田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
木の実を求めて・・
今日は、ベロニカの会のnatuさんと、山に木の実を拾いに出かけました。

実は、ここのところ、と〜っても山に入りたかった。でも手入れをされていない里山に、ひとりで入るのは勇気がいります。誰かいっしょに・・と、ずっと呟いていたのです。


natuさんは、来月の焚き火小屋での手仕事に、里山の木の実とツルを使ったリース作りを企画しています。
b0169869_22244566.jpg
当初、参加者の方と一緒に里山に入り、リースの材料を見つけようと考えていましたが・・
地元の人もあまり入らなくなった里山に、自分の不慣れな案内で、参加者を導くことに不安を感じて、今回は材料を先に見つけてくることにしました。




b0169869_223564.jpg・・やった!!・・
里山に入りたかった私としては、万々歳!!久しぶりに山に入る喜びで、飛び跳ねたい気持ちを抑えて出かけました。

懐かしい風景に、思わず「やっと来たよ。」と、心の中で里山に呼びかけていました。

やはり思ったとおり山道のあちこちに、大きな猪の足跡をたくさん見かけました。それも民家のすぐ脇の道にも、何頭もの新しい足跡が残っています。
natuさんと、大きな声で話をしながら、木の実を求めて奥へと入って行きました。


b0169869_221733.jpg
途中、野苺やアジサイが、ひっそりと咲いていました。
しかし、肝心の木の実が落ちていない・・
やっと小さな木の実を見つけて、
b0169869_22314878.jpg
今日の収穫はこれだけ・・ちょっと残念。


山を降り家に帰り、今日の収穫を母に見せて「木の実がないわ。」というと、
「当たり前だがね。うちの山には、探しとるような実のなる木なんて無いわね。」と、あっさりと言われてしまいました。
「どおりで・・。」natuさんは、木々を見ながら・・無いなあ・・と気づいていたらしい。

子供のころ、小猿のように里山を走り回っていた私は、その道と遊ぶ場所しか見ていなかった。親猿のように木の実も見てれば良かった・・。



b0169869_2243853.jpg
「これから木の実を探して、もっと山に入るか・・」
そうnatuさんが言った。

小枝など焚き付けになるものも・・
畑の肥やしになるものも・・

お互いのワークショップに向けて、
お互いの暮らしに向かって・・

これから、どんどん里山に入り、
どこに何があるのか、
ここら辺には何の木が育っているのか
気づいていこうと思います。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-30 22:56 | 里山 | Comments(6)
Commented by nonisaku-hana at 2009-12-01 00:27
期待していましたよ、新しい企画。とても魅力的ですね。
なによりnatuさんとtaeさんたちのわくわく…が伝わってきます。

どれも素敵ですが、極め付きはラストの一枚。これからの可能性を大いに感じさせてくれます。

へたっぴな薪割りより、焚き付けの小枝さがしにご一緒させてください。勿論ワークショップも!

natuさん、期待していますよ~~。うれしいな~!すご~く!!
Commented by veronica-t at 2009-12-01 07:48
ありがとうございます!
火を使うのがちょうど良い季節の秋に、二人とも忙しくて思うように動けませんでしたから、二人ともワクワクしています〜。

natuさんの手仕事は、他の場所ではとても人気のあるものです。
やはり焚き火小屋でしたいと考えて、季節にあわせたリース作りを企画しています。
しかも、焚き火料理の昼食もあるなんて、他の場所ではない企画です。
どうぞお楽しみに・・!!
Commented by meLLflowers at 2009-12-01 17:10
身近な素材のリースっていいなあと思います。
形は少し違うけど、正月飾りにしても、難しいことは抜きにして、「ありがとう」って気持ちなんでしょうね。
野菜のリースもいいかもしれませんよ。
乾燥して保存するものシリーズとか。
・・・ちょっとづつなくなっていきますけどね(笑)
重たいものが多いと大変だろうけど(笑)!
Commented by t-haruno at 2009-12-01 20:34
拾ったものは、スギの実、とヒノキの実?後は・・・う~~~んちょっとわかりません。
でも、そうか、広葉樹のあまり無い場所だったのですね。
もっと奥に入れば、色々なものが見つかるかもしれませんね。次回に期待!
写真のイチゴは・・・フユイチゴでしょうか?ミヤマフユイチゴかな?
我が里山には、今、ミヤマフユイチゴが一面に成っているのですが、これが酸っぱいだけで、食べてもちっとも嬉しくなくて・・・。
ジャムにすれば良いでしょうか?酸味があるほうが、ジャムにすると美味しいって聞きますが・・・。veronica-t さんなら、どうされます?

それにしても、リースの美しいこと!!!
押さえた色合いで、なんて綺麗な。
これは参加される人が多いのではないですか?
Commented by veronica-t at 2009-12-01 21:45
meLLflowersさま
そう言えば、natuさんがお正月飾りにもなると言ってました。
今まで参加者の年齢や好みなどで使うものを変えていたそうで、彼女の頭の中は、いろいろな素材があるようです。

や、野菜ですか〜・・・・・考えたこと、無かった〜。でも案外良かったりして。(笑)
そういえば、おばあさんの花束ですが、今もユーカリポポラス・手まり草・林檎を花瓶に活けています。
色味はグリーン系だけですが、とってもシックで、これもまた素敵です。
林檎もちょっとシワが出来てきたけれど、長女が「食べれん?」と聞いて狙っていたけれど、今でも3個そのままです。
野菜も、その日だけのリース、保存のきく野菜のリースと出来そうですね。
Commented by veronica-t at 2009-12-01 22:38
はるのさま
お恥ずかしいのですが・・自分の山なのに知らないことだらけ・・
木の名前さえ分からないものばかりです。
せめて、どんな木があるか覚えます。
もっと奥に入ればあるかもしれないと、natuさんと入っていったのですが、途中で道が崩れてなくなっていて断念しました。
日のあたる我が家の裏山は、ご近所さんの山・・勝手に入ることも出来ず、ここも断念・・。見えない境界線の目印も覚えないといけませんね。
苺ですが、慌ててネットで葉の様子とか調べたら・・
艶のあるぷっくらとした綺麗な緑色の葉から、フユイチゴかな?と思います。本当に知らないことだらけで・・お恥ずかしいです。
イチゴは、あまり数が無かったので、ジャムには足りないかもしれません。もうすぐ長男の誕生日がくるので、ケーキに使おうかなと考えています。

リースはとても素敵ですよ。
たくさんの方に参加していただきたいなと思います。
<< 立ち止まる・・ | ページトップ | かまどご飯を食べてみよう! >>