田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
焚き火小屋に舞い降りた-天使- 「僕のピザ」
僕は、焚き火小屋に遊びに行きたいと、ずっと思ってた。
そしたら、母ちゃんが「ピザ焼きに行こう」と言ってくれた。
僕は、とても嬉しかった。
だって僕は、あの焚き火小屋が気に入っているんだもん。

焚き火小屋に着いて車から降りたら、あの懐かしい焚き火の香りがしてきた。
やっと着たよ・・焚き火小屋に・・。


b0169869_7151584.jpg
僕は、母ちゃんと一緒にピザの生地をこねたよ。



b0169869_7153736.jpg
母ちゃんが野菜を切っている間に、
僕は畑に野菜を採りに行ったよ。



b0169869_7155994.jpg
しばらくしたら、母ちゃんが「生地が膨らんだよ」って教えてくれたから、
僕は棒でのばしてみた。



b0169869_7165537.jpg
のばした生地に、トマトソースを塗って



b0169869_7171589.jpg
いつも、母ちゃんが「野菜、美味しいよ」って教えてくれるから、野菜をたくさん乗せてみた。
人参の葉っぱも乗せてみた。
僕のピザは、「野菜たっぷりピザ」だよ。



b0169869_717514.jpg
いつもなら遠くからみているだけの「鉄のパン焼き窯」
でも今日だけは「ここに居ても良いよ」って言ってもらえた。



b0169869_7181368.jpg
焚き火小屋に美味しい香りがしてきたら、
鉄のパン焼き窯から、「僕のピザ」があらわれた。



b0169869_7184062.jpg
野菜たっぷりの「僕のピザ」
とっても、とっても美味しいよ。


母ちゃん、僕のピザは美味しい?


焔の向こうで、母ちゃんが微笑んでくれた。







Top▲ by veronica-t | 2010-11-27 21:19 | workshop | Comments(2)
Commented by haco at 2010-11-28 15:47 x
tae さま natsuさま
大変お世話になり ありがとうございました。
普段、チーズは苦手だよ・・・と言う彼が美味しいね。ってそのまま食べていてびっくり!でした。
さすが焚火小屋の力ですね。
taeさんも natsuさんも彼にいいよ。やってごらん。と常に肯定的な言葉で話しかけていらして だめだよ。ばかりのかあちゃんは猛反省です。いつも勉強させていただいてありがとうございます。
彼は又、かまどのお世話がしたいと次回への期待に夢がふくらんでおります。
すてきな時間をありがとうございました。
Commented by veronica-t at 2010-11-29 01:29
hacoさん
こちらこそ、本当に心地良く楽しく美味しい時間をご一緒させていただいて、ありがとうございました。

焚き火小屋や、焔の力って、本当に凄いですよね。
「うちでは食べないのに・・」って、言葉をよく聞きます。
同じように家で調理しても、ここでの味は出せないそうです。
私たちも家で、同じように作るんですけど、焚き火小屋で焚き火の焔を使って調理したものとは味も風味も違います。
本当に環境と道具で、こうも違うのかなって思います。

私もダメ母さんですよ〜。
ほんと、ここで皆さんとご一緒させていただくと、いつも自分の子育てを反省してます。
それに、なかなか自分の子のときには気づけないものですね。

こちらこそ、またご一緒させてくだしませ。。
楽しみです。。
<< 少年と「かまど」 | ページトップ | お風呂を焚きながら焼くチーズケ... >>