田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
かまどご飯を食べてみよう!
今日は、来春この上津を巣立っていく、小学6年生を対象にした『かまどご飯を食べてみよう!』の日でした。

参加してくれた子供らは女の子6人・・
そして子供らは・・


家から持って来てくれた焚きつけの小枝に、今日の調理の火をつける
b0169869_2156247.jpg



畑の野菜や、焚き火小屋で保存している玉葱から、今日使うものを選ぶ
b0169869_2284379.jpg



大テーブルを囲み、みんなの笑顔を見ながら料理の下拵えをする
b0169869_22122931.jpg
今日作るのは、かまどご飯に野菜たっぷりスープと豚肉を棒に巻いて焼くシシカバブー、そしてぐるぐるパン。それぞれの料理の下拵えです。
子供らは、とても上手に包丁を使います。にんじんの皮むきも、包丁で薄くむいていました。



湯気やけむりの向こうに見える、楽しそうな友の姿を、写真の代わりに覚えていて欲しい・・
b0169869_2234855.jpg



そして・・
共に同じ火を見て過ごした時間を、記憶の片隅にでも、そっと覚えていてほしい・・
b0169869_2239012.jpg



上津は田舎です。
美味し美麗し田舎です。

みんなの暮らすこの田舎は、世界中どこを探しても他にはない、たったひとつの故郷です。
みんなの暮らすこの豊かな環境には、たくさんの素敵な可能性があります。

そしてここには、大切な家族と過ごす時間があることを・・
覚えていてほしいと思います。




今日は、写真を撮るのを忘れるほど、楽しい一日でした。

b0169869_2129828.jpg数少ない写真データーの中で、一番心に残ったのが、この一枚・・

このおにぎりは、最後まで残っていた子供らが、

「おばちゃん、お昼ご飯食べてないでしょ!はい、おにぎり!」と、
釜に残ったご飯で、塩おにぎりを作ってくれたものです。


綺麗に握られた『かまどご飯』のおにぎりは、
今日参加してくれた子供らの笑顔のように、とても輝いていました。



・・とっても美味しかった・・すごく嬉しかった・・ありがとう!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子供らに聞いてみました・・

「みんなの中で、焚き火をしたことがある人?」
そう問うと・・

「焚き火・・?」

あ〜、やっぱり無いんだ・・と思っていると、
「くよし・・なら」と、小さな声で答えた子がいました。

「では、くよし をしたことのある人?」と、問うと
みんなが手をあげた。



くよしとは・・
草焼きのことで、ここではこう言っています。
畑や畦道の草を刈ったり抜いたものを広げて乾かし、雨の降る前になると、
あちこちの畑に、この「くよし」の煙がのぼっています。
子供らの記憶に、この「くよし」の風景があることに、なんだかホッとしました。











『月刊クーヨン』2月号に載せていただきました!

b0169869_11424994.jpg


子どもの本の専門店クレヨンハウスから、
毎月発行されている育児雑誌
『月刊クーヨン』2月号の

*わたしが育つ育自特集*
 『地方発で未来を創る』

に、載せていただきました!







本を手にして、さっそく読ませていただきました。
本のすべてが、とても優しく、丁寧に綴られています。

b0169869_11484248.jpg



ベロニカの会は、この特集の表紙と最初に載せていただいています。

取材当日は、地元の小学6年生対象の『かまどご飯を食べてみよう!』の日でした。
写真も記事も、とても丁寧に、そして読者のみなさまに分かりやすく書いていただいています。




この本を手にして・・、

子育てに、仕事に、家事に、女性はとにかく忙しいです。
でも、ほんの数十分でも、自分のために使う時間を
どうぞ、作ってみてください。


そして大切な自分の時間の、ほんの少しの時間・・
この本をゆっくり読んでみてくださいませ・・。

とても素敵な本です。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-29 23:11 | workshop | Comments(2)
Commented by nature21-plus at 2009-11-30 01:14
しかし、この記事を観て、いまどき「不思議な風景」だと感じる人もいるだろうね~!!。(笑)
管理人の気分としては、じつに「してやったり…!!」ですが…。(笑)

Commented by veronica-t at 2009-11-30 07:42
きっと大半の人が、そう感じるでしょうね。(笑)
「不思議な風景」の中にいる子供らの、あの笑顔と、
そして、今回感じた、焔を見る子供らの優しい眼差しに
心動かされる人が、ひとりでも居てくだされば・・
それで良いと思います。
そして、この子供らの故郷の記憶のどこかに、この日のことが残っていてくれればと思います。

でも、楽しかった!
そして、初めて小学校の先生が訪れてくださったこと、
学校や家とは違う子供らの輝きを、一緒に見つめていただけて嬉しく思いました。
<< 木の実を求めて・・ | ページトップ | 竹の棒の手入れ >>