田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
薩摩芋のツルの佃煮
b0169869_91744.jpg
先日収穫した薩摩芋。
そのツルも、美味しいって、ご存知ですか?

もし「薩摩芋のツル」が、手に入るようだったら、ぜひ食べてみてください。
本当に、美味しいです。
b0169869_9333128.jpg


- 薩摩芋のツルの佃煮 -

薩摩芋のツルを、一度アクだしのために茹でる。
茹汁を捨てて、水にさらしてから、水分を切り、ごま油で炒めます。
味付けは、出汁(母はイリコ)・砂糖・醤油・みりん・あればお酒など、お好みで。。
好みで胡麻をかけると、より一層美味しくなります。
佃煮のように、しっかり味をして煮込むと、しばらく保存もきいて美味しくいただけます。

我が家は、別に薄めに味付けしたものを、冷凍保存しています。
そして冬に、もう一度味をなおしていただきます。



実は・・
この薩摩芋のツル、芋の収穫が終わると、その処分に困っています。
来年、「欲しい」と言ってくださる方で、ツルを取りに来られる方がいらしたら、お好きなほどお分けいたします。。

Top▲ by veronica-t | 2010-10-01 06:59 | 野菜 -recipe- | Comments(4)
Commented by まこりん at 2010-10-02 10:31 x
はじめまして・・・・
目からウロコも、感動も通り越して、ブログに釘付け、何度も何度も、読み返し、毎日ブログを開いて、出雲の豊かな日々をおすそ分けいただいています。
画像からは、柔らかな光と空気、火の燃える様子、音、パンの焼ける香ばしい匂い、その場が立体化して、まるで自分もそこにいるような幸せ気分・・・・ありがとうございます。

心に温かく響いてくる日々の暮らし・・・
田園に豊かに暮らされている、焚き火小屋やパンを焼く日常のブログに出合えたのはお彼岸頃です。

インターネットのご縁ですが、出雲の神さまから授かったような気がします。

自分のブログも生き方、暮らし方も、火の出るほど稚拙で軽薄で
恥ずかしい、いったい何をやってるんだろう?と。。。。

焚き火小屋にぐんぐん惹かれる日々を過ごしております。
訪れることができるのでしょうか?

Commented by nageire-fushe at 2010-10-02 11:28
美味しそうですね~~~。
さすがに蔓は食べた事がありません。
キャラブキみたいですね。

薩摩芋の花は、好きで飾った事があります。
良きものですよ!
Commented by veronica-t at 2010-10-03 07:23
まこりんさん
こんにちは。。
何度もブログを読んでくださって、ありがとうございます。
とっても嬉しいです。
この環境の心地良さや、自分らしく心豊かに暮らすことの大切さが少しでも伝わればと思い、拙いブログですが日々マイペースで綴っています。(笑)

いろいろな人と関わりながら、ここでどう暮らしていくかを考えて、まず自分にできることから始めたのが、焚き火小屋での活動や、パン焼きです。
そして、まこりんさんが感じていただけたように、その焔を見つめながら、光と風、音、香り・・、いろいろなことを感じています。
きっと、今の暮らしに変えたから、気付けた豊かさってたくさんあると思います。
焚き火小屋を訪れてくださるたくさんの方と、そしてブログを通して知り合えた方とのつながりも、そのひとつですね。。

焚き火小屋は訪れてくれる人を、いつでもあたたかく迎えてくれます。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。。
お会いできる日を楽しみにしています。。ありがとうございます。。
Commented by veronica-t at 2010-10-03 07:46
一茎草花さま
薩摩芋のツル、美味しいですよ。。(笑)
そうですね、キャラブキの佃煮と似てますね。
私は、さつま芋のツルのほうが好きかも。。
でも、どちらも一手間かけた美味しさですね。

薩摩芋をですか?
私は、薩摩芋の花を見たことがありません・・(苦笑)
母も、昔は見てたらしいですけど・・。
写真で見ると、ほんと綺麗な花ですよね。

ひとことで「花」といっても、花にもいろいろなものがありますよね。
花農家の方が、丹誠込めて育てられたお花。
誰に教えられたわけでもなく、毎年同じ時季に、同じ場所に咲く草花。
そして、果物や野菜の花。
どの花も、見る人の心を和やかに、心豊かにしてくれます。
母と一緒に(邪魔してるだけですけど・・)野良仕事をするようになって、野菜の花に魅せられるものがありました。
食いしん坊の私には、目で見て食して、心もお腹も豊かにしてくれる野菜って、本当に凄いな〜と思います。
<< 思いを形にしてみる - パン焼... | ページトップ | 薩摩芋の収穫 >>