田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
ほぐす
年末に入って、新規のお客様を紹介していただくことが多くなりました。
そのお客様の中に、寝たきりになって美容室に行けず、
髪を切られなくなった おばあちゃんがいらっしゃいました。

その長くなった髪は、頭を動かされるたびに顔にかかり、
両手がご不自由なので、それを払うこともできず・・
枕があたる後ろ髪は、‘石ころ’のように固く絡み合っていて
その髪に触られるだけで、とても痛いそうです。

在宅介護でシャンプーをされいても、時間が決まっているので、
髪をほぐすことは出来ず、ただ‘石ころ’の上から撫でるだけ・・。

思いあまって家族さんが、'絡み合った髪がなくなる、
地肌から1cmのところで切ろうとされたそうです。
でも、おばあちゃんが嫌がられて、そのままにされていました。


初めてお会いしたおばあちゃんの表情は、暗くほとんど無表情です。

長時間になるので、いつものように、ベットに横になったままの
楽な姿勢でお手入れをさせてもらうことにしました。

絡み合って固くなったところに、そっと櫛を入れて、手でほぐしながら、カットするのですが、
長いことそのままになった髪は、なかなかほぐれてくれません。

次第に髪がほぐれてくると、おばあちゃんの表情も和らいで明るくなってきました。


髪をとかしながらのカットは、1時間。

ずっと同じ姿勢でのカットで、とっても腰が痛かったけれど・・
しばらく腰が伸びず、おかしな恰好でしか歩けなかったけれど・・

嬉しそうな おばあちゃんの笑顔に会えて良かった。。


この年末、もっと訪問美容師の存在を知ってもらおうと、
久しぶりに、手作りのチラシを配りながらお伺いしています。

これからも、たくさんの笑顔に会えますように。。
Top▲ by veronica-t | 2010-12-23 02:27 | 本業は訪問美容師 | Comments(4)
Commented by nageire-fushe at 2010-12-23 13:38
おばささん。やはり髪は女性としてのステータスなのでしょうね。
まえに美容室で、おばあさんの襟足をまさに切ろうとした時に、技術者に言っていたことがあります。「おくれ毛」は切らないでくださいね。やはりこだわりがあるものなのですよね。
Commented by たかっち。 at 2010-12-24 00:40 x
とびっきりの笑顔は、
どんな湿布薬よりも効き目がありますよね~~!

一人でも多くの笑顔に出会えますよう。。。
Commented by veronica-t at 2010-12-24 09:52
一茎草花さま
そうですね〜
髪って、やはり男女問わず大切なものだと思うんです。
ただ同じなんだけれど、女性にとっては得に自分らしさを表現できるところだと思うんです。
例えば、気持ちを切り替えて、新しい自分をアピールするときなんて、まわりの人が驚くほどイメチェンしたりして(笑)
そうそう、お客様によっては本当に拘りを持っていらっしゃってて、こちらからすると「ちょ、ちょっと・・」と思っても、「こうじゃなきゃ、私じゃない」みたいに言われる方もいらっしゃいます。
私は、自分の髪は自分でカットしているので、その拘りは良くわかります。。(笑)

その拘りを、本当はずっと持ち続けてほしいなと思います。
認知がすすまれて、「今日は、すごく短くしてください・・だそうです。」と、言われると、本当に複雑な想いがします。
ただ、同じショートでも、可愛らしく、どこかに優しいさを表現するように心がけています。
いつまでも、女性は女性なのだから。。
Commented by veronica-t at 2010-12-24 10:02
たかっち。さん
以前、たかっち。さんのブログの「10年ぶり・・・」を読んだとき、涙が止まらなかった。
病気になられて10年、それだけでも辛いのに、その間カットもされず櫛も入れられず・・
からんで‘岩’のようになった髪を、時間をかけて丁寧にほぐしカットする。
どんなにシャンプーをされていても、地肌には届かないんですよね。
10年ぶりにカットをされて、10年ぶりのシャンプー・・
もう言葉がありませんでした。
華やかな美容の仕事とは違う、こうした当たり前のことを当たり前にする・・
これも美容師の仕事だと思います。

ほんと、どんな湿布薬より、効きましたよーー(笑)
ありがとうございます。
<< 煉瓦が家にやって来た | ページトップ | 焔のある時間 >>