田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
*tomokeさん お..
by veronica-t at 09:24
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:54
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
赤ちゃん
入院中の知り合いを見舞い、エレベーターに数人の人と一緒に乗り込んだ

エレベーターの中の窮屈な空気・・ すぐ隣には見ず知らずの人・・
ほんの数秒間が、とてつもなく長く感じる


数階下で、そのドアは開いた

そして若い夫婦が入ってきた
お母さんの胸には可愛らしい赤ちゃんが眠っている


「可愛いね・・」と、思わず声をかけた

「今からおうちに帰られるの? 初めてのお子さんですか?」と、誰かが問う
「はい、初めてです」 お母さんは目を細めながら微笑み、我が子を見つめた

すると赤ちゃんの手と口が動き、それまでの重々しい空気が一瞬にして消えた
見ず知らずの人々はみな笑顔で、その新米親子を祝福した


名刺交換などなく、長時間の交流もなく、
このわずかな時間で、見ず知らずの人たちの心を一瞬にして和ませる・・

産まれてまだ1週間くらいしかたってない、ちっちゃな赤ちゃんなのに・・



赤ちゃんって凄いな・・
Top▲ by veronica-t | 2010-03-17 16:33 | 心象のスケッチ | Comments(8)
Commented by green-field-souko at 2010-03-17 18:03
taeさん、こんにちは。(←呼び方を変えてみました^^)
読ませてもらいながら、赤ちゃんの、あの甘酸っぱいような湿った匂いを
思い浮かべてしまいました。
赤ちゃんはすごいけど、周りのおとなも、すごいですよ。

このごろ、子どもが犠牲になる、いたましい事件が多いでしょ?
こんなふうに地域で声を掛け合えたら、また違ってくるんじゃないかなー
って考えてしまいました。
若いお母さんも赤ちゃんも、これから育つという点では、同じだと思うから。
なんて、産んでも育ててもいない者が言っても、仕方ないですが。ははは。
Commented by nature21-plus at 2010-03-17 21:57
じいです。
凄いね!小さな天使の大きな力もだけど、それにに気づいて、このエントリをあげたあなたも…。
Commented by veronica-t at 2010-03-18 07:42
草子さん
はい、taeと呼んでくださいまし。。
こちらでは皆さん、これに「さん」や「ちゃん」をつけて呼んでくれているので、その方が私も自然です。(笑)

そうそう、あの甘酸っぱい湿ったような匂い・・分かってらっしゃる。(笑)
おたまちゃんやハルくんも、やはりそうだったんですね。
なんでかな〜と思うけど、独特の香りと雰囲気が赤ちゃんには共通してあるんですよね。

そうそう、そうなんですよ。
お母さんも赤ちゃんと一緒、これから育つものなんですが、なかなか今の世はそれを分かっちゃくれないんですよね。

でも、本当に少しの時間でしたが和やかな雰囲気で、降りるときなんか皆さんの優しい声援を受けて、新米パパは照れまくってました。
いや〜、近頃のお父さんお母さんは、わっかいね〜ぇ。(笑)
Commented by veronica-t at 2010-03-18 08:13
じい 。。。
田舎育ちだからね〜、すべて手作業てきな暮らししてるから、エレベーターに限らず、機械が勝手にすることが怖いというか嫌なんです。
だから、あの閉じ込められた空間が苦手なんです。
ついでに、田舎暮らしですから、満員電車にも乗ることもないし、ギュウギュウ詰めの人の中に入ることもないから、あんなに近くに知らない人がいるっていうのは、私の暮らしの中ではエレベーターだけなんですよ。(笑)
普段は、なるべく階段使うんですけど・・(ん、そのわりにスリムじゃないか・・)
なんせ10階だし、これまた機械苦手な大切な師匠も一緒でしたので、嫌々エレベーターに乗りました。

本当に、この赤ちゃんとお母さんの優しい空気が、とても心地良かった。
新米父さんも、二人を気遣って・・久しぶりに「親子って夫婦ってこうなんだよね〜」を感じましたね。(笑)
Commented by ゆいまま at 2010-03-18 15:05 x
エレベーターの中の空気・・・
わかるわぁ~

子供がいると(とくに赤ちゃん)なんか和みますよね!

私なんかいつも赤ちゃんに
じーーーっと見つめられます・・・

もしかして怖い?

ぱっ!!って笑いかけるんだけど・・・

無反応だったりします(;一_一)
Commented by veronica-t at 2010-03-18 22:56
ゆいままさん
分かってくださいますか?
苦手な人って多いかもしれませんね。
そうそう子どもがいると和みますよね〜、不思議と。。

>私なんかいつも赤ちゃんに じーーーっと見つめられます・・・
あ、はっはっは
あるある私も!(笑)
ちっちゃな子が、お母さんの後ろに隠れながら、じーーーっと見つめてて、ニコッてしたら引っ込んじゃった。
泣く子もいるし・・(笑)
それを見た、うちの娘は「お母さんのこと怖いんじゃない?」と、冷た〜く言ってくれます。
ちなみに娘は、なぜがかちっちゃな子に好かれます。
Commented by nature21-plus at 2010-03-19 11:39
じいです。もう一度しつこく参上…(笑)
このところ「能面のような子どもたち」と題して、しまね自然の画学校のある夏のキャンプに出会った子どものことから、かつて当たり前にあって、いまの時代が失った「地域社会の子育て力」とでも言うべきものに付いてだらだらと書いています。
そのぼやけたものがなんとか見えはじめてきて、さて、ではその「力」の原点のようなものはどこにあってどのようなものだろうと考えていたところに、このTaeさんのエントリ。。
なんとも嬉しいグットタイミングに感謝です。
赤ちゃんを中心に、エレベーターの中の皆さんが体感し共有された幸福感こそが、子どもたちを育む大きな力を生むのですね。
あらためて感動です!。ありがとう。
Commented by veronica-t at 2010-03-19 23:18
じい 。。。
「能面のような子どもたち」毎日、いろいろ考えながら、また自分やまわりに置き換えながら読ませていただいています。
私の暮らす植木谷は、今も昔とそう変わりません。
ここで子どもらを育てれたこと、本当にありがたいことだと思います。
>赤ちゃんを中心に、エレベーターの中の皆さんが体感し共有された幸福感こそが、子どもたちを育む大きな力を生むのですね。
本当にそう思います。
いまの時代が失った大切なもの・・それにまだ気づける私たちの世代が、今、そしてこれからどうしていくべきか、きちんと考えるときがきていると思います。
コメント、ありがとうございました。
<< うぐいす | ページトップ | パネットーネを知る >>