田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
焔のある時間
先日の日曜日、今年最後のワークショップをしました。
この日も、親子で「リース作り」をしていただきました。

b0169869_2362777.jpg
お母さんと一緒のリース作りは、とても嬉しそう。
女の子の笑顔が、とっても素敵で印象的でした。



b0169869_2364868.jpg
お母さんと女の子、それぞれ我が家のとプレゼント用と、二つのリース作りです。
女の子は園児さんですが、とても真剣な眼差しで、最後までひとりで作りました。



b0169869_2371232.jpg
「これ!」と、姉弟で差し出す木の実は違っても
お母さんは上手い具合につけてくれます。



親子で過ごす心地良い豊かな時間・・
この時間を、記憶の片隅にでも覚えていてくれたら良いな。。





そして、
親子でリースを作られる間に・・
b0169869_2373479.jpg
「鉄のパン焼き窯」では、
ガトーショコラが膨らんでいます。

b0169869_2375474.jpg
北風のあたるところで、ゆっくり冷まして、
カットしたらお皿に並べます。
庭に生えているミントを添えて・・美味しそうです。


b0169869_2381643.jpg
かまどの蒸篭の中には、
畑から収穫した野菜が、熱々に・・

b0169869_2383867.jpg
チーズをたっぷりつけて食べる
チーズフォンデュになりました。


「焔のある暮らし」だからといって、昔の暮らしに戻らなくても・・
かまどや炉、昔の道具を使って、
今の私たちの暮らしに、デザインしなおせば良いと思います。
何もかしこまったことをしなくても、
いつもの暮らしの時間に、ちょっとだけ「焔のある暮らし」をプラスすれば、
それまで見えなかった大切なものが、見えてくるかもしれませんね。

冬の合間の晴れた日・・焚き火小屋からは楽しい笑い声が聞こえていました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年も、ベロニカの会のワークショップに訪れてくださって、ありがとうございました。

ワークショップを通して、人の暮らしにとって大切なものや
「焔のある時間」の心地良さを、みなさまと分かち合えたこの一年、
とても楽しく、そしていろいろなことを教えていただきました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

来年の「大切な1組のワークショップ」は、3月からです。
ご予約は、2月からお承けいたします。



Top▲ by veronica-t | 2010-12-14 03:12 | workshop | Comments(6)
Commented by duchessesmam at 2010-12-14 07:25 x
duchessesmam、おいしいもんずきです…
ガトーショコラも焼けちゃうんですね~(^ ^)
温度設定にうるさいお菓子なのに、ものすごくきれいに焼けていますね~(>_<)
11月に伺ってからはや一ヶ月がたちました。
師走に入り、京都の台所もせわしくなりそうです。
Commented by veronica-t at 2010-12-14 08:51
*おいしいもんずきさん・・
いえいえduchessesmamさん、おはようございます。
この前のコメントに、「パンを焼かれるんですね」なんて書いてしまいましたよ〜
毎朝ご家族のためにと、パン屋さんに並ぶような美味しそうなパンを焼かれている、
おいしいもんずきさんとは知らずに・・ごめんなさい。(ペコッ)
焚き火で焼けるケーキで、人様にお出しできるのが、このガトーショコラとチーズケーキです。
ガトーショコラは自信作で、美味しいですよ。。ほんと。。(笑)

いらっしゃってから、もう一ヶ月ですか〜
早いものですね。
京都の師走、とても丁寧な時間が過ぎているんでしょうね〜。
こちらは、だんだんお正月という気持ちも薄らいでいます。
昨日、本業でお伺いした施設で、「今日からお正月に向けての事始め」と聞きました。
duchessesmamさん、また京都の暮らし教えてくださいね。
楽しみにしていま〜す。。

Commented by まこりん at 2010-12-14 10:18 x
ああ、かまどや炉の煙も、食べ物の匂いも、子どもたちの声も、
ものを作る音まで、聞こえてくる・・・
まるで焚き火小屋で一緒にいるような、
ほのぼのあったかさが伝わってきます。

パンを焼き、お菓子を作る、素材を活かしたシンプル料理、
焔があり、暮らしの用具も自分で作る、手の届くところにある宝物に気付いたtaeさんたちのワークショップ。

出会えたことに感謝です。ありがとう!



Commented by veronica-t at 2010-12-15 01:53
*まこりんさん
伝わりましたか〜?
ほんと、ほのぼのとした心地良い時間でしたよ。
最近、こうした親子のかたが訪れてくださることが多いんですよ。
いろんな施設や催し物があったりするけど、本当はこうした環境を求めている若いお母さんって、たくさんいらっしゃいます。
子どもを想う母の気持ちは、そうそう昔と変わらないと思うし、親子で過ごすには、ゆったりとした環境と時間が大切だと思います。

我が子の子育てに、こうした環境って大切で必要だと、子どもが幼いころからずっと思ってきました。
でもね〜、この田舎でもそんなところ無かったんですよね。
田舎だから、余計になかったのかもしれませんね。

今年のベロニカのワークショップは、本当にたくさんの方と出会いました。
まこりんさんのように、遠くから訪れてくださる方も。。
少しずつ、その輪が広がっているようで、本当に嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございます!
Commented by nageire-fushe at 2010-12-18 09:48
良き風景ですね~~~
かまどや炉のある環境で、
楽しい会話が聞こえてくるようです。
親子でリースを作り。クリスマスを迎える。
平和で美しいです。
ガトーショコラまで焼けるのですね。
チーズフォンデュ・・・・美味しそうです。
Commented by veronica-t at 2010-12-20 02:14
*一茎草花さま
ベロニカの会の活動を通して、「お母さん」である前に「ひとりの人」ということを大切にしてきました。
そして私たちの暮らしで失われていく「焔」のある時間や風景、環境がどんなに大切だったのか気づき、その時間の心地良さを伝えたいと思ってきました。
そしたら、一番こうしたことが大切なんだと気づき反応してくださったのが、子育てをするお母さんたちだったんです。
たくさんの方と、その心地良い時間を共有させていただいてたら、私はこの環境を、自分の子育てにも求めていたんだと思いました。
こうした環境を女性から遠ざけたのは、いったい何なのでしょうね。

調理をする焚き火の焔で作れないものは、もしかしたらないのかも・・(笑)
ガトーショコラもチーズフォンデュ、どちらも美味しいですよ。。
<< ほぐす | ページトップ | 冬の焚き火小屋で、もの作り >>