田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
『日本の底辺 - 山陰農山村婦人の生活』 溝上泰子著
仕事の帰りに図書館に寄り、書庫に大切に保管されている一冊の本を借りた。
その本は、『日本の底辺 - 山陰農山村婦人の生活』という本で、1958年に発行されている。
b0169869_22174415.jpg

実は、この本を書庫から出していただき、手にするのは二度目になる。

最初に手にしたのは、今から4年前の『ベロニカの会』を始めたころだった。
会のスーパーバイザーで『しまね自然の学校』の代表から、「これからベロニカの会の活動をするなら」と、奨められた。


この本は、著者の溝上泰子さんが、島根大学の教授だったころ(昭和26年〜)、日本の底辺として近代日本を支えて来た力の根源は地方の農山村に暮らす女性だと、自ら山陰の農山村に出向き、そこに暮らす女性との交流を通して、その暮らしを語り記録してもらい、そのありのままの姿や想いをまとめたものだった。


当時の私には、この本のもつ深い意味など分からなかった。
ただ、昔の女性は辛抱強く、また貧しい暮らしの中にも、自分らしく生きようとする前向きな姿に驚いた。
しかし、物が溢れている時代に暮らす私には、この本の中に共通点を見つけられず、なぜ、この本を奨められたのか戸惑ったことを覚えている。

そしていつしか、著者と本の名前だけが、頭の片隅に残った。
あれから、ベロニカの会のワークショップを通して、たくさんの方と交流をさせていただいた。
そのほとんどが女性。

そして気づいたことは、私たちの暮らしは、ものの豊かさと引き換えに、大切なものを失ってきていること・・。
そして今も、自分らしくどう生きていくか見つけようとされている方や、どう家族と向き合うかを考え動き始めている方が多いことに驚いた。

そんな姿をみていると、本の中に綴られている女性の姿と重なった。
時代や暮らしが変わっても、今もこの日本の底辺をしっかり支えているのは、賢明に暮らしている女性だと思えた。


書庫から出していただいたその本を、あの頃と違う視点で読み始めた。
そして‘あとがき’に書かれている、著者が交流してきた農山村に暮らす女性を、『日本の底辺』の共著者として心から感激しそして感謝し、共に歩もうとする言葉が、心に響く・・


 参考資料:『日本の底辺 - 山陰農山村婦人の生活』 溝上泰子著  発行 未来社

Top▲ by veronica-t | 2010-01-08 00:41 | 焚き火小屋から | Comments(13)
Commented by nonisaku-hana at 2010-01-09 01:10
読みかえしてみられたんですね。わたしはベロニカさんのお陰でこの本とも出会えてとても感謝しています。

過酷な暮らしの中、泥のように疲れた身体で手紙を綴られた女性たち、そこで語られる当時の農山村の暮らし、また彼女たちの胸の内・・苦悩も希望も、それぞれに真摯で感動しました。

溝上教授との出会いがなかったら、伝えたい相手がいなかったら・・秘められた想いのまま、あるいは自分自身と向き合うこともなく終わっていたら・・わたしたちの「今」に届くこともなかったと思うと、貴重な女性史であり、農村生活史です。

当時の『日本の底辺』、そして大切なものを失ってきている現代の『日本の底辺』・・『底辺』とされるもの自体が『異質なもの』とわたしは感じています。

「賢明に暮らす」わたしには・・とても重い言葉で、難しいことです。

なんか自分でも消化不良です。(笑)
また、お話できたら・・お話しすることでもう少し自分の頭を整理できたら嬉しいです。
Commented by veronica-t at 2010-01-09 18:10
私も最初に読んだとき、hanaさまと同じでした。
でも、hanaさまが読まれた昔の農山村の女性たちの暮らしを、今の暮らしに当てはめることはできません。そして、もう本当に理解するということはできないと思います。

もう一度この本をと思ったのは、今までのみなさんとの関わりから、今度は著者の立場から読み返してみたいと思いました。
それは、この本を通して著者が気づいたこと、伝えたかったこと、そして、次の世代へのメッセージです。
また、その歩みよりや挫折みたいなところが分かればと思ったのです。

そして、ここでの活動を通して、なんとかそれに気づくことができたのは、著者のいう『日本の底辺』とは、『母性・母・女性たち』ではないかということです。
そしてそれは、どんなに時代が変わっても同じです。そして今の時代でも、賢明に暮らす女性はたくさんいます。

だとしたら、この本を、ただの農山村の暮らしの記録、女性史で終わらせるのは悲しいと思い、また読んでいます。
改めて溝上泰子さんは、凄い方ですね。

・・そこで管理人さま、本を奨めていただいたのですが、この私の理解は間違っているでしょうか・・?
Commented by nature21-plus at 2010-01-09 20:55
>そこで管理人さま、…この私の理解は間違っているでしょうか・・?

