田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
ファン1号へ・・感謝の気持ちをこめて
今日は、このパン焼き窯を作ってプレゼントしてくれた、「鉄のパン焼き窯」で焼いたパンのファン1号の誕生日・・。
b0169869_0443393.jpg

偶然、夏の終わりから忙しかった仕事が昨日で一段落。
今日は、久しぶりにゆっくりとパンを焼くことができた。

「鉄のパン焼き窯」を我が物に使っている私としては、ファン1号への誕生プレゼントは、焼きたてのパンを好きなほどプレゼントすること。普段言えない感謝の気持ちもこめて、パンを焼くこと・・。

b0169869_22503257.jpg
ちょうど、焚き火小屋を訪れてくださったお客様から、ファン1号と関わりの深い「鷺浦の塩」をいただいていたので、その塩を使ったシンプルなパンと、ライ麦パンを焼くことにした。

「鉄のパン焼き窯」を温め、生地を入れ、パンを焼く。
久しぶりに、暖かな焔を見ながらパンを焼くのは、やはり楽しい。

b0169869_22514040.jpg
さっそく、焼きあがったパンを少し厚めにスライスして、焼きたてのパンのプレゼント。

この「鉄のパン焼き窯」をプレゼントしていただいたお礼は、パンをどれくらい焼いたら返せるのだろう・・。

b0169869_2318378.jpgそして今日のパンをひとつ、
ちょっとお粧しして・・
美味しい塩をいただいたお礼に
お祝いのお裾分け・・。
Top▲ by veronica-t | 2009-11-16 23:23 | 焚き火小屋から | Comments(6)
Commented by nature21-plus at 2009-11-17 00:21
その…なんです! ファン一号とやらです…。
美味しいパンをありがとうございます。(感謝!)
>…パンをどれくらい焼いたら返せるのだろう・・。
難しい質問だなあ~!?。(あっ!もしかすると「つぶやき」…)
Commented by veronica-t at 2009-11-17 00:37
そうです・・つぶやきです・・・
まだまだ!なんて答えられたら、困ってしまいますから・・(笑)
Commented at 2009-11-17 00:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by veronica-t at 2009-11-17 00:46
鍵コメさま
ありがとうございます。
Commented at 2009-11-17 20:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by veronica-t at 2009-11-17 20:37
鍵コメさま
こちらこそ、新たなチャレンジができて良かったです。
人が関わってくださると、自分では見つけられなかったことに出会えます。うれしいです。
伝えます!
<< 大根ステーキ | ページトップ | デザインされる空間 >>