田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
「焚き火小屋でゴスペルを・・」 - 母から娘へ -
「焚き火小屋でゴスペルを・・」の写真データーをみたら、当日の私たちの写真は、これ一枚。
b0169869_12315545.jpg
ここは焚き火小屋の隣、石壁のある空間。
当日、そこは私たちのディナーの準備室へと早変わりです。

この写真は、プレートに料理を盛り付けているnatuさんと娘さん。
実はこの一枚の写真に、私たちの想いがこめられています。


『ベロニカの会』を始めてから今年で5年目を迎え、ここを訪れてくださった方は、嬉しいことに数百人を越えました。
訪れてくださったみなさんと、畑の野菜を収穫して焚き火小屋の『かまど』と『炉』の焔で調理して一緒に食していただくという、ここにあるものを大切にしたワークショップを通して、大人のみなさんとは、その心地良さと豊かさを『分かち合い』、子どもらには、人が生きるに必要なものや本当の豊かさとは何かを『伝え』てきました。
それが、「焚き火小屋でゴスペルを・・」だけは、『分かち合う』と『伝える』が、一緒に体感できる唯一のワークショップなのです。
今年もいらしてくださったお客様に、親子の方が二組もいらっしゃいました。


そして今年、私たちも娘たちに声をかけていました。
母たちが、何を考え、何をしようとしているのか・・それを感じて欲しいから。


すると当日、natuさんの長女は裏方で手伝いを、会を始めてから私たちを見つづけてきた末娘たちは、自分たちの小遣いで会費を払い、みなさんと同じようにお客様としてやってきました。
言葉で伝えることは、なかなか難しいけれど、目で見て、味わって、音で聴いて、肌で感じて、いろいろなことを感じとってくれればと思いました。
そしてこの夜、娘たちは、とても感動したようです。

娘がこう言いました。

「すっごいね! 思わず、ここはどこって思っちゃった」
「野菜が美味しいのはわかってるつもりだったけど、あんなに美味しいとは思わんかった」
「今日のお母さん、格好良かったよ」
「呼んでくれて、ありがとう」       ・・と。


この日は、とても蒸し暑い一日だった。
いつもなら涼しい秋風の吹く焚き火小屋も、風がなく、ほんとうに暑かった。
歌が終わり、焚き火小屋の外に出てみれば、夜空の星が輝き、今度は虫たちが歌を奏でている。
爽やかな夜風は、新たな発見に踊る心を心地良さへとかえてくれる。
私たちの帰りを待つ娘らは、夜空を見ながら川べりの木のベンチに座り、その心地良さを確かめるように小声でおしゃべりをしている。

いつの日か、この日のことを思い出してくれるだろうか・・

夏から秋へと移り変わろうとする季節を
この風と、光と、香りを
今宵のことを
ここに暮らす母たちのことを・・。
Top▲ by veronica-t | 2010-08-23 23:28 | 焚き火小屋から | Comments(10)
Commented at 2010-08-31 13:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by veronica-t at 2010-08-31 17:53
鍵コメさん
ありがとう。。

少しずつ娘との距離も変わってきて、今、この娘に何を伝えたいんだろう・・って、最近ずっと考えていたんです。(笑)
今、ちゃんと我が子たちに伝えていかなきゃって・・。
おかしいでしょ?急にそう思うようになったんです。

いろいろ思い返してみると、いつも娘は私を励ましてくれてました。
「お母さんは、お母さんだから。それで良いんじゃない?」とか、生意気なこと言って励ましてくれてました。(笑)

中学生になって、前ほど焚き火小屋に来ることもなくなり、あの子なりに母のしていることを理解しようとしてたみたいだけれど、でも納得できないこともたくさんあったようで・・
そんなときは、口もきいてくれませんでした。(笑)
それが、あの日以来、「ちょっと人と違うことしてるだけ、でもそれが母さんなんだから」って、これって褒めてんのかね〜?(笑)

Commented by さな at 2010-08-31 20:55 x
いい写真ですね。
natuさん絶対うれしいわ~。

>「ちょっと人と違うことしてるだけ、でもそれが母さんなんだ
>から」って、これって褒めてんのかね〜?(笑)

娘さんは照れてるんですよ。
taeさんだって本番娘さんを前に緊張してたでしょ?(笑)

身内ほどなかなか伝えにくいものです。
でも何を言うわけでもないのに伝わるのもまた身内です。
娘さんはお母さんの背中を見てますよ。
な~んて私が言っても説得力ないですね…。
Commented by veronica-t at 2010-09-01 00:20
さなさん
良い写真でしょ!
実は、この写真を撮る前に、しばし見入ってしまいました。
ああ〜これなんだって。(笑)
自分たちが目指しているのは、今のベロニカのことや焚き火小屋でのこと、それを自分たちで終わりにしないで次世代につなげていく・・これなんだって改めて思いました。
natuさんはシャイなかたですので、照れてました。(笑)

あの日、娘は照れて「恥ずかしかった」と言っていました。
本当に来て良かったとも言っていました。
本当に、身内ほど伝えることは難しいですね。
でも、きちんと見ていてくれるのも、また身内です。
本当に、家族に感謝!ですね。

>娘さんはお母さんの背中を見てますよ。
な~んて私が言っても説得力ないですね…。
いえ、今のさなさんに言ってもらうと、本当に説得力あります。
だって想いを、きちんと形にできたもの。
子どもらには、この母を見ていて欲しいなと思います。
ありがとう。。
Commented by pokopin29 at 2010-09-01 10:43
こんにちは!!

