田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
捨てれないもの・・
免許の更新で、カード入れから免許証を取り出すと、
その奥から、一枚の名刺も一緒に出てきました。


b0169869_102471.jpg

一枚の名刺・・

高校を卒業して、すぐに勤め始めた美容室での「シャンプー」の指名の名刺。
これが、私にとって捨てれない「大切なもの」です。



そして今日、その捨てれないものに誓った・・
もう一度、自分にかえろうと・・








- 一枚の名刺 -


初めて勤めた美容室は、シャンプーに力を入れていた店で、店販のノルマも新人でも月2万だった。
田舎から出て間もない私は、この業界の凄さに圧倒された。

「あんた、どこから来たん?」
初めてシャンプーを担当した、人の良さそうな中年のお客様に尋ねられた。
「出雲です・・あの出雲大社の近くです」
そんな会話をしながら、次回からのシャンプーの指名をいただいた。

それからというもの、まったく化粧っ気のないお客様が「あんたがすすめてくれるなら、こうたる」と、高額な化粧品も買ってくださり、私の毎月のノルマは達成した。
またあるときは「これお食べ・・」と、なれない行列に何時間も並んで買ったという「たいやき」を渡してくれた。
こんな田舎者のどこが気に入ってくださったのか・・、私の何を信じてくださったのか・・


そんなある日、「話を聞いて欲しいから 一緒に帰ろう」という、友人の誘いを用事があるからと断った・・、その日から彼女の行方は分からず、数日後その尊い命が消されてしまったことを告げられた・・。
その日から自分を追い詰めるだけの暮らしになり、それと同じほど懐かしい故郷の風景が頭の中を占めていった。

田舎に帰ろう・・
何かに誘われるように、誰にも告げないまま、始発の電車に着の身着のまま飛び乗った・・
そのとき、財布の中に入っていたのが、この一枚の名刺だった。


一枚の名刺・・

あのとき、私は気づかなかった
始発に乗った瞬間、あの大切なお客様を捨てたことを・・

この名刺はあのお客様・・そしてこの名刺に誓う
お客様にとって生涯の美容師になることを・・

そして、ひとつだけ願いが叶うなら
もう一度、あのお客様のシャンプーをと願う・・



Top▲ by veronica-t | 2010-04-08 18:22 | 本業は訪問美容師 | Comments(10)
Commented by たかっち。 at 2010-04-09 11:37 x
シャンプーしか出来ない新人時代、
『シャンプーはあの人にお願いしたわ。。。』
って言われた時、
うれしかったですよね~~。
ジブンも最初に入ったお店は1日100名くらいお客さんがある大型店で
必死こいて何十人もシャンプーしてました。

訪問のお仕事で
『もう一生・・・』って言われた時には、
シャンプー指名いただいたときとおんなじ気持ちになりました。

忘れちゃいけませんね、あの時の気持ち。
Commented by veronica-t at 2010-04-10 03:31
たかっち。さん
あの頃いただいたシャンプーの指名・・本当に嬉しかったです。

そうなんですよね。。
そういえばシャンプーの指名がつくと、お給料に加算されていました。
でもね嬉しかったのは、加算されたお金じゃないんですよ〜
ただただ、自分に指名してくださったことが、すっごく嬉しくて。。

同じなんですよね・・そうなんですよね。。
訪問美容の仕事での喜びと共通していると思います。
たかっち。さんのように、『もう一生・・・』って言われたら、私だと涙で手元が見えなくなって・・おお危ない〜
でも本当にうれしいですよね。。

