田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
島根日日新聞の取材
「訪問美容師の仕事の取材をさせてもらえませんか?」

3年前のある日、島根日日新聞の記者の方に聞かれた。

当時、訪問美容師の仕事は、始めたばかりで経験が浅い。
チラシに書いた『髪のお手入れを・・』を、『散髪』と訂正しなくてはならなかった訪問美容への理解。
この仕事には、積み重ねた経験が必要と考えて、「待ってもらえますか?」と伝えた。


始めてからの3年間は、あっという間・・
収入の激減にも関わらず、支えてくれた家族。

訪問美容への『理解』は、「女性は、いつまでも女性ですから・・」と、同じ想いの介護に携わる人たちの存在と、呼んでくださる家族や施設の存在で、少しずつ分かってもらえた。

そして、道具探しをしていると、「これならできる・・」と、道具を作ってくれた仲間
「自分の作ったものと一緒でよかったら」と、今までの経験を交えたアドバイスと、大切なシャンプーセットをくださった広島のたかっちさん
こうした仲間に支えてもらい、訪問美容師の方向性を見失うことなくこれた。

今までを長い石段で例えるなら、今、やっと数段登ったところ・・。
最近よく言われるようになった、「こんな美容師さんを探していた・・。」と、いう言葉。

新聞への取材は、今かもしれない。
まだ覚えてもらっているだろうか・・「待ってもらえますか?」と言ったことを・・。

連絡すると、「覚えていますよ」と、すぐに取材の日にちを決めてくださった。
そして、始めたころからのお客様とご家族に、「取材させてください」と、お願いすると快く引き受けてくださった。

そして迎えた取材の日、お客様と一緒に緊張した。
いえ、もしかしたら私ひとり緊張していたかもしれない。
原稿の参考になればと、いろいろ話そうと思っても、この仕事は奥が深く、人との関わりも多い・・言葉として伝えることは難しい。

b0169869_2123379.jpg

ただ、これだけは・・
「誰のために・・」を大切にした訪問美容師でありたいと思う。

・・いつでも どこでも おひとりから・・








とても素敵な写真と、そして丁寧に書かれた記事・・
11月19日の、島根日日新聞に載せていただきました。
Top▲ by veronica-t | 2009-10-31 13:08 | 本業は訪問美容師 | Comments(8)
Commented by さな at 2009-10-31 22:21 x
私の叔母は美容師で、
祖母が脳梗塞で入院していたとき
祖母の娘である叔母が髪を切りに来ていました。
祖母は元気な頃はいつもこぎれいにしていたので
叔母に切ってもらうのをとても喜んでいました。
訪問美容の仕事はとてもすばらしいと思います。
ぜひ、新聞に載る日を教えてください。
Commented by veronica-t at 2009-10-31 23:08
さな様
コメントありがとうございます。嬉しいです。
凄いことをしているわけでもなく、ただ当たり前のことをしているだけなのにと、戸惑う気持ちもあります。
でも、お客様のほとんどが、PCやチラシより新聞を見られる世代なのでと、思い切りました。

女性記者さんは、新聞に載せてもらうなら、この人しかいないと決めていた方です。
きちんと明確にお話をせず、記事にしてくださいと言っているのですから、困っておられるかもしれません。

また、載せていただく日が分かればお知らせします。
写真は、素敵に撮れているそうです。(笑)
Commented by ゆいまま at 2009-11-01 22:13 x
ブログいろいろと読ませてもらいました
って誰かわかるかな?
コメントいろいろ書こうと思ったけどまたあった時に話しまーす
また時間があったらお茶でも!!
Commented by veronica-t at 2009-11-01 23:19
ゆいまま様
コメントありがとうございます。
わかりますよ〜、そのまんまだもの(笑)。
いつも、親子してお世話になってます。ありがとうございます。
いつか誘ってみようって、親子して思ってました。
焚き火小屋やベロニカの会のことなど、どこから話せば良いのかな〜と・・、こんなことしている人っていないでしょ〜?(笑)

また親子で、焚き火小屋に来てみてください。
待ってます!

Commented by ゆいまま at 2009-11-01 23:27 x
やってみようと思ったことをするのって大変なことだし
なかなかできることじゃないよ!!
すごい!!
私もいっちょやってみるか!!
と、思うことはあってもなかなかねぇ…
今度ぜひ焚火小屋に(*^_^*)
Commented by veronica-t at 2009-11-01 23:48
ありがとうございます。
今は、これがいつもの暮らしですが、自分でも驚くことがあります。
もともと引っ込み思案な性格ですから、「よし!」と決めたら、すぐ動かないと諦めてしまいます。
すぐ動くから、失敗も多いですけどね。(笑)
まっ、「失敗は成功のもと」って言いますし、毎回これの繰り返しです。

待ってますね!

Commented by たかっち。 at 2009-11-02 01:27 x
ごぶさたでした。
『いつでも、どこでも、お一人様から・・・』
このフレーズは訪問美容の先駆者、パリスさんのお言葉。
「月1回(月曜日)、施設・病院に限り、何人かまとまった時に・・・」
っていうスタイルの訪問美容もあるのも確か。
お客様のほんとの笑顔のために、
この言葉を忘れず、がんばりたいですね。
Commented by veronica-t at 2009-11-02 07:57
コメントありがとうございます。
訪問美容を考えたときに、いろいろな言葉を除いていき、最終的に残ったのがこの言葉でした。
誰のために・・を考えて。

たかっちさんのブログを読ませていただいて、とても暖かな気持ちになれます。
お客様のほんとの笑顔・・大切に。
がんばります。
ありがとうございます!
<< 壊されたブロック塀 | ページトップ | 支度する。 >>