田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
忘れない
「長さは どのくらいにしましょうか?」
そうお聞きしながら、いつもと同じくらいの長さにハサミを入れると、
職員さんが、ご家族さまからの要望を伝えてくださった。

いつもの長さは、耳の真ん中くらい
今日は耳を全部出すくらい短く・・
お客様に問うこともなく、それでも似合うようにしながら耳を出す。


今では、それが何を意味するか分かるようになった・・。


お客様は、ご自分の髪が、いつもより短かなことは気にせずに
いつものお話を繰り返される。

でも、今日はちょっと違う・・

毎回、同じ美容院のお話をされるから、聞いている私も場所はわからなくても名前は覚えるほど・・
でも、今日はお店の名前が出てこない。

そして、いつもなら私の顔は覚えてくださっていた。でも・・
「いつだったか、こうやって髪を切ってもらったけど、あなたと違う人だったかしら?」

「ずっと私がさせていただいてますよ」
「あら、私へんよね〜いろいろなこと忘れたみたい」
そして、いつものお話は、今までよりも多く繰り返される・・


お客様が私のことを忘れられても、私はお客様のこと、ちゃんと覚えていますから



・・忘れないから・・
Top▲ by veronica-t | 2010-04-11 22:53 | 本業は訪問美容師 | Comments(4)
Commented by agri at 2010-04-11 23:57 x
一昨年、他界した母親のことを思い出しました。

通りすがりの者ですが、ときどきこちらのブログを拝見しては
心癒されておりました。

本業、また焚き火小屋での活動、頑張ってください。
Commented by たかっち。 at 2010-04-12 22:51 x
『あんたぁ、どっから来てくれんさった?』
『西条ですよ』
『ほうほう、わしも若い頃は西条の駅前に住んどっての・・・
・・で、あんたぁ、どっから来てくれんさった?』
『西条ですよ』
『ほうほう、わしも若い頃は・・・』
カットの間、ずっとその繰返しで。
でも、帰る間際には
『ありがとう、ありがとう・・・』
そう言って握った手を離してくれないおばあちゃん。
私達はもちろん髪のお手入れに伺うのだけれど、
それ以上のことを期待して伺うのではないのだけれど、
+αの部分で力になれていることもあるのかなぁ・・・
と思えることがあります。
私のことは覚えていてくれなくても、
『ありがとう』の想いをいただければ、
それでもう、充分。。。
Commented by veronica-t at 2010-04-12 23:32
agriさん
はじめまして ようこそいらっしゃいました。

大切なお母様を亡くされたんですね・・
お寂しくなりましたね。
そして、この記事にこうしてコメントいただいたということは、
それまでの日々、いろいろな葛藤もあり、またたくさんの想い出もお持ちになられたのでは・・。

我が家は、祖母が脳梗塞で家族の顔も思い出せず寝たきりに・・祖父も同じころから床につくことが多くなり、頼みの父も病気で右半身麻痺になりました。
今は祖父母とも他界し、父も補助具をつければ自分のことはできるようになりましたが、母はひとりで長いこと介護を続けてきています。

祖母のころは、他人さまに介護をお願いするなんて!介護は嫁の仕事という時代でした。
それが今では、きとんとしたシステムになり家族の負担も軽くなりました。

でも・・何かポッカリ穴が空いたような・・この気持ちは何だろう・・と

人はみな老いていきます。
どんなふうに過ごしていくのが幸せなのか、本業を通していろいろ想うことがあります。
その想いを、少しだけ綴っていけたら良いなと思います。

コメント、本当に嬉しいです。
ありがとうございました。

Commented by veronica-t at 2010-04-13 00:23
たかっち。さん
大変なことはいっぱいあるけれど、
それ以上に、嬉しいことがたくさんありますね・・この仕事。。

いつもお伺いするたびに、
「いつもすまんね・・ほんと助かっちょります」と、
手を合わせて拝まれることも・・

「たかっちセット」・・、
ここ数ヶ月、おひとりのお客様の笑顔を取り戻してくれています。
ありがとうございます。。。
<< その後で・・ | ページトップ | 鉄屑のアート >>