たかっち。さん、あの頃はシャンプーのお客様が多かったですよね〜。
私も、必死こいて何十人もシャンプーしてました。(笑)
一緒ですね。。
コメント嬉しかったです、ありがとう。。
Commented by veronica-t at 2010-04-10 03:33
kumikumiyさま
・・すみません・・
コメントを誤って消してしまいました。
本当にすみません・・
Commented by veronica-t at 2010-04-10 08:33
kumikumiyさん
この記事は、表に出していいものかどうか迷いながら書きました。
「田園に豊かに暮らす」をテーマにしているのにね・・
ちょっとテーマが重すぎました。(笑)
でも振り返ってみることにしたんです。
読んでくださって、涙してくださって・・ありがとうございます。
私も書きながら、その人を思い浮かべて涙が流れて、何度も中断しましたよ・・。(苦笑)
kumikumiyさんのまわりにも、きっとこの「一枚の名刺」のようなものがあるかもしれませんね・・。
コメントは、何度も何度も読み返しました。
誤って消してしまって、本当にごめんなさい・・。
そしてコメントしてくださって、ありがとうございます。
Commented by kumikumiy at 2010-04-10 15:47
veronicaさん☆
私のコメントを読んで頂けただけでも、(しかも何度も!)嬉しいです。
veronicaさんの、その気持ちが今に繋がっていってるんだと感じました。
豊かさって、ベースになるものってそういう想いなんだと思います。
ちゃんと前を見るって、いい意味で過去の自分や出来事を大切にすることなんだなって。
veronicaさんの記事から教えてもらいました。
記事にして頂いて本当にありがとうございます。
私にとっては全然重くないです。逆に希望を感じましたよ~☆
いつも、素敵なblogにワクワクします。
これからも楽しみにしています!
ご丁寧にコメントやりとりしていただいてveronicaさんの人間力に頭が下がりますっっ
Commented by veronica-t at 2010-04-11 07:27
kumikumiyさん
おはようございます。
>私のコメントを読んで頂けただけでも、(しかも何度も!)嬉しいです。
あ、いえ・・そんな・・、パッと読んで書かれていることを理解できればいいけれど、けっこう私は時間がかかるんです〜(笑)
私の書いたことの、どの部分に関心を持って尋ねてくださった。。とか
いろいろと考えて読むなんて、おかしいでしょ〜?(笑)
でも、この記事にくださったコメントは、ホント真剣に読ませていただきました・・はい。(笑)

自分の過去や出来事を、きちんと受け止めれるようになったのは最近かな〜。
きっと、それほど歳を重ねてきたってことかも・・
早い話、歳とった!ってことですね。(笑)

こんな不器用な奴ですから、まわりの人を窮屈な思いにしたり迷惑をかけてます。
サラ〜ッと物事を考えたほうが、人との関係は上手くいくんだろうな〜(笑)

ブログ、楽しみにしてくださってありがとうございます。
これからも気ままに綴っていこうと思います。
コメント、ありがとうございます。
そしてこれからもよろしく!!です。
Commented at 2010-04-11 22:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by veronica-t at 2010-04-11 23:17
鍵コメさん
私も通信でした。(笑)
最初の店が通信で、でもその前に帰ったわけで・・(笑)
田舎で勤めたお店は、みな専門学校を出た人ばかりでした。
専門学校を出てからおいで・・と言われたけれど
技術の方を早く身につけたくて、頑として譲らなかったら特例で受け入れてくださいました。
その代わり大変だったよ〜。(涙)
もう一度あの頃に戻りたい・・なんてよく聞くけれど、私はもう戻りたくないです。(笑)
その前にちょっこっとだけいたお店は、鍵コメさんみたいな見習い時代でした。(笑)

いえ、そんな・・
ただ自分に負けたくないんでしょうね・・強情っ張りなだけです(笑)

あ、ありがとうございます。
前に一度、自分でも作ってみたことがあります。
そしたらね〜カッチコチにカタいの文章が・・(笑)
で、諦めています。
なので、と〜〜〜っても嬉しいです。
でも、お忙しいのでは・・?
Commented at 2010-04-12 09:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by veronica-t at 2010-04-12 23:38
鍵コメさん
お気持ち、とっても嬉しいです。
実際に、見て手にしてもらって、そう感じて動いてくださること・・
これって本当に嬉しい!

素敵な贈り物を、今か今かと心待ちにしております。
泣けちゃうかも。。
<< 鉄屑のアート | ページトップ | 焚き火小屋 - 壁工事 4 - >>