田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
春の贈りもの - いかなご -
毎年今の季節になると、兵庫に暮らす叔母から「春の贈りもの」が届きます。

それは、この春先に獲れる「いかなご」のクギ煮。
b0169869_21563139.jpg

この「いかなごのクギ煮」、今では店頭で見かけるようになりましたが、
叔母が贈ってくれた当時は、それはとても珍しいものでした。


兵庫でも明石に暮らす叔母は、顔見知りのお店で新鮮な「いかなご」を買い、大鍋で何時間も煮込むそうです。
その味は、その家々によって微妙に違うようです。


私は、この叔母の味つけが好きです。
生姜をきかせた甘辛の味付けで、黄金色に輝き、ちょうど良い食感です。
今では、叔母に代わり叔父が作っているようですが、同じ味付けで食感も色も一緒・・
やはり、受け継がれた叔母の「いかなごのクギ煮」です。


農山村に暮らす我が家にとって、とても贅沢な「春の贈りもの」です。
Top▲ by veronica-t | 2010-03-13 17:45 | 風の谷から | Comments(2)
Commented by green-field-souko at 2010-03-14 08:30
おはようございます^^
これがかの有名な、いかなごのクギ煮ですか。
つやつやの黄金色で、白いごはん、おかわり、いけそうですね。
そこはかとなく上品な食文化を感じました。

こちらはそこはかとなくガサツなので、似たものといえば
こうなごをガーッと炒って玉子で甘辛くとじたりなんかします。
で、小丼に盛って食卓にドーンです(笑)
いかなごとこうなごは、一見、似た顔に思えますが、べつのお魚なんでしょうねえ。

伯母さまの味を、同じに再現される叔父さま。
長く連れ添ったご夫婦の人生を感じます。じんわり、しました。
Commented by veronica-t at 2010-03-14 08:52
草子さん
おはようございます。。
いかなごをネットで検索したら、別名「小女子(こうなご)」と書いてありましたよ。
地方によって名前が違うようです。
草子さんのところでもあるんですね。

草子さんの小丼に盛られた玉子でとじたいかなご・・
美味しそうだ〜〜食べたい!
あれ、さっき朝ご飯食べたのに・・
これだから、お腹まわりの「浮き輪?!」が大きくなるんですよ。(笑)

>長く連れ添ったご夫婦の人生を感じます。
本当ですよね。
親から子へ・・も良いですが、こうして夫婦でというのも素敵ですよね。

よし!
お昼は、「春限定、草子さん丼」にしよっと!
<< わたしの居場所 | ページトップ | それぞれの進歩 >>