田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
次世代
natuさんちのおじいさんの牛舎には、30頭近くの牛が飼育されている。
長男は、ここに日曜の午後と月曜の午後、牛の世話の体験をさせたもらった。

長男は幼いころ、肉牛の飼育をされている近所のおじいさん(子供らは‘モーモじいちゃん’と呼んでいた)のところに、よく牛を見に行っていた。
こうして触るのは久しぶり・・まして、世話をするのは初めてだった。

そんな長男が、仔牛たちの頭を撫でようとすると、恐れて頭を引っ込めた。
b0169869_22333918.jpg



natuさんの息子さんが牛の前を通ると、牛たちは優しい眼差しで見つめている。
そして、頭を撫でてもらっている。
b0169869_23304687.jpg
これが、飼育する人と牛の関係なんだと知った。



b0169869_23544869.jpg
長男が、ここで出来る仕事は、うんち出し・・。
牛のうんちは、田畑の作物の貴重な肥やしになる。

だから、これはとても大切な仕事。
その作業のやり方を教わる。

牛の後ろにまわるので、蹴られないように注意する。




b0169869_22344271.jpg
この日の感想は・・
大人の牛は、やはり怖いと思った。
仔牛はかわいい。
仔牛を立派な大人の牛に育てることは、やり甲斐のある仕事。凄い仕事だと思う。

natuさんの息子さんのこと・・
この仕事をずっと手伝っておられて、凄いなと思った。
自分と変わらない歳なのに、いろいろ知っておられて凄いと思う。
トラクターを動かしておられて驚いた。格好良いし、凄いと思った。
近所なのに、今までこんなに話したことはなかった。だから嬉しい。

そして・・
相談にのってもらえて、とてもありがたかった。
近くに、歳が近くて、相談にのってもらえる人がおられるのは、とても心強い。
牛飼いは、そう簡単じゃない。でもやりがいがあると思った。
同じ目的を持つ、友達や仲間を作りたいと思った。


次世代が育っている。
私たち親世代を飛び越えて・・

子を見て教えられることが、たくさんあった。
私たち親世代も、ボヤボヤしていられないな。
自分の自立に向けて、次世代に負けないで頑張らなきゃ!
Top▲ by veronica-t | 2009-12-09 00:21 | | Comments(2)
Commented by t-haruno at 2009-12-09 20:27
「上津が好き!」
「おばあさんの農業を継ぎたい。」
なんて素晴らしい子なんだろうと思いますよ。
おばあさんや、veronica-t さんが、どんな風に彼を育んできたのか・・・
これらの言葉に、すべてが現れていますね。
でも、
第三者の私と違って、親であるveronica-t さんは、複雑でしょうね。
これから、彼は自立していかなきゃならないのだし。
しかし、こんなに「やりたい方向」がハッキリしているのです。そこへ向かう道は、何本もありますよ。絶対に。
素晴らしい相談相手も見つかったことだし、
これから、同じ志の、若い仲間とも、もっともっと知り合うことでしょう。
veronica-t さんが、たくさんの仲間と出合ったように。
長男君の行く先に、幸あれ!です。
フレー、フレー!
Commented by veronica-t at 2009-12-09 22:34
ありがとうございます!
はるのさまに応援していただいて、とても嬉しいです。
顔も声もお会いしたことがないのに、遠く違う環境に暮らしている方から応援していただける長男は、とても幸せな子だなと思います。

>こんなに「やりたい方向」がハッキリしているのです。そこへ向かう道は、何本もありますよ。絶対に。
本当に・・。まさに、はるのさまの言葉とおりです。
失敗しないと、その先も見えないですよね。でも失敗すると、とりあえずとてもショックなんですけど・・(笑)
でも立ち直れたのは、多くの仲間に支えてもらったからなんだと、今の我が子をみながら、つくづく思います。

>フレー、フレー!
いや〜、母が喜んでもしょうがないですが、とっても嬉しいです!
ありがとうございます。
<< 田園での昼食会 -柚子の香りの... | ページトップ | この環境とともに・・ >>