田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
蔵とシュウカイドウ
b0169869_1403612.jpg
今年も我が家の蔵の前に、この花が咲いた。

いつのころから、ここに咲くようになったのか、
今年も、また可愛らしい花を咲かせている。

昨日、この花が「シュウカイドウ」という名前だと知った。
人に名前があるように・・
ものに名前があるように・・
草花にも名前がある。

でも、名前を覚えた喜びよりも、また今年も咲いたことが嬉しいと思う。

きっと、今まで当たり前に実ってくれていた畑の作物が、今年は上手く育たなかったからか・・
いつものところに、いつものように、この草花が咲いていたことが、なんだかとても嬉しい。


Top▲ by veronica-t | 2010-09-13 06:32 | 風の谷から | Comments(4)
Commented by sankanjin at 2010-09-15 02:37
こんばんは。先日は遊びに来て下さって有り難うございました。
シュウカイドウ素敵ですね。ベゴニアの花にも似ているけれど
たおやかで儚げなのはこちらの方ですね。
うふふと笑えたのは、「名もない草花が大好き、、」と書きつつ、「本当はちゃんと名前があるんですよね」って書いた日記が私にもあるんです。そうして名前よりも、忘れずに毎年咲いてくれることを喜ぶ私がいて、あ、たえさんもそうなんだって、、ちょっと嬉しくなったりして。
事後承諾で申し訳ありませんが、リンクを頂いて行きます。m(__)m              

苺の苗がかくれんぼをするように右下にしっかり自己主張しているのを発見でした。*^^*
自分の母も、畑を作るのが上手な人でした。どんなに朝早く起きたとしても母の姿は無く、学校から帰って来た時も畑にいて、夕方陽が落ちてから帰って来るのが常でした。私は母のDNAを受け継いでいないのか、、畑を作ることもないのですが、見渡す限り田畑ばかりの田舎に住んでおります。
たえさんとお母様が丹精込めて育てられるお野菜達が無性に羨ましくなります。懐かしい思いが沸き上がってきます。ありがとうございました。沢山の気づき頂いています。

Commented by veronica-t at 2010-09-15 07:11
ママさん
って、お呼びしてもよろしいですか?
コメントありがとうございます。
ご一緒で、私も嬉しいです。。
家のまわりには、季節ごとにいろいろな草花が咲きますが、どれも名前を知りません・・(笑)
いえ、はっきりといつ咲くのかも知らないですね。
咲いたら「あっ、もう今年もそんな季節なんだあ〜」って、草花に四季を教えてもらい、しばらく立ち止まって眺めています。(笑)

ママさんのお母様と一緒ですね。
幼いころ、母は4時には畑にたち、急いで家に帰り朝食の準備をして仕事に出かけていました。
母の顔を見れるのは、もう辺りが真っ暗になったころでした。
冬になると暗くなるのも早いので、我が家の夕食も早くなり、寝る前に少しだけ「母の時間」がありました。
そのとき、私のセーターとか編んでくれて、唯一それがよそ行きの服でしたね〜。(笑)
都会にでたとき、畑をみると母を想い出し懐かしく思い、安心した記憶があります。
ママさんもそうだったりして・・。ちゃんとDNA受け継いでいらっしゃると思いますよ。。
リンク、ありがとうございます。嬉しいです。では、私も。。
こちらこそよろしくお願いします。
Commented by 山閑人ママ at 2010-09-18 03:28 x
はい。ママさんって呼んで下さい。お店でも『喫茶店のママさん』って言われておりますので。
たえさんとは、どこか不思議に似たところがあって、mellさんのところでのコメントにいつもうなずきつつです。

たえさんのお母様も、手造りのお洋服。実は私も、、*^^*
夜は、針仕事。稲刈りが澄んだ後は、お布団を作るのが常でしたね。
綿ぼこりで一杯になりながら。昔の人って本当に尊敬です。とてもとても母には叶わないと思いつつ、母をお手本に生きてきましたけれど、万分の一も出来ていない私です。
唯、お料理だけは、美味しいと言われるので、母が作ってくれたものに感謝しています。きっと、たえさんのお料理もお母様譲りのお味で
きっと愛情が一杯詰まったおふくろ料理なんでしょうね。うふふと笑顔になります。伝えて行くものはしっかりDNAに組み込んであるのかもですね。人それぞれにね。
リンクをありがとうございました。m(__)m              
Commented by veronica-t at 2010-09-18 09:58
ママさん、って、もう何度か呼ばせていただきました。。
ありがとうございます。。

ほんと、mellさんのところでも、よくご意見が合いましたね。。(笑)

ママさんのお母様、素敵なお母様ですね。
布団を作るのは、母方のおばあちゃんが、母に見せていた姿のようで、よく懐かしそうに話してくれます。
本当に昔の暮らしって、こんな母の姿を子どもは見て育ったのでしょうね。
今の暮らしになって、なくした大切なものって、こうした母の姿だと最近思うんですよ。

料理ですか?苦手です・・レパートリーないです。
私の子どものころは、朝、大鍋いっぱいに煮しめを作って、それで終わりでしたね。
いいところ、塩サバが夜あるくらい・・。
厳しい家でして、鶏がいても卵を食べることは許されませんでしたから(苦笑)
でも、いつだったか、一度だけ母が蒸しパンを焼いてくれたんです。
それが、とても美味しくて。
もともと母は料理上手だったようですけど・・(苦笑)
あの味と、私が食べているのを見ている嬉しそうな母の顔が、今でも忘れられませんね。

ママさんの美味しい料理、いつか食べにお邪魔できたらいいな〜。。
<< 苺の苗採り | ページトップ | 畑の四季 - 秋へと - >>