田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
ごうじょっぱり
今日は、母方の伯父の新盆さん。
今、母は新盆に行く準備をしている。

どうしても本業の仕事で、ちょうどの時間に母を送っていくことができない。
いろんな考えを話していると、決まって母はこういう。

「いい、なんとか自分ですうけん」

そして、人の話に耳を傾けず、ひとり大きな荷物をまとめて自転車ででかける。
いつも、こう・・

母は、娘の私がいうのも何だが、とても苦労してきた人。
人のありがたみや感謝の気持ちは、人一倍ある人。
自分に厳しく、人に優しく、人に甘えない人。
そして、どんなに辛いことがあっても、それに耐える人。

でもね・・もう70歳を越えたんだよ。。

ここで、ポンっと「タクシー頼んだから!」と言って、お金を差し出すことのできない自分。
そして、そんなことしたら、絶対「もったいない」と、その好意を受けないだろう母。

でもね・・心配なんだよ。

「せめて帰りだけでも迎えに行くから」
ごうじょっぱりな母は、首を縦にふることはない。

大切な、我が家のごうじょっぱりさん
ただ、あなたの後ろ姿を見て見ぬ振りをして、本業に行く準備をする。

気をつけて。
帰りは、どんなに強情を張っても、迎えに行くからね。
Top▲ by veronica-t | 2010-08-13 09:29 | | Comments(0)
<< 「焚き火小屋でゴスペルを・・」... | ページトップ | 誰のために・・何のために・・ >>