ふるんですか~!。こんな難解なテーマで…。(笑)

おいらの認識が正しいと仮定することが許されるのだとしたら…!と、前置きしてですけど、本文に感じられるそれも、このコメントもですが、あなたの理解は正しいと思う。

と言うか!。

あなたが、このコメントに、あえて「著者の立場から…!。」と記述したことが凄いことだと思う。つまり『日本の底辺 - 山陰農山村婦人の生活』というこの本のタイトルは、現在のわれわれの時代には誤解を生みやすいよね。

あなたが、ふるさと上津での当たり前の日常に感謝しつつ、その暮らしの体験を通して感じたように、この本の溝上泰子さんの本意は『日本の底辺(を支えた)農山村婦人の生活』であるはずだとおいらも思う。(だから薦めたのだけど…!。)

ですが、事実を上げれば、残念ながらわれわれの時代は、あなたのご母堂、つまりおばあさんの生き方やその人生に対する姿勢のようなもの…。こうしたものを正しく評価する文化を、このわずかに40年ほどの間に失ってしまいました。
Commented by nature21-plus at 2010-01-09 20:59
具体的に言えば、自らの都市型の暮らしを肯定するために、「都市という中心を支える周辺としての地方や田舎、そして辺境…!。ここでの暮らしが豊であるわけがない。」と信じ込もうとした結果なのかもしれません。

だけに、本来的に「社会科学的な観点を冷静に持つべき研究者」などでも、ときにこれが、唖然とするほどにずれていることがあるようです。

結果、溝上泰子や宮本常一などの著書を前にするとき、残念ながら、その著者の本来的な内的心象を正しく解せず、いらずらに「日本の底辺というべき貧しく悲惨な生活」などと切り取りやすいのかも知れません。

じじつは、どうなのでしょう。

こちらのブログに関わって、もっとも解りやすい例えは、harunoさんの「山の子」に、とても素敵なバイプレーヤーして登場する「林さん」でしょうか。

harunoさんの抜群の表現者としてのスキルに助けられ、われわれは、この年代の農山村の婦人の人生観や倫理観、そして、どういうビジョンや人間関係の中に生きてこられたかを正しく理解することが出きると考えます。(この点、harunoさんに、とにかく感謝!。)
Commented by nature21-plus at 2010-01-09 21:03
ですが、ではなぜharunoさんは、あれほどに素敵に解して、美しく表現することが出来るのでしょうか。

理由は、さほど難しいことではないでしょう。つまり、彼女は、御自身が育ち、過ごされたふるさとの農山村での環境体験の記憶を「確かなもの」と信じておられるのではないでしょうか。

都市に暮らせば見失いやすく。また、溝上の著書なぞを、いたずらに「社会科学的な文化」として捉えようとすれば、ともすると見失いがちなそうしたものを正しく理解する記憶と認識の有り様こそが、harunoさんにして、あの「林さん」をあれほどに生き生きと描かせるのかなと考えます。

つまり、Veronicaさんの視点やその基本的な認識の有り様は、まったくharunoさんと同じ「事実こそを体験的に見れる位置」にあるのかなと…。

正直を言えば、最初にこの本文を拝見したときに、これはコメントが難しいだろうなと感じました。また同時に、あなたが「「田園に豊かに暮らす」を考える女性の会」の活動を通して、ご自身の暮らす環境をこれほどに冷静にみているのだなと嬉しくもなりました。

Commented by nature21-plus at 2010-01-09 21:03
ほんとうに素敵なことです。

また、思います。溝上泰子が生きていて、あなたのこの理解に出会えたら、本当に嬉しいだろうなと…。

Commented by nonisaku-hana at 2010-01-09 22:16
ベロニカさん、管理人さま、ありがとうございました!コメントで補足してただいて、とてもよくわかりました。

>著者の立場から読み返してみたいと思いました。
ああ、と思いましたよ。そしてベロニカさんは凄いな~と改めて思いました。
あなたと管理人さまに勧めていただいた宮本常一さんの本でも、日本の素晴しい文化や暮らしを顧みることの大切さに気付かされます。そして、常々管理人さまが仰っている「女性たちがまな板と包丁を持って・・」の女性たちが支えてきたものを。

「賢明に暮らしている女性」・・わたしが真っ先にイメージしたのは、ベロニカさんご自身、そして一番身近なお母様やharunoさまでしたよ。(笑)どなたもブログで出会うことができた方々ばかり・・・とても嬉しいことに!

>正直を言えば、最初にこの本文を拝見したときに、これはコメントが難しいだろうなと感じました。

はい、あえて鍵を掛けなかったのはそこでした。もっと突っ込んでみたかったのです。(笑)ベロニカさんが管理人さまにふってくださって・・・大正解!そんなtaeさんを初めとする「ベロニカの会」の活動の原点を多くの方に知っていただきたいです。


Commented by nonisaku-hana at 2010-01-09 22:30
ついでといってはなんですが・・・先の本を教えていただいたきっかけとなった「詩」とベロニカさんとの遣り取りを、ここで紹介させてください。
hana発:今日は(というよりここ数日)あなたに伝えたいことを、一編の詩に託したいと思います。日々の、たとえ迷うことが多くあってもきっと、この詩のもつ「揺るぎない確かさ」が、あなたに通じることがあるようにわたしは強く感じています。

ベロニカさんの返信:「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」の詩には、今、私たちが無くしたもの(排除)が、どんなに大切か伝わってきました。

