田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
母と子 - 焚き火小屋に降りそそぐ光とともに -
b0169869_8582596.jpg


穏やかなで風のない日に、調理のための薪を焼べると、
燃えはじめの煙が、あたり一面広がる。

その煙は、薪の合間から降りそそぐ日の光を
とても幻想的に映し出す。


b0169869_8584651.jpg


降りそそぐ日の光は、
焚き火小屋の中を、時とともに流れていく。

それは、まるで時間時計のように・・


b0169869_8592321.jpg


そして、焚き火小屋を訪れてくださるひとを、
その時間の主人公にしてくれる。


この日、ここを訪れてくださったのは、
親子で感じた心地良い焚き火小屋での想い出を
今、しっかりと感じて欲しいと願われた母と子・・。

焚き火小屋に降りそそぐ日の光は
その親子を、優しく、そして眩しく照らしてくれた。



・・・・・・・・・・・・・・

ベロニカの会を始めて、もうじき6年目。
これまで、いろいろな表情の焚き火小屋を見てきました。

そして、焚き火小屋に降りそそぐ日の光に
なんども心を動かされてきました。

この日のこの光は、今まで見たことのないものでした。

ここでの想い出を、今、しっかり親子で感じ取りたい・・
そう願って訪れてくださったお母さんとT君に
焚き火小屋と日の光が、答えてくれたように思います。


今まで、ここに訪れてくださったみなさんに感謝しながら
ベロニカの会らしく、そして私らしく暮らしていけたらと思います。





Top▲ by veronica-t | 2010-11-27 23:14 | workshop | Comments(2)
Commented at 2010-11-28 21:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by veronica-t at 2010-11-29 07:43
鍵コメさん
おはようございます。
本当に綺麗な光でした。
きっと、何もかもが重なったから出来たシーンだと思います。
後でパソコンでいじったでしょ。。って思うひともいるんじゃないかな(笑)
なおしたのは、少し斜めになった画像の、その斜めをなおしたのと、
眩しすぎて、その中に映るものが分かりにくかったので、少し画像を暗くしたことです。
ただ、この光は、まったくいじっていません。
私も、こんな光をみたのは初めてでした。
そして、この親御さんが、ここにたってくださったのも偶然です。
鍵コメさん、この写真を何度もみて、素敵だなって思ってくださって、ありがとうございます。
そうそう、鍵コメさんのおっしゃる通り、このお母さんと子どもさんは素敵なひとですよ。
きっとこの光は、このお母さんと僕への、焚き火小屋やこの環境からのプレゼント。。だと思っています。

はい、今週も頑張りましょ!!
ありがとう。。
<< おめでとう | ページトップ | 少年と「かまど」 >>