山は身近な遊び場で、毎日遊んでいても飽きることはありませんでした。

b0169869_1122287.jpg
杉と竹で覆われているこの坂には、特別な思い出があります。
もともと急な斜面だったこの坂を、
祖父が、毎日お弁当を持って出かけて行き、ひとりで階段を作ったのです。

明治生まれの祖父は、幼い私には近寄りがたい存在でした。
ある日、祖父がいるからと、この山にひとりで遊びに入ったときのことです。
ちょうど斜面に座り休憩をしていた祖父が、山を駆け登ってくる私の姿に気づき
「おおー、来たかー」と、にっこり微笑んでくれました。

そして祖父は、今までの作業の様子や、これからどうするかを、
幼い私に丁寧に詳しく話してくれました。
口数が少ない祖父が、小さな私にきちんと話してくれたこと、
邪魔にせず喜んで迎えてくれたことが、本当に嬉しかった。。
今でも、その日のことをはっきりと覚えています。

あれから数十年、階段は雨風で崩れていきました。
今では、山の木々の根っこが、祖父が作った階段の形にのびて、
その役割をしてくれています。

今でも、あの日聞いた、祖父の山への思いを忘れることができなくて、
いつもこの斜面も掃除し、あのころの階段の姿を残すようにしています。


b0169869_1123753.jpg
掃除が終わり山を下りるころには、
朝から降り出した雪が積もって、辺り一面真っ白です。

この山には、途中、椎茸栽培をされている斜面があります。
とても綺麗に手入れされていて、ここまで下りてくるとホッとします。



・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も、たくさんの方と出会えて、
ブログを通して知り合うことができたこと、
そして、いろいろなことも教えていただいた一年でした。
ありがとうございます。。

来年も、みなさまにとって・・
我が家にとっても・・
良い年になりますように。。

どうぞ、良い年をお迎えください。。
Top▲ by veronica-t | 2010-12-31 12:17 | 里山 | Comments(2)
Commented by duchessesmam at 2010-12-31 18:15 x
本当に、心がきゅんと熱くなるメッセージですね。
おじいさんは、きっとずっとベロニカさんのことを見守って下さってますよね。
なくなってしまった方が残されたものには、不思議な力がある気がします。崩れかけても、ちゃんと自然がそれを守ってくれますものね。
来年も、素敵なブログを楽しみにしています。
嬉しい出会いに感謝します。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいね。
Commented by veronica-t at 2011-01-01 03:34
*duchessesmamさん
あけましておめでとうございます。
出雲は、久しぶりに大雪です。
年明け早々、車で出かけたんですけど、あたり一面真っ白。
どこが道で、どこが畑?っていう感じです。(笑)

祖父との話に、きゅんと熱くなってくださってありがとうございます。
祖父を思い出そうとすると、山に関わったことばかりなんですよ。(笑)
この雪がふる冬の間に、山の頂上付近にある「原野」になっているところに登って確かめないといけないことがあるんですけど・・
私の記憶は、山の窪みみたいなところで、炭焼き小屋があったくらいで、どの辺りか検討がつかないんです。
子どものころは、山道を登っていくとそこに辿り着けたので、道を覚えてません。(苦笑)
祖父の見守ってくれてる今のうちに行かなきゃ!!(笑)
そこにも何か自然が守ってくれているものがあるかも。。

duchessesmamさん、こちらこそありがとうございます。
またいつか京都にもお邪魔できたら良いな〜。
親戚はあるんですけど、他にも尋ねたいところができたようで嬉しいです。
そのときは、美味しいパンを食べさせてくださいね。。
今年もよろしくお願いします。

<< 明けましておめでとうございます。 | ページトップ | 冬野菜で賑わう畑 >>