この詩を読んで、一冊の本を思い出しました。ベロニカの会を始めた頃、岡野さんからすすめられた本です。(中略)溝上泰子の「日本の底辺 山陰農山村の婦人の生活」でした。当時この本を読んでも、ただ昔の人は凄いな・・程度の感想しか持っていませんでした。

しかし今の暮らしを続けて、この本の中に出てくる女性たちの優しさとたくましさ、そして苦しい生活の中にも自分なりの喜びを見つけている、家族の中心にいる女性の素晴らしさに、最近やっと気づくことができました。そして、本当の豊かさ・・とは何かにも気づくことができました。
Commented by nonisaku-hana at 2010-01-09 22:34
「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」 石垣りん

それはながい間
私たち女のまえに
いつも置かれてあったもの

自分の力にかなう
ほどよい大きさの鍋や
お米がぷつぷつとふくらんで
光り出すに都合のいい釜や
劫初からうけつがれた火のほてりの前には
母や 祖母や またその母たちがいつも居た

その人たちは
どれほどの愛や誠実の分量を
これらの器物にそそぎ入れたことだろう
ある時はそれが赤いにんじんだったり
くろい昆布だったり
たたきつぶされた魚だったり
台所では
いつも正確に朝昼晩への用意がなされ
用意の前にはいつも幾たりかの
あたたかい膝や手が並んでいた

ああその並ぶべきいくたりかの人がなくて
どうして女がいそいそと炊事など
繰り返せたろう?
それはたゆみないいつくしみ
無意識なまでに日常化した奉仕の姿
炊事が奇しくも分けられた
不幸なこととは思われない
そのために知識や 世間での地位が
たちおくれたとしても
おそくはない
私たちの前にあるものは
鍋とお釜と 燃える火と    (下欄に続く)
Commented by nonisaku-hana at 2010-01-09 23:03
それらなつかしい器物の前で
お芋や 肉を料理するように
深い思いをこめて
政治や経済や文学も勉強しよう

それはおごりや栄達のためでなく
全部が
人間のために供せられるように
全部が愛情の対象あって励むよう

※炊事が奇しくも「分けられた」・・・女性の役割とされたことを意味すると、わたしは解釈しています。

管理人さま、とても素晴しい『シャドウワーク』賛歌ではないでしょうか!
ベロニカさんたちの姿に、大好きなこの詩がオーバーラップした・・あの出会いからの今に感謝します。(勝手に紹介してごめんなさいね、ベロニカさん。)

本を読まれたことがない方にも、わかりやすいのではないでしょうか。
Commented by veronica-t at 2010-01-10 09:20
hanaさま、管理人さま
褒めていただいてありがとうございます。
でも、私もnatuさんも、ただただこの上津で自分らしく心豊かに暮らしていくにはどうしたらいいか、そして、同じ想いを持つ多くの方と交流できたらと、これだけを考えているので、改めて褒めていただくと恐縮してしまいます。

そして、もうひとつこの本を読んで、著者になぜか引かれると思っていたのですが、著者がなぜ山陰の農山村の女性に拘ったか、なぜ島根県全体を研究室としたか・・、
同じ境遇といいましょうか同じ想いを持っていた方かなと・・。
また、そのへんは次回に・・。

なんせ昨夜、管理人さんから「焚き火小屋の屋根が一枚はぐれている!」と、連絡があったので、今日は管理人さんと修理です!
まな板と包丁を、はしごと、トタンに変えて、急がなきゃ!!
Commented by t-haruno at 2010-01-12 20:27
わぁ・・・!
こちらで、nature21-plusさんに、「山の子」のことを
こんなに誉めていただいてたなんて・・・。
嬉しいやら、恥ずかしいやらで・・・上手く言葉がまとまらないのですが
ありがとうございます。
バカみたいですが、これしか言えません。ありがとうございます。

私もnonisaku-hanaさんと同じで
著者の立場になって読もう
というveronica-t さんの発想に、驚かされました。
そういう発想もあるんだなぁ、って。
宮本常一の本は、今の私には鬼門のようですが、この方の本は大丈夫でしょう。
図書館で探しますね。
Commented by veronica-t at 2010-01-13 00:13
はるのさま
ありがとうございます!
「山の子」は、今の暮らしでは理解できない難しいことや、大切で伝えたいことが、とても分かりやすく書かれていて、勉強になります。
山野愛子物語もですが、漫画を通してきちんと分かりやすく伝えておられて凄いです。そして、すてきなお仕事ですね。

私は「山の子」を読んで、何度も涙しましたよ・・。
そして、同じほど笑いました。
でも一番多いのは、うなずくことです。
私のその様子を見て、娘はいつも笑っていますけど・・。(笑)
その娘も、「林さんって、うちのおばあちゃんみたい。」「青子さんは、はるのさんだよね。」と、言いながら一緒に読んでいます。
世代を越えて分かる「山の子」を、これからも楽しみにしています。

溝上泰子さんの本は、きっと大丈夫だと思います。






<< 焚き火小屋の屋根の修復作業 | ページトップ | おしらせ >>