田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
1月の玉葱
b0169869_23521535.jpg冬の畑は、草の伸びもゆっくり・・
でも、ふと足元を見れば、玉葱のまわりが緑色になっている。

小さな草が、ぎっしり・・。

これを、うちの師匠が見逃すはずもなく、ここ数日ひとりで、せっせと草取りをしていました。
昨日の午後からは仕事が空き、二人での作業となりました。

細くやわらかな苗を傷つけないように、草を残さないように丁寧に作業を進めます。

b0169869_073050.jpg

この時季の玉葱は、実に躍動感に満ちています。
草を取り、それがより一層伝わってきます。

b0169869_0145930.jpg

ずらっと並んだ3種類の玉葱の苗・・

左手の少し緑がこく見えるのが「早生の玉葱」
みずみずしく、甘味も強く、薄くスライスして生で食べると美味しい。

真ん中の少し小さめなのが、焚き火小屋に綺麗に並ぶ「保存のきく玉葱」。

そして、右端にサラダに適した「紫玉葱」。


今年の苗は2500本、どれも美味しく育ってほしいと願う。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-31 00:45 | 野良仕事 | Comments(16)
Commented by nature21-plus at 2010-01-31 02:43
おつかれさまです!と、眺めておりました。(笑)
師匠とお弟子さんの真摯におじゃましちゃなんだし…。
Commented by veronica-t at 2010-01-31 07:12
管理人さま
あら、そうだったんですか〜。
声をかけてくだされば、いえ、だからといって何もできませんが・・。(笑)
「寒いにどうしちょらいだ〜か」と、師匠が案じておりました。

ブログを拝見したら、竹細工をなさっていたようで、思わず拍手しちゃいました。(笑)
あの、削り出されたばかりのスプーンの表面の白さ・・良いな。
また、見せてくださいね。欲しいとは言いませんから(笑)
Commented by ゆいまま at 2010-01-31 08:05 x
草取りお疲れ様です

実家の母も『はぁ~また草取りだわぁ~』と毎日少しずつ草取りしてます…

どの玉ねぎも美味しいですよね

私は焚き火小屋のあの玉ねぎの皮の色が大好きです!
Commented by veronica-t at 2010-01-31 09:10
ゆいままさん
少し暖かくなると、野菜も元気になって大きく育ってきますが、草も大きくなるんですよ〜。これが手強い!
畑仕事で何の仕事が多いかって「草取りだ」と、よく言われますが、
ホントやってみると、野菜に手をかけているより、ずっと多いです。
弟子の仕事には、ちょうど良い仕事です。(笑)

>私は焚き火小屋のあの玉ねぎの皮の色が大好きです!
あの輝く玉葱の色は本当に綺麗で、私も大好きです。
ありがとうございます。そういっていただくと頑張って磨けます。(笑)
Commented by nonisaku-hana at 2010-02-02 01:23
凄~~い、2500本!!

先日も、娘の着付けをしていただいている間、お師匠さまのお姿を遠くから眺めていました。慈しむように・・黙々と作業なさっておられる姿・・美味しいお野菜が生まれるはずですよね。

草取り、お疲れさまでした!これから草も育つ季節・・大変だ・・。
お弟子さんも、身の丈でね~。(笑)
Commented by veronica-t at 2010-02-02 03:26
hanaさま
お嬢様の着付けの日は、草取りに追われているのもあったでしょうが・・
あの日は、お嬢様の着物姿が見たくて、草取りをしながら楽しみに待っていたようです。(笑)

いつだったか、もっと多い年があり、その年の収穫のときには、さすがに
こんなに作らんでも・・と、玉葱を吊るすところを弟子は探しました。(笑)
ここらへんでも、この量を育てているところは、あまり見かけませんね〜。(笑)

草取り、これから暖かくなると追いかけっこです。(笑)
そうですね〜、身の丈で頑張ります!(笑)
美味しい玉葱、師匠と一緒に育てますので、待っててくださ〜い!!
Commented by nonisaku-hana at 2010-02-02 22:45
ベロニカさん、今日は写真ありがとうございました。

仕事帰りに・・玉葱畑・・偵察してきましたよ~。(笑)
嬉しいことに・・和裁士Kさんに会えました。また寄らせてくださいね。
Commented by t-haruno at 2010-02-03 20:51
2500本かぁ。
壮観ですねーーー。
雑草ひとつない畑。本当にプロですね。すごい。
早生のタマネギの葉っぱが、太くて色も濃くて、元気いっぱいという感じです。
寒いけど、少しずつ、野菜は育って来てますね。
我が家のベランダの青ネギも、なんだか最近、急に太くたくましくなって来ました。
冬至の頃にくらべると、夕暮れが1時間近く遅くなっています。
敏感に、春の気配を感じてるのでしょうね。
夕暮れが遅くなっているのにふと気がつくと、私もなんだか嬉しいです。
そうそう、
タマネギの奥の畝は、ワラを敷いてあるのでしょうか?白っぽいですが。
Commented by veronica-t at 2010-02-03 21:43
hanaさま
写真、うちのプリンターがもう少し綺麗に印刷してくれたら良かったのですが・・
でも喜んでいただいて嬉しいです。

