田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
母と娘 - 白ワインパン -
春・・

それぞれの別れのとき・・
それぞれの出発のとき・・


ブログを通してお知り合いになったhanaさんから、二人の娘さんと一緒に食べたいからと、「鉄のパン焼き窯」でパンを焼いて欲しいと頼まれました。

都会で暮らしていらっしゃる妹さん・・
妹さんと、新たな生活をスタートされるお姉さん・・
二人のお嬢様を、母らしく優しく見守っていらっしゃるhanaさん


素敵な女性三人に贈るパン・・
それは、ふっくらやわらかな「シンプルパン」と、
心ばかりのエールを込めた「白ワインパン」



- 白ワインパン -
b0169869_0552074.jpg

女性らしい優しさと強さを、「白ワインパン」で表現する・・

b0169869_0573832.jpg

出発される前日に、久しぶりに夜「鉄のパン焼き窯」に薪を焼べました。
数日前から寒く、夜の焚き火小屋は、いっそう寒さをましています。
いつもより多めの薪を焼べて、窯の温度を一気にあげました。

田舎の夜は、とても静かです・・。
横を流れる用水路の水の音・・
上津土手を走る車の音・・
遠くで、牛や野鳥が鳴いています。

静かに流れる時間
しばし、hanaさん親子を想いパンを焼く・・。




- シンプルパン -
b0169869_111658.jpg

国産の小麦粉を使った、優しく素朴なパン
噛めば噛むほど、小麦粉の優しい風味と旨味が伝わってきます。

バターも牛乳も、卵も入っていないシンプルなパン。
「かまど」で炊いたご飯のように、どんな料理にも、どんなシーンにも合います。


パンを焼きながら
ふと、母とは何かを考えた・・。



母親は、その無限の愛を子に注ぐ・・
hanaさん、どうぞ素敵な時間をお過ごしくださいませ。。








自分のお腹の中に、新たな命を宿る・・

それは、とても不思議なこと
それは、とても素晴らしいこと


自分の命の中に、もうひとつ小さな、でもとっても大きな命が宿る。

我が子が、この世に産声をあげる前から
女性は、少しずつ母になる。


私は、子どもらが巣立っていくまで、
何を伝えているのだろう・・

それは、難しいことではなく
「私が、あなたのお母さん・・」だということ。


それは、産まれてすぐタオルに包まれ胸の上に抱き
産声をあげる我が子を見つめながら、初めて命の重みを知ったあのとき・・
産まれたきてくれた我が子に、心の中でそっとつぶやいた言葉

・・私が、あなたのお母さん・・









Top▲ by veronica-t | 2010-04-18 01:49 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(2)
Commented by kumikumiy at 2010-04-18 21:48
いつもveronicaさんの記事、素敵です。
パンも本当に丁寧な想いがこもっているのが伝わります。
「母」という存在は、すべての人にとって大きい存在だと思います。
私も、「母」という存在になり、自分の子どもを授かりたいです。
「母親」って、素晴らしいです!!!
Commented by veronica-t at 2010-04-19 22:09
kumikumiyさん
ありがとうございます。。
「鉄のパン焼き窯」は、窯・薪・焔・煙・パン・香りなど、パンが美味しく焼けていく様子を見て・触れて・香って・・と、体中のすべてで感じることができる凄い道具だと思います。
そしてパンを焼いているときは、そのひとのことを想い、また自分のことを見つめ直す時間です。

今回のパンを焼く時間は、親の愛・・とくに母親の子を想う気持ちを、なぜかずっと考えていましたね。(笑)
変ですよね〜(笑)
今まであまりこうした感情を表に出したことはありません。
きっとパンをお嬢さんと一緒に食べたいから・・と、おっしゃった素直な母の想いに触れたからかもしれません。

>「母」という存在は、すべての人にとって大きい存在だと思います。
人はみな母親から産まれてくるのですから、良くも悪くもそうだと思います。

<< よう頑張った! | ページトップ | 待っていてくださること >>