田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
秋の焚き火小屋〜田園での昼食会〜
b0169869_23324891.jpg秋の風を感じながら、ベロニカの会の『田園での昼食会』をしました。
今月は、一緒にワークショップをしているNさんの番です。「うちにある野菜だけん。」そう言って、テーブルの上に手書きのメニューの紙とともに、畑から収穫したばかりの野菜が沢山置かれました。

「えっ、胡瓜がまだあるの?」「大根、もうこんなに大きくなったの?」「人参、うちはなかなか育たんよ。」
しばらく、natuさんの持ってきた野菜と、我が家の野菜を比べたおしゃべりタイムです。

ベロニカの会を始めたころ・・
「おじいさんが、しとらいけん・・」「あるかもしれんけど、畑に行かんけん分からんわあ・・」と、皆が畑や野菜に関心を持てなかった。
どう我が家の野良仕事に関心を持ち、関わっていけばいいのか分からなかった。


野良仕事をされている方には不思議でしょう・・
こんなに素敵な環境があり、教えてくれる人がいるのに、「何故?」と思われるかもしれませんね。
でも、この田舎で私たちの世代が、畑仕事をしている姿を見かけることはほとんどないのです。見かけるとしたら、田植えと稲刈り。でも今は営農さんがしてくれるので、本当に姿を見ません。
私が畑に出始めたころ「あんたは畑に出て偉いねえ〜。おばあさん良いねえ、畑仕事手伝ってもらえて幸せだねえ。」と、言われたくらい珍しいのです。

b0169869_23564934.jpg

私たちのしていることは、もしかしたらお遊びに見えるかもしれません・・。
でも・・「どう野良仕事に関わっていくか」
こんなことが、私たちの抱えている問題なのです。

この環境の素晴らしさを・・
家族のために作る野菜があることを・・
どう自分たちが気づくことができるか、これからの暮らしにいかせるのか・・、
考えながら行動していく、それが私たちの大きな一歩なのです。
b0169869_0565794.jpg

今日、彼女が考えたメニューは、畑で野菜を見つめながら、焚き火小屋の『かまど』と『炉』の機能を考えながら決めていました。


b0169869_23303740.jpg
そんな彼女の想いと収穫された野菜を見つめながら、それぞれ我が家の畑や野菜を思い浮かべていました。

秋の風を感じる焚き火小屋で・・・
Top▲ by veronica-t | 2009-10-22 23:30 | workshop | Comments(6)
Commented by nature21-plus at 2009-10-23 01:37
疲れた~!「田園の昼食会」におよばれして…。
その感想をまとめたら3000字もあっただよ!。
ふうぅ~~!!。
ご馳走さまでした! リンクいただきました。です。
Commented by veronica-t at 2009-10-23 09:30
nature21-plus様
およばれしたお題(お代を打とうとしたら、こう出ました・・)の方が高くなりましたね。夜中に拝見したときは「つづく・・」とあり、朝読むのをを楽しみにしておりました。
とても丁寧に・・そして想いを綴ってくださって、本当にありがとうございます。
コメントは、nature21-plus様のブログにさせていただきました。

しかし、始めたころnature21-plus様が、そこに居られるだけで、みな緊張していたものです。それが今では居て下さるのが当たり前になっています。お忙しい仕事中に『昼食会』にお誘いして・・ブログに丁寧に綴っていただいて・・ありがとうございます。

来月も、nature21-plus様の忙しさ関係なく、お誘いすると思います。息抜きにいらしてくださいませ。
Commented at 2009-10-23 21:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nonisaku-hana at 2009-10-23 22:30
「田園の昼食会」の記事を楽しみにしていました。勿論、管理人さんの3000字も堪能させていただきました。見逃しませんよ、ワリシーチェア。 (笑)

>私が畑に出始めたころ「あんたは畑に出て偉いねえ〜。おばあさん良いねえ、畑仕事手伝ってもらえて幸せだねえ。」と、言われたくらい珍しいのです。

わたしも結婚してすぐの頃、義母と並んで畑にいるとご近所の方から褒められました。「畑なんかしたことない人ですけん。」と言う義母も嬉しそうでした。いい嫁も長続きはしませんでしたが・・・(苦笑)

ベロニカさんたちの「自分たちのこと」を通して・・・わたしもまた「自分のこと」として、我が暮らしを考えながら行動していこうといつも思っています。でも、なかなかなんですよ、これが・・・。

また季節の美味しいお野菜、贅沢な時間を楽しみに・・・それまでに仕事を片付けるとします。Nさんにも。。。よろしくお伝えくださいね。
Commented by veronica-t at 2009-10-24 08:34
鍵コメ様
お時間の方、承知しました。
こちらのほうで段取りさせていただきます。ありがとうございます。
Commented by veronica-t at 2009-10-25 00:08
nonisaku-hana様
>いい嫁も長続きはしませんでしたが・・・(苦笑)
そうなんです・・ここに、私たちの世代が抱える『野良仕事の関わる』ことの難しさを感じます。

私が何故空いた時間に気まぐれで、野良仕事を手伝うことが出来るのか・・、それは、自分の親だからです。それでも時間をかけて、いろいろなことを理解してもらいました・・また理解してくれました。今でもそうです。
お嫁さんの立場なら、こんな関わりかたは出来ません。ベロニカの会のメンバーも、4年近くかけてやっと自分なりの関わりを持ち始めたところです。凄いなと思います。

>いい嫁も長続きはしませんでしたが・・・
nonisaku-hana様は、このときお母様の嬉しそうな様子に気づかれたのですから・・それでいいんだと思いますけど・・。
・・この言葉に、気まぐれ野良仕事助手は反省してます。・・
<< 里芋の親芋〜美味しくいただく⑵ | ページトップ | 秋を感じる焚き火小屋にて・・美... >>