お母様、お誕生日なんですね。
おめでとうございます。
とても、綺麗なお花が届いたようで、本当に良かったですね。
お嬢様の着物姿といい、素敵なお花といい、きっとお母様も喜ばれたことでしょうね。

hanaさまは親孝行な方です。
私は一緒に暮らしているので、いつまでも娘気分・弟子気分です。(笑)

Commented by veronica-t at 2010-02-03 21:55
はるのさま
そうなんです。だいたい毎年このくらい・・
いつだったかは、もっと多くて、収穫した玉葱を干すところを探すのが大変な年もありました。
みなさん、「どこに出荷す〜かね?」と、聞かれますが、ほとんど自家消費です。(笑)
毎日、2〜3個は消費しますから。(笑)
玉葱は、最初か弱い感じの葉ですが、今頃からしっかりしてきますよね〜。
やはり、はるのさまが言われるように、春の気配を感じていると思います。

玉葱の奥は、あれは土の色で乾いた状態なんですよ〜。
ここら辺は砂地だからか、写真に撮ると白っぽくなるときがあります。
でもホント、ワラでも敷いてあるように見えますね。(笑)
そういえば、今はワラも貴重品になりました。
Commented by nonisaku-hana at 2010-02-04 00:14
>hanaさまは親孝行な方です。
 私は一緒に暮らしているので、いつまでも娘気分・弟子気分です。(笑)

そんなことないんですよ~。遠くにいるから・・それだけです。(笑)
どちらかと言えば、一緒に暮らせないタイプの母と娘です。

ベロニカさんのお母さまとも義母ともまるで違う・・ヘンテコな母で。
ちょっと危ないDNAに、この頃・・おびえまくりです。(笑)

親不孝者だから、みなさまのお陰で親孝行させてもらえて感謝!感謝!です。
Commented by veronica-t at 2010-02-04 07:38
hanaさま
>ちょっと危ないDNAに、この頃・・おびえまくりです。(笑)
私はどっちに転ぶか・・これにおびえてます(笑)
>親不孝者だから、みなさまのお陰で親孝行させてもらえて感謝!感謝!です。
いえいえ、hanaさまの気持ちが一番です。(笑)
Commented by kaeruskiy at 2010-02-04 15:26
2500本。ん~2500本。
植える時期手が冷たいです。今も冷たいです。
以前、雪に埋まってるから世話できまへ~んなんて言う私の玉葱とおばあさんの玉葱、どうして味が違うんですか~なんて質問した私がはずかしいです。うちの300本の玉葱も愛しんであげねばと思いました。
Commented by veronica-t at 2010-02-04 18:04
kaeruskiyさん
>植える時期手が冷たいです。今も冷たいです。
同じ島根なのに、本当に寒さが違いますよね〜。
しもやけとか、なりませんか〜?
雪に埋まっている玉葱は、どうすることもできませんよね。
春がくるのを待つしかないよね〜。
おばあさんの玉葱は、甘いと評判なんです。
お店でカレーを出されるお客様は、「つい店で買ったのと同じようにしていたら、そうだったおばあさんのって甘いよね。」と、その料理の味付けも違うそうです。
同じ苗を植えてる近所の畑より、トウがたってなかったり・・これは、おばあさんの世話も良いでしょうが、畑も合っているのかな〜。
うっ・・・・・
弟子は大変だ!

>うちの300本の玉葱も愛しんであげねばと思いました。
愛情かけすぎもいけんらしい・・、子育てと同じだと師匠の姿を見て学んでます。
300本凄いなと、まだまだ駆け出し弟子は思います。
Commented by kaeruskiy at 2010-02-05 13:39
そうなんですか。かけすぎもいけない。本当ですね。子育てですね。
加減がまだわかりませ~ん(笑)←ってていいのか!
勉強になります。
Commented by veronica-t at 2010-02-05 21:19
kaeruskiyさん
うちの師匠は自然任せ・・
そして、それに合わせて野良仕事をしています。
もちろん愛情込めて、ひとつひとつの野菜に触れています。
弟子の私は、その加減が分かりません。(涙)←してていいのか!

師匠とkaeruskiyさんの畑の話をしたことがあります。
うちの畑は、代々受け継がれている農地です。
もちろん、師匠は賢明に耕しています。
kaeruskiyさん畑は、最初すごい荒地じゃなかったですか〜。
あの畑を、野菜が育つまで手をかけてこられたこと、本当に凄いことだと思います。
それに、お邪魔するたび、豊かな畑になってます。凄いです!
<< 涙 | ページトップ | 身の丈で・・ >>