田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
親子で過ごす『出雲の時間』
今日は久しぶりにとても暖かく穏やかな一日で、まるで今日のお客様を迎えているようでした。そのお客様とは・・、
出雲科学アカデミー子育て講座『親子で過ごす出雲の時間〜おいしいパンをいっしょに食べよう〜」(出雲市市民活動支援課)を受講されている、就学前(小学校低学年の兄、姉も一緒に参加)のちびっこたちと親御さんです。 


ちびっこたちは、少し離れた駐車場から、お父さんお母さんと、ゆっくり上津の田園風景の中を散歩しながらの到着です。どのちびっこの目も、とても輝いています。

今日の参加者の親御さんに、・・準備できる環境にお住まいの方は『ぐるぐるパン』を焼く棒と、焚きつけの小枝を用意してきてくださいと、事前にお伝えしました。すると、たくさんの小枝と、世界中探しても他には無い「僕のパンを焼く道具(棒)」を準備された親子がありました。
さっそく、焚きつけの小枝を使って、今日の食事の火を熾し、大テーブルを囲んで親子でパンの生地を捏ねていただきました。

おいしくな〜れっ!
大きな手で支えられたボールの中で、小さな手が休むことなくパン生地を捏ねています。


小さな手が捏ねた生地は、ちびっこたちがこの環境に慣れたころ一次醗酵して、ふただび小さな手に・・。自分の棒に自分で巻き、親子で熾火で焼いていきます・・
b0169869_18224714.jpg

自分のパンを焼く、ちびっこの目は真剣です。
b0169869_20101712.jpg

b0169869_20251314.jpg
生地が、ぷ〜っと膨らんで、こんがりきつね色になって、美味しそうな香りがしてきたら、食べごろ・・

美味しそうなパンは、小さなお口に入っていきます。

「美味しい〜!」

・・とても微笑ましい親子の姿です・・






b0169869_20335430.jpg

そして、『かまど』では・・
美味しい里芋のポタージュが出来ています。


竹のベンチで、仲良く食べる兄妹の姿が、なんだか微笑ましくて・・、
しばらく見てしまいました。








親子で過ごす時間に、あらかじめ決めた日程などいらない。始まりと終わりの時間さえ決まっていれば、あとは必要ありません。

ひとりひとりに合わせて、その親子の時間に合わせてあげれば良い。
b0169869_2042436.jpg

そして、こうした親子事業に名札もいらない。

名札が無くたって、
帰るころのちびっこたちは、朝歩いた道の途中にあった公園で、みんなで遊ぶ約束をしているのですから・・・

公園に向かって走っていく、ちびっこたちの後ろ姿を見送りながら、子供らが持つ力を信じたいと思う。


可愛い笑顔をありがとう・・ また来てね。

Top▲ by veronica-t | 2009-11-23 21:41 | workshop | Comments(10)
Commented by nonisaku-hana at 2009-11-23 22:21
お世話様でした!

とても幸せな親子の時間…親御さん同士も、ちびっこ同士の楽しそうな様子も嬉しく拝見しました。ベロニカさんたちの楽しそうな様子までも。。

ベロニカさんらしい視点で切り取られた写真と文章…香ばしいパンと美味しい里芋のポタージュを一緒にいただいたような、満ちたりた気分です。早速に…どうもありがとうございました!

>子供らが持つ力を信じたいと思う。
ベロニカさんの一番の想いですね~。そんな想いを持った大人と出会えた子供たち、(いいえ大人も)幸せだと思いますよ。勿論わたしも出会えて良かった!ですもの。きっと担当のOさんもね。
Commented by nature21-plus at 2009-11-24 02:07
こんな、素晴らしい記事をかかれたら、管理人は、書くことがない…。
とほほ…。

しかし、子どもら、かわいかったね~!!。
Commented by veronica-t at 2009-11-24 06:27
nonisaku-hanaさま
本当にとても素敵な親子のみなさんと、同じ時間を過ごすことができて、とても楽しいひとときでした。

焚き火小屋の入り口を入るなり、「ボロ小屋だ!」と、叫んだ男の子がいました。なんと正直な子なんだろう・・と思いました。その男の子が、最後に次回の予定を聞いたとき、「ここに?!」と、またここに来たいと言ってくれたとき、とても嬉しかったです。