今朝もムスコに一発も二発も小言かまして(お下品で失礼!)
送り出してしまった私には、細目を開けてしか読めないお話です(笑)

お母さんの背中~~~

もがく姿・・でも何か得てくれるかな~  反面教師として(^^)

Commented by kaori8s at 2010-09-02 17:24
「焚き火小屋でゴスペルを・・」今年も開催されたのですね!先日の日記を拝見してご報告楽しみにしておりました。
写真のどれも一枚一枚素敵で、今回また更に行ってみたくなってしまいました(笑)
お料理、全てベジメニューなんでしょうか。とても美味しそうです。採れたての美味しいお野菜、焚き火小屋に響くゴスペル、、羨ましい限りです♪いい夜ですね~
meLLさんのお花も無事着いたようで一安心。ご準備お疲れ様でした♪
Commented by t-haruno at 2010-09-02 20:03
お嬢さんの言葉に、感動の大きさがうかがえますね。
「お母さん、格好良かった」なんて、なかなか実の親子では言葉にできないでしょう?照れくさくて。
でも、言っちゃうくらい、すごく良い、大きな何かを感じたのでしょうね。
興奮さめやらぬ・・・って感じで、お友達とおしゃべりしてるのが、また良いなぁ。
昔々、「アラビアのロレンス」を生まれて初めて映画館で観た時、
あまりにも感動して、衝撃を受けて、一緒に行った友達と観終わった後、呆然としていたことを思い出します。
10代の頃の、そういう経験って良いよね、と、この記事を拝見してて思いました。

それにしても、クーヨンの記事を見た時
「コック服は寒いだろうなぁー」って思っていたのですが
この時期に見ると、「暑いだろうなぁー」って。
ノースリーブシャツと5分丈パンツでちょうど良いくらいの暑さですもんね。
でも、コック服を着ると、気が引き締まるっておしゃってましたよね。
皆さん、カッコイイです。本当にお疲れ様でした!
Commented by veronica-t at 2010-09-04 11:20
pokopinさん
返事が遅くなって、ごめんなさい!
やっと夏休みが終わって、ホッとしたのもつかの間・・
体育祭だのいろいろな行事があって、親子とも大変ですよね〜。
そして思春期に入るころになると、ほんと朝から私も小言のひとつやふたつ・・いや、みっつやよっつ・・言ってます。(笑)
学校に行く前だから、腹がたっても快く送り出してやらなきゃって、心がけてはいるんですけどね〜。
上の子は男の子なので、この母の小言は聞こえなかったふりしてましたっけ。
透明人間相手にしているみたいに、パンチしても跳ね返してこない・・スルーされてる感じで、ほんと大変でした・・(汗)
娘の場合は同姓なので、これまた大変です、まわりが・・・(汗)
>もがく姿・・でも何か得てくれるかな~
うちの場合、母のもがきも含めて見せてます・・良いか悪いか分からないけど、親も人間ですから〜いろいろなときがありますもん。
子どもらが大人になって何かのとき、「あの母さんの子で良かった・・」と、一度でも思ってくれればそれで良いのかな〜なんてね。。
Commented by veronica-t at 2010-09-05 07:38
kaoriさん
ほんとにほんとに・・返事が遅くなってすみません。
コメント、すっごく嬉しいです!!
だって、ゴスペルですよ〜。。
その記事にkaoriさんからのコメント、ほんと嬉しい〜〜♪
ありがとうございます。。
こちらは雨乞いするほど雨が降らず・・その心配はしなくて良かったんですけど、
当日の夜の焚き火小屋は、無風なうえに蒸し暑くて大変でした。
そのうえに皆さんの熱気・・ほんと申し訳ないほどでした。
でも、みなさん文句ひとつおっしゃらず、それが当たり前よって感じで、それも楽しみながら食事とゴスペルを楽しんでくださっていました。

そうそうmeLLさんのお花、とっても素敵でしたよ。
でもほんとmeLLさんの丁寧さと心遣いには頭がさがります。
私も見習わなきゃって、いつも思います。
あ、思ってるばかりじゃダメですね。(笑)

kaoriさん、さなさん(ウエイブスペルのリーダー)にお話しますから、
ぜひ一緒にしましょうよーー!!
kaoriさんのゴスペル、ぜひ聴いてみたいです。。



Commented by veronica-t at 2010-09-05 08:38
はるのさん
返事がおそくなって、本当にごめんなさい!(ペコッ!!)

本当に感動すると、しばらく言葉がでないですよね。
娘たちは、すぐそこにウエイブスペルの皆さんが歌っているという特等席で、その迫力と凄さに目を真ん丸にしながら聴いていました。
うちの娘は、褒めてもくれますが、結構辛口ですよ。
このときも上手くお話できなかったな〜って思ってたら、「トーク以外はねっ」と、付いていました。(笑)

コックコート、そうなんですよ〜〜。
暑いときも、本当に寒いときも、このスタイルです!!(笑)
どちらかというと、暑いときのほうが大変です。
私もnatuさんも大汗っかき・・、どんなに暑くても失礼にならないようにと、コックコートの下にはTシャツを着ています。
しかも、どんなに暑くても火のそば・・あぢい・・です。
でも、楽しいから結構平気なんですけどね。。(笑)
それにやっぱり、コックコートを着ると、気持ちがシャキッとします。
そしてときどき、ス〜〜ッと焚き火小屋を通り抜ける爽やかな風が、これまた気持ち良いんですよ。(笑)
<< 頭皮のおはなし | ページトップ | 「焚き火小屋でゴスペルを・・」... >>