田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
pain de tae - 光の記憶(午後) -
焚き火小屋で、いちばん落ち着ける場所・・
それは、小さな鉄のパン焼き窯の前。

小さな鉄の箱が、「鉄のパン焼き窯」になるまで
その箱の前にしゃがみ、焔と焚き火小屋を見つめてきました。

もうじき、この小さな「鉄のパン焼き窯」は、
機能性をもっと良くしたものに生まれ変わるそうです。

愛着のある、このシンプルで小さな、そして力強い「鉄のパン焼き窯」に
ありがとうの気持ちを込めて、
ともに見てきた焔と、焚き火小屋に注ぐ日の光を
自分の「光の記憶」として書き残しておくことにしました。



- 光の記憶(午後) -

b0169869_22514149.jpg

b0169869_22515447.jpg

b0169869_2252861.jpg

b0169869_22523820.jpg

b0169869_22525784.jpg


午後の光は、
眩しく、そして優しく、あたたかく
焚き火小屋に降り注ぎます。

心弾む時間です。
Top▲ by veronica-t | 2010-11-11 22:53 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
<< pain de tae - 光... | ページトップ | pain de tae - お... >>