二年前に、同じ課から『しまね自然の学校』に依頼があり、そのときもお手伝いをさせていただいたのですが、一年あけてまたこうして企画していただけて、大切な親子の時間に関わることができたことを嬉しく思います。担当のOさんが、ブログを見て「ぜひ、ここでの活動を親子に・・」という想いで企画していただけたこと、そして当日の姿に、とても共感できました。ありがとうございます。
Commented by veronica-t at 2009-11-24 06:33
管理人さま
我が子も大きくなり、このちびっこたちの可愛さはなくなり(我が子の可愛さは、いつまでもありますが・・)どうも子供を見守る気持ちが、管理人さまと同じように思えてきました。
本当に、可愛かったです。
そして、やはりこの環境が、子供らにとって、どんなに素晴らしいものかを知ることができました。だって、なんでも遊びにしちゃうほど、子供の感性って素晴らしいです。
Commented by t-haruno at 2009-11-24 20:04
初対面でも、子供達はスッと遊び仲間になれて・・・小猿の群れのように、はしゃぎまわっていたんでしょうね。
公園でボール遊びも禁止される時代です。
この日の子供達、ホントに楽しかったでしょうね。みんな、可愛らしい。
そして、小枝を集めるところから、遊びが始まっているのが楽しいですよね。
親子で、一所懸命あちこち探したのかなと、想像すると、またほほえましいです。
焚き火小屋って、たとえ雨の日でも火を使った体験が出来て
良いですね。本当に、良い場所だと思いました。
Commented by veronica-t at 2009-11-24 21:35
本当に、可愛かったですよ〜。
私たちの頃、小猿の群れのように遊んだのは、山や川、海など大自然の中でした。
それが、公園でのボール遊びも禁止される今、群れ遊ぶ体験も出来ないのは可哀想だと思います。しかも、その環境が近くにあっても・・・。
焚き火小屋は良いですよ〜と、私が言うのも何なんですが・・(笑)
とっても楽しい!子供はワクワクドキドキです!目が輝いて、次から次へと遊びを見つけています。

そして、ここでの親子活動は、その前から始まります。小枝を集めたり道具を作ったり、自分たちの暮らす環境の良さに気付いてもらえればと、素敵なスーパーバイザーの管理人さんから教わりました。
たったひとつしかない自分のために作ってもらえた道具を、子供らはとても大切にしています。一年間、自分で大切にしまっていた園児もいましたよ。

今、ほとんど遠くから見るだけの里山に、小枝を探しにでも親子で、一歩足を踏み入れていただけたら・・いいなと思います。
Commented by nature21-plus at 2009-11-26 03:24
管理人です。
竹のベンチが喜んでます。(笑)
Commented by veronica-t at 2009-11-26 08:08
管理人さま
竹のベンチは、とても素敵です。
とくに親子で過ごしていただく時間には、とても大切な役割をしてくれます。
親子で隣り合わせに座ったり、膝に抱っこしてもらったり・・、
ちいさな子供の目線に、親も大人も立つことができます。

このベンチが竹・・というのも良いところですよね〜。
さずが、管理人さま!と、いつも使いこなしたころに、やっと、管理人さまのアイデアの凄さに気づきます。(笑)

Commented by naturaltone at 2009-11-26 20:52
veronicaさん、はじめまして。
先日は遊びに来てくださりありがとうございました^^
早速お邪魔させていただきました。

このようなかたちで美味しいパンをいただくこと。
ちびっこたちはきっと、忘れられない体験になったでしょうね!

最近は自然に触れ合うことの少なくなった子供たち。
そんな中、このようなお話をうかがえると
とても嬉しくなります。

手づくりの愛情がこもった焼きたてパン・・
どんな味がするのか、是非食べてみたいです。
Commented by veronica-t at 2009-11-26 21:37
naturaltoneさま
見に来ていただいて、とても嬉しいです。ありがとうございます。

地域は違いますが、naturaltoneさまの写真の風景のその下に、こんな可愛いちびっこたちが暮らしています。
でも、そこに暮らす子供たちも、そして大人も自然との関わりが薄れてきています。

親子で美味しいパンを焼く時間が、美味しかった・・という記憶とともに、そのぬくもりも覚えていてもらえたら良いなと、
そして、少しでも自然との関わりを感じていただけたら・・そう思います。

焼きたてのパンの味は、
ほっぺが落っこちそうな、美味しさです!
とても幸せな気分になれますよ。

いつの日か、naturaltoneさまに食べていただきたいですね・・。
あの写真のお礼に・・
<< 安心とは・・ | ページトップ | 冬の畑 >>