田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
焚き火小屋の屋根の修復作業
「焚き火小屋の屋根がはぐれて、薪が濡れている。」と、連絡を受けて補修することにした。

b0169869_2140579.jpg
焚き火小屋のまわりを点検をするけれど、
外から見た様子ではいつもと変わらない。

しかし、中に入って驚いた。

大切な薪が濡れている。





そこで、外にハシゴをかけて、上がってみた。
b0169869_053092.jpg

長年雨風にあたり、かなり老朽化していた屋根のトタンは、先日からの強風と雪とで、はぐれてあちこち穴が開いていた。
老朽化がすすんだトタンは、少しの衝撃でも、もろく壊れてしまう。
屋根の上にあがるのも大変だ。

・・しかも、私は高所恐怖症・・  なぜか‘はで’からのジャンプは大丈夫だった

そして、一人での作業というのが、やはり怖い。


ここでの作業は応急処置。はぐれて穴が開いたトタンを外し、新しいのに変えることにした。
そしてまず、老朽化したトタンを外す作業に取りかかった。
しかし、老朽化したトタンは全部。下手すると、全部手をかけるようになってしまう。
でも、今回は応急処置・・最小限の作業に止めたい。

 ここ上津は、とにかく風が強い。屋根の上の作業にはこたえる。
 老朽化したもろいトタンに細心の注意をしながらの作業は、神経を使う。
 そして、何といっても高い。しかも足元は、もろいトタン・・。
 それに、大工仕事の経験なし!


b0169869_025582.jpg
頭の中で構造を考えながら、トタンを扱うときは強く、優しく・・。


作業を始めてから1時間。

なんとなく作業に自信がついてきた。
ちょっとだけ、高いところも平気になってきた。

そして、
やれば、結構楽しい!





b0169869_042589.jpg作業が終わりになるころ、自然の学校の代表が、様子を見に来てくださった。
そして、釘の打ち方や足場の置き方を、改めて教わりながら、無事に作業を終えることができた。

誰かにしてもらおうと待っているより、自分でできることをちょっと頑張ってやってみる。
すると、必ず結果がでる。


- 今日、できたこと -
  焚き火小屋の屋根の補修作業。

- 今まで、できたこと -
  焚き火小屋の土間の解体作業。
  焚き火小屋の土間のコンクリを練る。
  焚き火小屋の土間作り。

少しづつ、コツコツやってみる。
Top▲ by veronica-t | 2010-01-10 22:40 | 焚き火小屋から | Comments(6)
Commented by nature21-plus at 2010-01-11 03:17
拍手!!。

ちなみに、以下、しぜんのがっこうのモットーです。

「小さな親切、大きなお世話…おいらの楽しみじゃますんな!。」
「やれば出きるさ!お前にも…。生まれついての名人、天才どこにもいない!!。」
「一メートルを八千八百四十八回積み上げれば、エベレストだって越えられる!。」
「失敗は、失敗ではない!失敗という完成形なのだと心得ろ!」
「失敗のない人生!それこそが失敗だ!(by 木次の「百姓」さん)
「お前の道を行け!」

不思議なものです。世の中に、大きな夢を語れる人はたくさんいます。しかし、自分のための些細なことを自分で出来ない人は、それに数倍するようです。

と言うことで、お疲れさまでした。
Commented by kaeruskiy at 2010-01-12 00:32
すごいですね。下は川の方でしょうか。おおお。私も高いところは余り得意じゃないので、写真を見てドキドキします。とても丁寧に慎重にされたことと思います。お疲れ様です。すごいなぁ。かっこいいです。
Commented by veronica-t at 2010-01-12 01:16
管理人さま
ありがとうございます!!
Commented by veronica-t at 2010-01-12 07:54
kaeruskiyさま
そうです、すぐ下が川です。
>すごいなぁ。かっこいいです。
ええ〜、私には、淡々と雪かきをされるkaeruskiyさまの方が凄い!かっこいいです!
Commented by t-haruno at 2010-01-12 20:34
屋根の上は寒かったでしょうー?
高所恐怖症なのに、頑張りましたね。すごい。
出来ることが増えていくのは、大人になっても生きる自信になりませんか?
私は、去年、生まれて初めて梅干しを漬けられた、というのが、妙な支えとなっています。(47にもなってーですが)
そうそう、クーヨンを拝見しました。
皆さん、笑顔が素敵でカッコイイ。
それに「この上津は世界にひとつしかない宝もの。覚えておいてね」
に涙が出そうでした。
子ともたちにとって、この言葉は、心に残り、将来、心の中で光輝く宝ものとなることでしょう。
Commented by veronica-t at 2010-01-13 00:35
寒いし、怖いし、いろんなことで震えてました。
でも、何もできないことに腹がたったり、作業しているとおもしろくなり、今度は暑くなってきました。(笑)
本当に自信になります!

梅干しや漬物って難しいですよね。暮らす環境でそれぞれ違うから、凄いです。
私は全て母任せ、今のうちに教わっておかないとと思います。

>「この上津は世界にひとつしかない宝もの。覚えておいてね」
に涙が出そうでした。
実は、このことに、私たちもやっと気づいたんです。そして、これが一番この子たちに伝えたいことですね。

本を見てくださって、ありがとうございます。
<< 焔の宝石 | ページトップ | 『日本の底辺 - 山陰農山村婦... >>