田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
焚き火小屋 - 壁工事 2 -
今日は、石の上にバラスを入れてコンクリしていきます。
b0169869_2337822.jpg


バラスを入れ、代表が鉄筋を組まれたら、いよいよコンクリです。
b0169869_23372114.jpg


いつものコンクリより少しやわらかくして、バラスを混ぜていきます。
b0169869_23374654.jpg
汗も落ちるほど結構きつい作業なのに、
カメラを向けられると恥ずかしくて、つい笑ってしまいます。・・なぜだろう・・

焚き火小屋の床のコンクリのときは、剥いだ床をフルイにかけて分け、その中から細かな砂だけを混ぜていました。
それに比べたら、今回は掘った砂がすぐにコンクリ用の砂になり、とても作業が楽でした。



コンクリを練ったら、バラスの上から水をまき、コンクリをいれていきます。
b0169869_2338056.jpg
水は、焚き火小屋の横を流れる用水にバケツを入れて水を汲みます。
今の時期は、用水の水かさも少なめです。
もうしばらくして田に水が入るころ、用水の水かさは一気に増えていきます。
斐伊川からひいた用水路ですが、魚がいないのが訪れた子どもらには寂しいようです。



全体にコンクリが入ると、代表に平行かどうか点検をしてもらいました。
b0169869_23381445.jpg
向かって左が少し下がっているので、またコンクリを練って高さを揃えます。


なんとか、今日中にコンクリが入りました。
b0169869_23383054.jpg



今日の作業はここまで・・です。
b0169869_23384465.jpg
道具を綺麗に洗い、片付けておしまい。。

雑用が多い一日で、作業は昼からになりました。
それどもなんとか、今日の予定が終わって良かった。




今日のまかない係はおやすみ。。
と、いうことで、焚き火小屋のお花を載せてみました。↓よかったら覗いてください。。




+++ 焚き火小屋の花たち +++


今日のお昼は、車の中でパンをかじっただけ・・
バタバタした一日で、お茶も無し・・
まかないさんはお休みです。

夕方、鉄骨が届くまで、焚き火小屋の花たちを写しました。
夕刻の日の明るさとともに、花はその姿を変えていきます。

b0169869_0294432.jpg
b0169869_0295518.jpg
b0169869_030636.jpg
b0169869_0301984.jpg
b0169869_0303012.jpg
b0169869_0305154.jpg
b0169869_0311347.jpg
b0169869_031287.jpg
b0169869_0314075.jpg

Top▲ by veronica-t | 2010-04-05 23:40 | 焚き火小屋から | Comments(4)
Commented by t-haruno at 2010-04-06 20:41
う~~~ん。あの姿勢で、重いコンクリートを練るなんて、ううう、腰にきそうな・・・。
taeさん、腰、大丈夫でしたか?
ハードな作業が続いてますね。本当にお疲れ様です。
でも、張り替えた屋根の綺麗なこと。
晴れた空に映えて、清々しいです。
屋根の張替えの際の写真を見て、焚き火小屋がどういう場所にあるのか、
よくわかりました。
あんなに川が近かったとは!!!
川が近いと、空が広くて良いですね。
田んぼと川と山と。
う~~~ん、素晴らしいロケーションだわ。
Commented by veronica-t at 2010-04-06 21:54
はるのさん
この姿勢は、カメラを意識してます・・(笑)
普段は、両足を広げてどっしりと構えています。
写真を撮られると思うと、つい・・(笑)
やり始めたら、恰好なんて気にする余裕もなく必死になりますね。(笑)
ホント、やはり腰にきますね〜
起き上がると、しばらくは腰がのびません。

張り替えた屋根は綺麗ですよ〜。
横の川は用水路ですが、斐伊川もこの用水に平行して流れています。
斐伊川があって、土手があって、用水との間にフェンスに囲まれた市の水源地の草むらが広がってます。
上津の山並も、斐伊川に平行していて、山までは数百メートル離れています。
なので、空は広いですよ〜〜。
屋根の上だと、もっと広く感じて、本当気持ち良いです。

でもこの綺麗な銀色の屋根・・土手を走っていると眩しいだろうな〜。
代表も私も、錆びた赤茶色のトタンも綺麗で好きだったんですけどね。(笑)
屋根の上で、大の字に寝っ転がって、空をゆっくり流れる雲を一日中ボ〜〜ッと眺めていたいです!(笑)
Commented by green-field-souko at 2010-04-07 04:27
taeさん、おはようございます。
きょうも筋肉痛な作業、おつかれさまです。

このあいだ、TVニュースに斐伊川の桜が出てきました。
taeさんやじいのことを考えました。
みなさん、ここで暮らしてらっしゃるんだなー、とかとか。
出雲を以前よりも身近に感じられる、きょうこのごろです^^

さて。めざましコーヒー淹れて、仕事仕事。では、また。
Commented by veronica-t at 2010-04-07 07:41
草子さん
ハヤッ!!
お仕事なんですね、お疲れさまです!!
私も今日から3時起き、早朝のバイトに出かけてきました。(笑)
筋肉痛、今 ピーク!(ウグウグ・・イテテ・・)
体が重いです。・・あ、冬仕様の体型から戻ってないからよけいかあ〜(笑)

へ〜、草子さんのところで、斐伊川の桜が紹介されたんですね。
きっと、三刀屋か木次かな。
そこだったら近くですよ〜、その下流数キロ先に焚き火小屋はあります。
のどかな田舎です。
でも、桜のころは、どこからこんなに人がわいて出るのかっていうくらい、人がたくさんです。
人ごみが苦手なのと、焚き火小屋の桜、谷の山桜で満足なので、花見にでかけることは無いですが、あの屋台の雰囲気は好きです♪

私もニュースや天気予報で、このブログで知り合いになった皆さんのところが、気になるようになりましたよ。。
「新潟では・・」なんてTVから聞こえようものなら、なになにとしばらく聞いてるみたいで、「知っとるところ?」なんて、子どもに聞かれてます。(笑)

お仕事忙しそうですね。
めざましコーヒーでシャキッと・・ふぁいとだ〜〜!!
<< - ご案内 - | ページトップ | 焚き火小屋 - 壁工事 - >>